【コロナ】ウイルスは国籍とリンクしない。ノーベル平和賞受賞者の訴え

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースもコロナ関連です。

【コロナ】ウイルスは国籍とリンクしない。ノーベル平和賞受賞者の訴え

ざっくり説明

エチオピアの首相兼ノーベル平和賞受賞者Abiy Ahmed氏は、外国人が感染の疑いで攻撃されたことについて、コロナウイルスは国籍とは無関係であると。

 

ウイルスはどの国や国籍にも関係しないことに注意することが重要です。…グローバルコミュニティとして、私たちはお互いの番人です。恐怖が私たちの人間性を奪わないようにしましょう。」という声明が発表されている。

以前、エチオピアの米国大使館は、外国人がコロナウイルスに感染したとして告発された後、外国人が投石され、唾を吐かれたり、乗車を拒否されたという報告を受けたと述べた

エチオピアの外国特派員協会は、2人のジャーナリストに関する危険な噂もオンラインで広まっていると述べています。

 

さらに詳しい内容はこちら↓

コロナの影響が全世界に広がり、情報も対応も各国で分かれてはいるけれど言語・文化は違えど思いやりだけは共通なはず。隣人にやさしい世界でありたいです。
以上、ヒトミでした!