ソマリア イタリアのコロナウイルス対策に20人の医師派遣

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースはソマリアから。

ソマリア イタリアのコロナウイルス対策に20人の医師派遣

ざっくり説明

ソマリアは、ウイルスが最も多くの命を奪われた国であるイタリアで、コロナウイルスと戦うために20人以上の医師を派遣した。

 

首都モガディシュにある国立大学の20人のボランティア医師がイタリア大使館に登録され、イタリア政府からの援助要請に応じて送られた。

 

25日に、イタリアの市民保護は712人の新たな死者を報告し、これまでにこの国のウイルスによる死者数は8,215人にのぼった。一方、ソマリアは26日、3番目のコロナウイルスの症例を確認した。

 

 

さらに詳しい内容はこちら↓

もともとイタリアの植民地だったソマリアが支援。異常事態の今だからこそ助け合いの精神で乗り切りたいです。
以上、ヒトミでした!