理学療法士がアフリカへ!⑨ムズズを目一杯楽しもう★―散策マップとモデルプラン出来ました!

 

Monire!(マラウイの言葉でこんにちは)

こんにちは、カワカミアヤです!

 

今回のテーマは私の住む大好きな街、ムズズについてご紹介します。ムズズはマラウイ第3の都市であり、大きな街でありながらマラウイ湖やタンザニアが近くいろんなことが一度に楽しめるところ。

 

そんなムズズのおすすめレストランやお土産屋さんなど魅力をたっぷり紹介します!!

 

中々旅が出来る見通しがつかない今だからこそ、これを見て「次の旅は絶対マラウイのムズズに行く!」と思ってくれる人がいたら嬉しいです♪

 

ムズズへの行き方を知りたい方はこちらの記事をどうぞ!↓

     

    ムズズ散策マップ、できました!

    Googleマップのマイマップ機能を使って、ムズズ市内のおすすめレストラン、ロッジ、土産物屋などをまとめています!!

    ピンをクリックすると簡単な情報も見られるのでぜひ観光の参考にしてみて下さいね!!

     

    わたしのおすすめ2泊3日プラン

     

    「行きたい所が沢山で絞れない!」

    「どうやって廻るのが効率的?」

     

    という悩み、旅ではあるあるですよね。

    今回はわたしがムズズ散策マップの中から厳選したスポットを“2泊3日プラン”としてご紹介します!!

    1日目:ムズズ到着&タウン内散策
    2日目:カタベイ日帰り観光
    3日目:ムズズコーヒー工場見学&リロングウェへ出発

     

    1日目】ムズズ到着&タウン内散策

    7:00リロングウェ発の便に乗りムズズへ!
    (道中で見れる広大な景色を楽しんで!!)

     

    12:00 SOSOSOバスでムズズに到着
    (マイマップ内、交通⑦)

    12:10 Manjolo village でコンドーレを食べよう!(マイマップ内、レストラン②)

     

    コンドーレ

    丸く白い食べ物がコンドーレ

     

    SOSOSO BUSを降りて徒歩or自転車タクシーでレストランへ。

     

    首都では滅多にお目にかかれない食べ物も、ここでは食べられちゃいます!その名はコンドーレ。マラウイの主食といえばとうもろこしの粉で作ったシマが有名ですが、これはキャッサバ粉から作られたもの。
    コンドーレ特有の香りが炭火焼チキンの香ばしさと相性抜群!「ビール…!ビールをくれ…!!」と思ったそこのあなた。
    案ずるなかれ、バーを併設しているこのレストランはマラウイでメジャーなカールスバーグビールも楽しめます。運がよければコンドーレを作っているところも見学させてもらえるかも??

     

    13:00 お気に入りのアフリカ布を探しにチテンジマーケットへ(マイマップ内、観光・お土産①)

     

    Manjolo villageから徒歩でチテンジマーケットへ
    布でぜひともチェックしてほしいのが、マラウイでは北部でしか見ない「カンガ」と呼ばれる布。実はこの布、タンザニアから輸入されていて、北部のムズズだからこそ手に入ります。

    カンガ

    ムズズで購入したカンガ布。スワヒリ語のメッセージ入り!


    とにかくかっわいい!

    長方形の柄配置を生かしテーブルクロスにしてもよし、クリップを付けて間仕切りやカーテンにしてもよし、洋服にしてもよし…。
    何に使うか想像を膨らませるのが楽しいですね!
    「チテンジならうちのを見て行きな!」と陽気に声かけするお母さん達が多く、色んなお店を寄り道するのが楽しい場所です(笑)

     

    15:00 テイラーへ服をオーダー&PENJANI Malawiのお土産をチェック!(マイマップ内、観光・お土産②⑥)

     

    チテンジマーケットで買った布を持ってさっそくテイラーのところへ。自分だけのオリジナル服を作ってもらおう!

     

    チテンジマーケットからは徒歩で510分程度。抜け道があるので

    SOSOSO BUSがある通りに出たい

     

    と誰かに聞いてみましょう。

     

    ここでは「あんたはほんとに縫い目に厳しい」と言われるカワカミの愛するテイラー、Sanjale(サンジャーレ)がいつでも皆さんをお待ちしています!!

    浴衣もオーダー可能です!(通常必要期間1週間、どれだけ縮められるかはあなたの熱意と彼の体力次第♪)

    浴衣

    アフリカ布でSanjaleが作った浴衣

     

     

    同じ敷地内にあるお土産屋さん、PENJANI Malawiも要チェック
    お土産1

    Tシャツやアフリカ布のぬいぐるみ、木工食器など多彩な商品。

    お土産2

    マカダミアナッツは産地直送!

    ここでは“Made in Malawi”にこだわり、マラウイ産のみのお土産を扱っています。

    皆さんは実はアフリカ布の多くがアジアやヨーロッパ、周囲のアフリカ諸国など他国から輸入されているとご存知ですか?

    このお店はチテンジまでマラウイ産のみを扱うこだわりっぷり!マラウイ人お母さんと元JICA海外協力隊の女性が切り盛りしており、今後はコーヒー農園ツアーなど北部内のツアーを始める計画もしているとのこと。SNSDMやメッセンジャーからも連絡可能です!

     

    17:00 日暮れ前に早めにロッジへ。(マイマップ内、ロッジ兼レストラン①-③)

     

    ムズズには安宿も多く存在しますが、このマイマップ内では

    • セキュリティがしっかりしている
    • ホットシャワーが出る
    • 寝具が快適、ドミトリーがある

    ことを基準に紹介しています。

     

    どこもスタッフが親切で騒々しくなく、居心地の良い場所です。

    ゆっくり移動疲れを癒して下さい!!

     

    2日目】カタベイ観光

    8:00 ロッジ出発、ローカルマーケット散策へ(マイマップ内、観光・お土産④)

    2日目は日帰りでマラウイ湖畔の街・カタベイへ!余裕を持って少し早めにロッジを出発しましょう!

     

    バナナ通り。黄色、緑、赤などいろんな種類のバナナが並ぶ

     

    カタベイに行く前に、通り道のローカルマーケットを散策!バナナ通り、古着エリア、新鮮野菜通り、お魚通り…

     

    沢山の物が溢れるマーケットでは見たことのないものに必ず出会えます!

     

    カワカミが初めて見た時に驚いたのは、

    • バナナの種類の多さ
    • 見た目は悪魔の実、中身は激ウマなフルーツ、ムトパ
    • 食用石
    • タバコの葉
    • 檻に入ったにわとりたち

    です。

    あなたはどんな驚きに出会えるか?とっても楽しみですね!

     

    マーケット散策のお供には、ぜひスナックを!おすすめはチャパティCHAPATI LADY RESTAURANT(マイマップ内、レストラン④)でテイクアウトできます。

     

    他にもおすすめのスナックはこちらの記事で紹介しています!↓

     

    09:30 カタベイに向けて出発!

     

    マラウイ湖観光を楽しみましょう!

     

    カタベイ行きシェアタクシー乗り場はマイマップ内、交通④から。約1時間半で到着です。

     

    同じ駐車場の広場内にマラウイ産チテンジを扱う Mapeto(マイマップ内、観光・お土産③)があるので、発車まで時間がかかりそうならぜひ覗いてみて下さい!

     

    11:00 カタベイ到着→Mayoka village

    Mayoka villageからの眺め。エメラルドグリーン!

     

    いよいよマラウイ湖観光!

     

    カタベイではMayoka villageFBページ公式HPを訪問するのがおすすめ。

     

    眺めのいいロケーションにカラフルな内装はSNS映え間違いなし!カワカミはこの場所が大好きです!!何度行ったかわかりません(笑)

     

    注目すべきはアクティビティの豊富さ!カヤック、SUP、ボートツアー…。

     

    ボートツアーでは5mの岩場からの飛び込みも体験できます!スリルを求める人は要チェック!

    (※JICA海外協力隊は湖での遊泳を禁止されており、残念ながらカワカミは体験したことがありません…涙)

     

    ボートツアーは基本的に火曜日13:30~ですが、事前に連絡しておけば違う曜日も対応可能かも?メッセンジャー、emailWhatsappで連絡可能です。おいしいランチとアクティビティを楽しんで!

     

     

    16:00 カタベイからムズズへ移動

     

    マイマップ内、交通⑧からムズズ行きのシェアタクシーに乗りましょう。Mayoka villageからここまでは徒歩またはMayokaの人にタクシーを呼んでもらいましょう。

     

     

    17:30 ムズズ到着、ロッジへ。沢山移動ししっかり遊んだ日はしっかりと体を休めて次の日に備えましょう!

     

    3日目】ムズズコーヒー工場見学&リロングウェへ出発

    8:00 ロッジ出発、ムズズコーヒー工場へのシェアタクシー乗り場へ

     

    マイマップ内、交通②からムズズコーヒー工場へ。

    Luwinga 1B(ルウィンガ ワンビー), Mzuzu coffee factory

    と言えばすぐ近くまで行けます。

     

    9:00 ムズズコーヒー工場での見学スタート!

     

    豆の焙煎過程の説明中

     

    工場見学なんて面白いの?と思ったあなた!

     

    ここでは敷地内に数本あるコーヒーの木からわたしたちの口に入るまで、どのような過程でコーヒーを作っているかがたっぷり見学できます!

     

    「マラウイにもこんな機械が!?」

    「コーヒー豆ってほんとはこんな色なの!?」

    そんな驚きに出会えるかもしれません。

     

    ここではムズズハニーというはちみつも加工しており、季節によってはレアな蜂の巣付きのはちみつが見られるかも!!

     

    コーヒーの匂いに包まれながら、大人な工場見学、しませんか?

     

    受付で売っているムズズコーヒー、ムズズティー、ムズズハニーは工場直売価格!ムズズハニーの中でも、幻のマカダミアフレーバーがあれば即購入すべし。カワカミも欲しいです。

     

     

    10:00 タウンへ移動、オーダーしていた服の受け取り

     

    ムズズコーヒーの工場見学が終わったら中心地のタウンへ移動。タウンに戻るには工場を出て少し大きな通りに出ると、シェアタクシーが沢山います。

     

    タウンに戻ったら1日目にオーダーした服を受け取りにSanjaleテイラーショップへ!必ず試着をし、サイズ調整が必要ならその場で行ってもらいましょう。事前にWhatsapp(マイマップ内に連絡先あり)で受け取りの時間を伝えておくとやり取りがスムーズです。

     

     

    11:30 SOSOSO BUSでリロングウェへ出発!

     

    2泊3日のムズズ旅もこれでおしまい。

    「もっとムズズを知りたい!楽しみたい!!」

    て人はぜひまた戻ってきてね。

     

    入れておくと便利なアプリ

    ムズズでのモデルプランについてご紹介しましたが、スムーズに観光を行うためおすすめアプリについても少しご紹介します。

     

    • Whatsapp

    メッセージアプリで海外版LINEのようなもの。ロッジのスタッフ、テイラー、タクシー運転手などあらゆる人とコミュニケーションがとれて便利。日本で旅の出発前に初期設定することをおすすめします。

     

    • maps.me

    言わずと知れたオフライン地図アプリ。ネットが繋がらず現在地を確認出来ない!といういざという時に使えます。事前にその国のマップをダウンロードする必要があるため、こちらも日本でマラウイの地図をインストールしていきましょう。ただしこれではGoogleのマイマップは見られません。(悲しい)

     

    また、旅に大切なネット環境について。

     

    マラウイにはロッジ以外にWifi環境がほぼないため、自分でネットの準備が必要です。現地SIMはプリベイド式で必要な分だけネットを購入出来るためとっても安価。SIMフリーのスマホを持って行き現地でSIMを買うか、モバイルWifiを日本でレンタルして行くことをおすすめします。

     

    ムズズ観光の注意点

    ムズズは人々が穏やかで有名な街ですが、スリなどの犯罪がないと言い切れないのが現状です。

     

    カバンの口は閉める、目の届く場所に持つ、貴重品はポケットにしまわない、など基本的な防犯対策を行い、誰かの出来心に火をつけないよう努めましょう。

     

    また、夜の徒歩移動は行わないで下さい。ムズズでは街灯が少なく、歩行者と車やバイクとの接触事故が絶えません。そのため、もし外出が必要であれば【必ず】タクシーを利用して下さい。

     

    今回マイマップの中に登録したロッジ兼レストランはどこもディナーを楽しめる場所です。

     

    穏やかな雰囲気の中、他の宿泊者と一緒においしいご飯とマラウイビール、ほろ酔いになりながら旅について語り合う時間を楽しんで下さい!

     

    最後に、わたしがいつもお世話になっている八百屋のおっちゃんたち。

     

    ローカルマーケットに行ったらこのAustin(オースティン)を探してみて下さい!そしてぜひカワカミはすこぶる元気だとお伝え下さい!(笑)

     

     

    それでは、今回はムズズ散策マップとモデルプランを紹介しました!

     

    この記事を見てムズズに行った人がそれぞれの旅を楽しんでくれたら、わたしはとっても嬉しいです!

     

    次の旅は、マラウイ・ムズズへGO!!!