はじめまして!

 

ASANTE PROJECTの太田結香です!

 

私は、当団体の活動を通して初めてタンザニアへ渡航した際に、自分の魅力を活かすタンザニア(アフリカ)のファッションに魅了されました。

 

そこで、今回はタンザニアのファッションについてご紹介します!

 

 タンザニアといえばマサイ?!

私がタンザニアへ行ったことを友達に伝えると、「マサイ族にあった?」と聞かれることがあります。

 

しかし、マサイの人々が過ごしている場所はケニアやタンザニアにかけての高原地帯と言われており、当団体の渡航ではタンザニア沿岸部に位置するダルエスサラームに滞在するため、渡航中は滅多に彼らに出会うことはありません。

 

しかし、マサイの少年が来日した際、私が彼から聞いた話を少しシェアすると

 

マサイの人々が着ている赤い布、これはライオンなどの猛獣を怖がらせるために着ているのだとか。

 

また、この布の巻き方は男性と女性とでは異なり、パーティーなどの特別な場所では、女性はあえて青や黄色などの赤以外の服を着ることもあるそうです!

 

 暑くてもセーター?!

幼稚園にいると、とても暑いタンザニアでなぜかセーターを着ている子供がいました。

 

私がベトナムに行ったときに聞いた話では、暑い国で厚着をするのは、ステータスらしいです。(この写真の子がなぜセーターを着ていたのかは分かりませんが…)汗をかいていて、明らかに暑そうでした。

 

ちなみに渡航中の私たちの格好は、もちろん常に半袖です!あんなに暑いのにセーターを着るなんて信じられません…!

 

制服姿はこんなにかわいい!

幼稚園の生徒たちは毎日制服を着用!私たちの支援先の幼稚園の生徒もみんなお揃いの制服を着ています。黄色や水色など、日本よりポップな制服が多い印象です!

 

タンザニアの大半の幼稚園は、毎週金曜日がスポーツデーで、生徒たちは制服ではなく、動きやすいお揃いのTシャツを着て登校します。

 

生徒たちと同じファッションを楽しみたくて、私たちもお揃いのTシャツを調達して、ワクワクしながら金曜日を待ちます。同じ服を着ていると心なしかいつもより仲良くなれる気がします

 

 

カラフルな洋服を着こなすタンザニアン

最後にご紹介するのは、タンザニアの伝統的な布で作られた洋服です。カンガやキテンゲと呼ばれるこの布は、タンザニアの街でよく目にします。

 

これらの布を扱うお店の前では、ミシンを手早く動かす店員さんの姿が見られます。

 

キリスト教のお祈りの場、ミサではたくさんの女性がこの鮮やかな服を着てお祈りを捧げていました。同じミサでもタンザニアのミサは、パッと華やかな雰囲気が広がっていましたよ!

 

タンザニアの色使いは全体的にとってもカラフルでかわいいんです!そしてそんな色を着こなせるタンザニアンには惚れ惚れしてしまいます

 

日本で暮らす私たちには、馴染みのない布かもしれませんが、当団体ではこの魅力的な布をより多くの人に知ってもらうために、現地で調達した布を使って手作り商品を販売しています。どうぞそちらもご覧ください!

 

 

ASANTEオリジナルショップはこちら♡↓

https://asantemarket.base.shop/

 

 

次は、東京本部に最近入ってきてくれた、はじける笑顔が可愛い1年生!ゆうわです!