22日にティンガティンガ・アート絵本「どうぶつたちのじどうしゃレース」を出版

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースはタンザニアから。

22日にティンガティンガ・アート絵本「どうぶつたちのじどうしゃレース」を出版

ざっくり説明

新型コロナウイルス感染拡大の影響で外遊びができない子供たちのために、アフリカ東部のタンザニア在住の島岡由美子さん(58)が22日、アフリカを代表する現代アートのティンガティンガで描いた絵本を出版した。

 

アフリカ各地に伝わる民話を明るい色彩で表現し、巻末にコピーして遊べるぬりえシート付き。「コロナ禍のこんなときだからこそ、笑顔の花を咲かせられるような絵本にしたい」という願いが込められている。

 

ティンガティンガは、1968年に同国で誕生したアフリカの現代アート。ペンキ6色だけで表現する絵画スタイルで、のびやかな構図と鮮やかな色使いが特徴。

アフリカンアートと日本の絵本文化のコラボ。色鮮やかな絵に元気をもらえそうです。
以上、ヒトミでした!