「ワンラブ-ひとつになって愛し合おう」講演会が順天堂で開催!

はじめまして!

 

日本国際保健医療学会学生部会(jaih-s)運営委員で大学3年生の塩見歩華と申します。

 

私は去年の夏、たったの1ケ月ですがケニアとルワンダに行ってきました。

 

その旅でのすてきな出会いの中の1つが今回、このような企画を開催する運びとなりましたのでご案内させていただきます。

 

2月6()に順天堂大学で開催いたします!

 

「ワンラブ-ひとつになって愛し合おう」講演会

 

ルワンダで義足を作り続けて21年

「ワンラブ-ひとつになって愛し合おう」講演会

〜アフリカを旅した学生が恋したNGO〜

 

です!!!

 

皆さんはルワンダと聞いて何を思い浮かべますか?

 

義足と聞いて何を思い浮かべますか?

 

本講演会は、ルワンダの人々と一緒に平和を目指して歩んできたNGO「Mulindi/Japan One Love Project」のルダシングワ真美さんとガテラ・ルダシングワ・エマニュエルさんご夫婦にご登壇いただきます。

 

当日は、アフリカの布を使った小物やルワンダの民芸品、バナナの幹の皮を利用して作ったカードなどを販売する予定です。

 

こんな人にオススメ!
  • アフリカが好きな人
  • アフリカについてルワンダについて知りたい人
  • 海外で働きたい人、働いている人
  • 国際協力を目指す人
  • 国際協力ってなんだ?支援ってなんだ?とモヤモヤしている人
  • 障害者スポーツに興味がある人

 

にぜひ来ていただきたいです!!!

 

20年以上もルワンダで障害を持つ人々を支援しているワンラブ・プロジェクトだからこそ知っている、ルワンダが1994年の悲劇から立ち直っていく姿やリアルなルワンダ社会。

 

8000人以上の人々に義足を届けた2人が語る、ルワンダでの障害者支援と、日本の課題。

 

障害者スポーツ、パラリンピックへの挑戦。

 

ルワンダで生活し、義足を作っているお二人のお話を日本で聞くことができる、大変貴重な講演会になっております。

 

「支援をする」とはどういうことなのかを改めて考えてみませんか?

 

《講演会概要》

ルワンダで義足を作り続けて21

「ワンラブ-ひとつになって愛し合おう」講演会

~アフリカを旅した学生が恋したNGO

 

日時:201926()15:00~17:00

場所:順天堂大学本郷キャンパス第二教育棟501号室

参加費:学生1000円、社会人1500

(参加費の一部をワンラブ・プロジェクト様へ寄付いたします。)

主催:日本国際保健医療学会学生部会(jaih-s)

*本企画の詳細など、詳しくはコチラをご覧ください

https://www.facebook.com/events/330002891184300??ti=ia

*申し込み・お問い合わせはこちら

https://goo.gl/forms/hLyyoxJH2KkKGCu22

 

多くの皆様の参加を心よりお待ちしております。

 

jaih-sは「世界の健康格差を是正すること」を目的とした国際保健医療学に特化した学生団体です。

詳しくは、こちらのHPをご覧ください。
https://jaihsstory14.jimdofree.com/