【アフリカ若手対談】デニムクリエーターぎおん × AAA管理人マサヤ④-言葉に出来てはダメ。二人が見据える未来-

クラウドファンディングで350万円調達!デニム業界にデビューから一気に切り込みをかけた祇園涼介(ぎおん りょうすけ)、そしてAll About Africa管理人にして、法人化したTokyo Africa Collectionで取締役も務める稲川雅也(いながわまさや)

 

彼らは共に1995年生まれの24歳、そしてアフリカに魅せられ人生を突き動かされてきた者同士でもある。

 

そんなアフリカ若手の筆頭とも言える2人の対談ついに最終回第4弾!

 

「前回は、2人を突き動かす原点にあるもの、精神面や強い想いの部分を聞きました。どこまでもアフリカへの愛が溢れる2人の言葉に思わず私も胸が熱くなってしました。」

 

前回の記事はこちら☟

 

「最終回となる今回は、まだまだ24歳という2人のこれからの夢を自由に語ってもらいます!話をしていて、内容や行動力で忘れがちなんですが、この人たちまだ24歳ですよ。年齢って本当にあくまでも数字なんだなって思い知らされてます…31歳。それでは、どうぞ!」

 

稲川雅也(いながわ まさや)
1995年 神奈川県出身|株式会社東京アフリカコレクション取締役副社長|アフリカウェブメディアALL ABOUT AFRICA代表|フリーとしてアフリカ旅発信やイベント登壇も精力的に取り組む|学生時代にタンザニア教育支援の学生団体ASANTE PROJECTを創設、代表を務めた|2019年アフリカ10ヵ国縦断達成。

祇園涼介(ぎおん りょうすけ)
1995年 岡山県岡山市出身。小学校〜高校まで野球一筋で育つ。
関西圏の大学に進学するも、鬱と不眠症に。そんな中、ふと見た野生のカバの動画に心を撃たれアフリカへの渡航を決意。ケニアでの2か月間の野生動物保護プロジェクトでキリンの出産を成功させる。
その後世界30か国以上を周遊。1年間のイギリス留学を経て、豊田通商(株)に入社、10か月で退職。GHION DENIM立ち上げ。https://www.ghiondenim.com/

経歴が濃すぎる2人の対談のファシリテーターを務めるは、Korinです。

 

Korin (コリン)
1987年 京都出身。6年間雑貨バイヤーとして会社務め、退職後イギリスに2年在住、旅した国は世界41ヶ国。ふと "アフリカに呼ばれている" と会社を衝動的に退職すること2度目。マサヤと旅の途中でたまたま出会い、共にアフリカを周遊後、AAAに参入。ライター、編集、営業なんでもこなしている。自身の旅先から買い付けてくるオンライン雑貨屋「KIZUNGUZUNGU」のオーナーでもある。

言葉に出来てはダメ。

 

「今までの話も踏まえてさ、やっぱり2人の関わってる世界ってさアフリカであったりデニムであったり、閉じられがちな世界じゃん。それこそデニムの世界って一旦は熱狂的なブームは終わってるじゃない?あれほど毎年話題になってた芸能人ベストジーニスト賞すら聞かなくなった。そこにあえて自分らしさを持ちながら、光をあてて、扉を開こうっていうのって、良いよね。あ、これ質問じゃなくて、感想。笑」

 

「動画のクリエーターといつも話しているのが、言葉に出来ちゃ駄目だなって。」

 

「お、またぎおん節な予感w」

 

「映像作って『あそこのこの部分がいいよね』って感想が出るのって動画としてはそんなに成功じゃないって思ってて。 見たあとに、『うーーーーん』ってしばらく考え込んで何が良いかわからんけど、とにかくいいね!』っていうのがビジュアルで感覚的に伝えることの本質だと思ってる。だってせっかくあえてビジュアルで伝えようとしていることを言葉に落とし込まれるとビジュアルの意味がない。ダサいか、カッコいいかっていう無意識的な感覚に響かせるには、ビジュアルだと今は思ってる。

 

「あと打ち出し方がやっぱり今風だよね。動画を作り込んで一発でちゃんと響かせて。あれだけのイメージを文字にしたら何万時っていう文字数になるわけじゃん。それを数分でよくわからない感情だけど伝えきるってすごい。私はそれこそアフリカ界隈にこういうスペシャルなスキルを持った人に来て欲しいと思っていて。

 

「うわー、わかるなーそれ。」

 

「デザイナーとか、アーティストなどクリエイティブな人たちに来て欲しい。もしそういう人たちが来たらアフリカは必ずバズる。アフリカは日々が面白くてコンテンツに溢れているから。」

 

「ほんと、伸びしろしかないですね。」

 

「だから今回みたいにクリエィティブなぎおんさんとその想いを形にできてしまうパートナーがいてくれると、すごいいいよね。ちょっと前で言うとそれこそヨシダナギさんが与えた影響ってすごいじゃない。

 

「確実にアフリカに関心の無かった層にも届いてる。」

 

「それこそ写真っていう伝わりやすいビジュアルの持つ力が出てる。」

文字だから、AAAだから出来ること

 

「そいういう意味ではさ、AAAって逆じゃん、文字勝負。そこってぎおん君から見たらどんな感じに映るの?」

 

「なんか僕らが出来るか出来ないかは別にして、絶対に必要なことだと思うんですよ。深さを与えるには、やっぱり文字書きだって僕は思ってて。僕らもホームページのリリースに合わせてライターに入ってもらうんですけど、彼とはビジュアルは入口としてあって、それでも絶対に文字じゃないと伝えられない深さがあるよねって言ってる。だから、これからも文字は大切な媒体であり続ける気がしてます。

 

 

「文字が必要かどうかっていうことよりも、私は、AAAは読者ベースではなくて発信者ベースで考えていて。いかに発信者が発信しやすく、そしてその場で自信をつけていってもらえるかを大切にしている。だから、読者ベースで考えるならそれこそ上がってきた記事にガッツリ編集いれて、内容ほとんど変えちゃうくらい、とにかく読みやすい記事にまとめなおして、みたいにした方が良いんだろうけど、私は高校生とか、初めて文章を書くっていう人が、AAAで記事書いたらこんな風に感想を貰えるんだ、じゃぁ今度は自分で発信してみようとかそういう新しい自分事に繋げていって欲しいから、あえてそこまで編集はいれない。発信者がいかに気持ちよく発信するかが重要だから、"ブログが集まる場所"っていう表現にしている。」

 

「なるほど、面白い。」

 

「動画を作るのって難しいけど、とりあえず何か書くっていうのは誰でも出来るから。」

 

「マサヤ君はさ、そうやって自分でも記事書いたり、編集したりしつつ、アフリカ縦断からYouTubeでの動画発信もやるようになったじゃん。自分でやってみてやっぱり発信の仕方とか、反応とか違うなって思ったりする?」

 

「文字と動画で?YouTubeは編集がマジで大変。でもさ、アフリカはやっぱり動画でしょ!って思うんだよね。読むって少し身構えちゃうけど、流れているのを見るだけって障壁が低いからね。動画はいいと思うよ。特にアフリカとの親和性はすごい高い。」

二人から見たアフリカの魅力

 

「改めてさ、アフリカの魅力ってなんなんだろうね。だって絶景とか大自然とかってほかの国にもあるわけじゃない?私も今まで40か国くらいいって色んな素晴らしい景色だってみてきた。それなのに、数週間いっただけのアフリカのことをずーーーーと思い続けてる。こんなことって初めてなんだよね。」

 

「全然答えはないんですけど、こないだ撮影でモンゴルに降り立ったときに、久しぶりにその感覚があったんですよね、初めて自分がケニアの地を踏んだ時のドキドキ感、みたいなのを久しぶりに感じた。高揚感みたいな。中国に行ったときにはなかったものが。」

 

 

「だからさ、やっぱ未知ってところじゃない?私がアフリカに一番興味をそそられるのは自分で開拓していける感なんだよね。54ヶ国って全然知られてないから、すべてにおいてパイオニアになれる。どの部分を切り取ってもそうで。 ギオン君もアフリカジーンズのパイオニアなわけじゃん。」

 

「そういう意味ではオンリーワンになりたいっていう気持ちなの?」

 

「いや、違う。とにかく開拓したい。コロンブスみたいな感じ。(よく知らないけど)

 

「あーーー!わかる、わかる。それこそ自分のプロジェクトにも書いているんですけど、小学生の時に初めて大航海時代のことを知って、心が震えたあの感覚が旅につながってるっていうくだりがあるんですけど、それこそまだ知られていない場所を自分の足で切り開く、っていう感覚がたまらない。」

 

だってさおかしくない?ここまで情報が蔓延している2019年においてここまで未知な大陸ってある?みたいな。全然まだまだ知られてないから。だからモンゴルもそういう未開の地に足を踏み入れているっていう感覚があるんだと思う。 あとやっぱり、孤独ってゾクゾクするタイプだから。」

 

「わかるな、私もそいういうのゾクゾクする。 海外で色んな人種の人と電車とかに乗ってて、このなかで日本人は私だけだって思ったら、なんか突然強烈なアイデンティティが湧きだして、その感覚にぞくぞくする。

 

「旅人ってその感覚知ってて求めていく人って多い気がする。」

 

「何が起こるかわからない環境にあえて身を置いておきたい、みたいなね。笑」

 

「わかるなー。わかるわかる。」

 

「そういう意味ではそういう刺激に溢れているのかな、アフリカって。」

 

「それでいうと『なんでアフリカ好きなんですかってそれこそ死ぬほど聞かれる、こういう活動していると。イベントとかで聞かれる度に今までは答えを用意してたのね。『人が温かいから』とか『気候が好き』とか。 でもある人が、なんで好きかわからないからいつまででも追い求めたくなるって言ってて。そういう意味ではまさしく自分は未知なアフリカが好き。だから、好きな理由なんて本当はなくていいんだよなって、思うようになってる。」

 

「ずっと追いかけられることって少ないもんね、ある程度歳いくと、、。」

二人の描く夢

 

「あえてさ、二人の今後の夢とかってある?まだ若いじゃん二人とも24歳だし。今後の展望をきいてみましょうかね。」

 

夢とかはないっすね(断言)」

 

「1年後とか考えずにとにかく今目の前にあることをって感じ?」

 

「っていうか、最終的には僕フィンランドに移住したいんですよ。」

 

「あるじゃん、夢!笑」

 

「夢っていうか、以前行ったときにそれこそ理由もなくあ、ここで暮らしたいなって思って。」

 

 

「アフリカじゃないんすね(笑)私もよく『いつアフリカに移住するんですかって聞かれるけど、アフリカに移住しちゃうと日本へのアプローチがすごく大変になる。受け手側にとってもアフリカに住んでいる遠い人っていう心理的な距離も生まれちゃう。 だから、あくまでも日本に身を置いて発信を続ける人でありたい。

 

「マサヤ君の夢は?」

 

「夢と言うならやっぱりアフリカ54ヶ国は全部回ってみたいよね。20代で全部行けると思う。物理的に可能なとこは。」

理想のおじさん

 

「逆に将来こうはなりたくない、みたいなのはあるの?」

 

「うーん、具体的にはないけどダサくはなりたくないし、かっこよく歳はとりたい。

 

「かっこいい歳のとりかたってどんなイメージ?」

 

「しゃべらなくなった方がいいかな、って。どんどん口数が減っていってビジュアルだけに厚みがある人。」

 

「職人じゃん(笑) 私はおっさんになっても相変わらずめっちゃしゃべりそうです、、。」

 

「マサヤくんはどんなおじさんになりたいの?」

 

「自分は若手を金銭的にも応援できる人になりたい。というのも今回アフリカ縦断中のルワンダ滞在時に日本人宿のキセキが3週間寝食を提供してくれたんだよねスポンサーとして。その期間でかなり余裕が出来て動画制作という新しいことに取り組めた。そういうきっかけがあれば、動けるようになる若い人たちって絶対いるから、そういう人たちの力になりたいな。」

 

ルワンダの日本宿キセキ☟

 

あと、人生結構イージーよっていう大人になりたい。人生甘くないよっていうオトナばかりに会ってきたから、人生?あ意外と楽勝よってそんな大したことないよって言える大人になりたい。」

 

「それいい!それいい!」

何を頑張るべきか

 

「でも外からみたら今ぎおんさんがやってることって超ハードに見えますよ。 ただそれが一番やるべきところで、つまり、他人からはハードに見えるけど、自分ではハードじゃないことを突き詰めた方が良いんだよね。それがいわゆる好きなことであり、自分が頭一つ抜けれる場所でもある。」

 

「いくらやっても苦にならないっていうやつだね。」

 

「適材適所ですね。」

 

「そういえば、教育には入っていきたいですね。もともとが学校の先生なりたくて、大学の教職も途中までは取ってて。でも、別に先生にならなくても教育に携わることは出来るし。10月に高校で、話をさせてもらえることになってて、そういう活動も増やしていければいいなとは思ってます。」

 

「じゃぁあれだね、夢っていうよりもやってみたいことはたくさんあるって感じすね。」

 

「やってみたいことはめちゃくちゃありますね。」

 

夢とやりたいことって本来イコールでいいじゃん、とも思うけどね。 夢っていうとさ、叶いそうにない遠いところを目指すみたいなイメージがあるけどさ、それも結局はやりたいことじゃんっていう。」

 

「そういう意味では夢が無限にありますね(笑)」

 

「やりたいことが無限にある2人だね。」

 

「一生が一度じゃ足りないですね。」

 

「足りないね。全然足りてないね。(しみじみ)」

 

「最後に告知があれば。」

 

ないです。

 

ないんかい。

 

お後がよろしいようで(笑)という冗談はさておき、この対談時にはリリースされていなかったジャーニーアーマーのホームページが出来ています。相も変わらず最強にカッコいいヴィジュアル満載のホームページには、クラファンで熱狂的支持を得ていた、世界で一番歩きにくいデニムも販売されています!数量限定なのでお早めに!

 

最後の最後に、この大ボリュームでお送りしてきたマサヤ×ぎおんの対談記事、そこにとんでもなくクールなアイキャッチを毎回作って、私達を大興奮の渦に落とし込んでくれた天才クリエーターは、この彼です!

Robert Lee(ロバート リー )
1995年、千葉県成田市出身
都内の大学へ進学し、大学卒業後は大手商社に入社。約1年で退職し、フリーランスの映像クリエイターとして活動を始める。GHION DENIMの映像制作に加えて、岡山県や広島県を中心に世界レベルのアパレルブランド、産地職人の映像を制作する。
https://www.robertleevisual.com/