Monire!

 こんにちは、カワカミアヤです!

 

今回はマラウイの交通事情シリーズ第一弾

 

マラウイにある主な交通手段について、国の端から端までの長距離移動、そして「ちょっとそこまで」の短距離移動、そんな時に使える乗り物を紹介します!

また、最後にマラウイで移動する際の注意点も書いています!

大型バス

バス

まずは大きな乗り物から。

マラウイでは北部の国境から南部の大都市まで、長距離移動に便利な大型バスが運行しています。

 

北からカロンガ、ムズズ、ムジンバ、リロングウェ、ブランタイヤと北部・中部・南部の拠点となる大都市を結んでいます!

主なバス会社はAXASOSOSOKwezy Bus

これらのバス会社は基本的に事前予約可能、出発・到着もほぼ時間通り

「スケジュール通りに行動したい!」という方におすすめ。

内装はきれいで車内にはマラウイミュージックが流れ、なんとジュースやスナックは運賃に含まれています

 

これらのバス会社以外にも大型バスは存在しますが、ほとんどが“満員になるまで出発しない”もの。

5時間待ったあげく、その日は出発しないなんてこともザラにあります…。

価格は日本円で300円くらいしか違わないので、大都市間の移動は事前予約制のバスを利用するのがおすすめ

 

ミニバス

ミニバス

日本でいうワゴンバスのこと。

長距離から短距離まで、マラウイ国内の至る所を走っています。

目的地はフロントガラスの部分に記載されていて、停留所だけでなく道の途中でも自由に乗り降りできて便利!

どこにでも安く移動出来るのが利点です。

 

車内はいつもびっくりするくらいギュウギュウ詰め。最大で乗客18人くらいは乗ります。

周りの人とのコミュニケーションはとりやすいので、ローカルの移動方法を体験したい!現地の人と沢山話したい!という方におすすめ。

 

実はこのミニバス、多くが日本で福祉車両として使われていたもの

日本語で施設名が書いてあることが多く、地元の車両を探して見ても楽しそうですね!

タクシー

タクシー

こちらは普通の乗用車。

貸切のハイヤータクシー相乗りするシェアリングタクシー2パターンあります。

正式にタクシーとして届け出ているのは写真左のように車両ナンバーが赤色の車。それ以外はいわゆる“白タク”です。

 

こちらも長距離から短距離までありますが、ミニバスよりルートは少ないです。

ギュウギュウに詰め込まれることが少ない+満員になるのが早いので、ミニバスより快適に移動が出来ます

ハイヤータクシーの場合は特にぼったくりに注意

トラックの荷台(マトラ)

現地語でマトラと呼ばれている、トラックの荷台に乗り移動する方法です。

日本では昔の田舎町でよくありましたね。マラウイでも、主に村の方で利用されています。

荷台に沢山の荷物+人が乗ります。

 

マラウイ人曰く、雨季は雨、乾季は砂、そしてお尻の痛みとの闘いであり、快適とは言えないそうです。

また、マラウイの道は悪く大きく揺れる+スピードが早いので、荷台から落ちる可能性もあります。おすすめはしません。

※マラウイ隊員は、トラックの荷台に乗っての移動は禁止されています。

 

トゥクトゥク

トゥクトゥク

各地でお馴染みのトゥクトゥク。

マラウイにも主に都市部にあり、中距離〜短距離を走っています。

ミニバスなどに比べると値が張りますが、ハイヤータクシーよりは安価です。

座席後方に荷物を置けるので、大荷物の時に便利です。

バイタクシー

大都市から村の方まで色んな所にあり、中距離〜短距離を走っています。

安く、すぐに移動出来るため便利です。

ですが、利用はおすすめしません

 

と、いうのもマラウイでは交通事故がかなり多く、バイクと車の衝突、バイクの転倒などは日常茶飯事です。

そのような場合、擦り傷どころでは済みません。

バイクタクシー以外の利用を強く勧めます。

※JICA海外協力隊は、バイクタクシーの利用は固く禁止されています。

 

自転車タクシー(カバザ)

自転車タクシー(カバザ)

こちらが紹介する最後の乗り物。

現地語でカバザ自転車の荷台に乗り移動する方法です。

短距離を走っています。

シートにはクッションがついており、凸凹道を通ってもおしりに優しい仕様になっています。

暑い日差しの日、「歩くには遠いけど車に乗るには近すぎる」という時にいい乗り物です!

乗っている時に感じる風をぜひ楽しんで下さい!

他にもこんな乗り物が!?

以上、乗り物の紹介でした。

マラウイの代表的なものを紹介しましたが、より地方へ行くと冒頭の写真のような「牛タクシー」なるものもあります。

マラウイでしか体験できない乗り物、せっかくマラウイへ来たならぜひとも体験していって下さい!

 

マラウイで安全に移動するために

 移動の際に危険なことって、交通事故ぼったくりスリなどですよね。

 

中でも交通事故はマラウイの日常茶飯事

わたしの配属先の病院にも、交通事故により怪我をした人が沢山います。

集中治療室も多くは交通事故後の重症患者さん。

日本では助かる命でも、高度な医療を受けられないために亡くなってしまう人もいます。

そんな悲しい出来事を防ぐために安全に移動するためのポイントは次の通り。

長距離移動は日中のみ!夜は徒歩移動しない!

マラウイでは基本街灯はなく夜間は真っ暗。

歩行者は見えないため、夜間の事故率が非常に高いです。

バイクタクシー、トラックの荷台は避ける!

万が一事故にあったら擦り傷では済みません。
けがのリスクが高い、バイタクシーやトラックの荷台は避けましょう。

事前に車を確認!ドライバーと話をする!

事故の跡(フロントガラスが割れているなど)があるか、またドライバーがお酒を飲んでいないか確認しましょう。

荷物はいつも膝の上+上着やブランケットをかける!

布をかけジッパーの位置を隠すことで、スリ防止になります。

料金は複数の人に聞く!

適正な料金を言っているか確認するため、一人ではなく複数人に確認しましょう。

 

以上、交通事情シリーズ第一弾、マラウイの乗り物についての紹介でした!

楽しく旅をするために、上記のポイントをぜひ参考にして下さいね!!

各地への詳しい行き方は次回以降にご紹介します。

お楽しみに!