コロナ流行に伴う運航停止から、多くのアフリカ諸国で国際便が再開

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースは航空情報!

コロナ流行に伴う運航停止から、多くのアフリカ諸国で国際便が再開

ざっくり説明

ケニアは、新型コロナウイルスの世界的流行により3月以降運休となったアフリカ諸国の1つで、同国の国際航空会社、ケニア航空は、30の異なる目的地へのフライトを再開した

 

航空会社は需要がパンデミック前のキャパシティの50%を下回ると予想しているが、需要に応じて路線の数とフライトの頻度を増やす柔軟性があると述べている。

 

フライトを再開する他のアフリカ諸国には、マリ、ルワンダ、セネガル、コートジボワール、ニジェール、チャド、ブルキナファソ、トーゴなどがある。

運航を再開する国がある一方で、それらの国からの入国を禁止する動きも…元のように自由に行き来するのに戻るまでは、まだ時間がかかりそうです。
以上、ヒトミでした!