ナイジェリアで同国初のコロナウイルスの症例確認 エジプトに次いで2か国目

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースはナイジェリアから。

ナイジェリアで同国初のコロナウイルスの症例確認 エジプトに次いで2か国目

ざっくり説明

2020年2月25日にナイジェリアでコロナウイルスの初症例が確認された。保健大臣Abdel Rahman Ben Bouzidは患者について、2月17日に同国に到着したイタリア人であるとし、即座に隔離されたと述べた。

 

ナイジェリアは、エジプトに次いでコロナウイルスの症例を持ったアフリカで2番目の国になった。同国厚生省は予防システム、及び入国ポイントにおける監視システムを強化したことを伝えている。

 

WHOによると、2019年12月に中国で勃発したコロナウイルスにより、確定患者77,000人と死者2,600人が発生した。中国以外の約30か国でもすでに報告されており、2,500人の症例が報告されて40人以上が死亡している。

 

さらに詳しい内容はこちら↓
これまでのアフリカ各国のコロナウイルスへの対策についても触れられています。
ついにアフリカ大陸にも影響が広がり始めた。日本を含めた各国の迅速・的確な対応と一刻も早い収束を願います、、。
以上、ヒトミでした!