コロナウイルス:エチオピア航空CEOが中国へのフライトを継続する決定について説明

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースはエチオピアから。

エチオピア航空が中国へのフライトを継続する決定について説明

ざっくり説明

2020年1月7日に中国・武漢で確認されたコロナウイルスについて、他のアフリカ航空会社が中国への定期便をキャンセルする中、エチオピア航空は中国へのフライトを維持するを決定した。

 

これに関して同社CEOのTewolde Gebremariamは中国へのフライトを一時停止してもコロナウイルスの大流行の広がりが止まらないと主張し同社の決定を擁護した。

 

また、「中国を隔離するべきではない。中国人の乗客を阻害すべきではありません。わたしたちがすべきことは、WHOガイドラインに従って乗客を選別することです」と付け加えた。

詳しくはこちらへ
アジア人に対する偏見や差別も広がっている中で本当に大切なのは、世界中で協力して流行を阻止しようっていう動きなんじゃないかな
以上、ヒトミでした!