ヨーロッパが大好きだった私が、ベナンに興味を持ったワケ 後編

みくにん(@Beninxmiho)です!

「ヨーロッパが大好きだった私が、ベナンに興味を持ったワケ 前編」では、小学校時代~高校時代のアフリカに関係ありそうな国際協力や、途上国に関心を持ったきっかけがあったことをお話ししました!

 

今回の後編では、アフリカに初めて出会った大学時代からのことについてお話ししたいと思います。

 

後編の最後にお知らせもあるので、ぜひ最後まで見てみてくださいね!

活発に行動するようになり、いろいろなことに興味を持ち始めた大学生時代

私は、大学に入ったらやりたいと思っていたことがありました。

 

①外国人の友達を作ること

②国際協力やヨーロッパを中心に、興味があることに触れてみること でした。

 

その結果、大学生の間に、アフリカのベナンを好きになっているとは、夢にも思っていませんでした。

外国人の友達を作るために

私は、日本に帰ってきてから、外国人の友達を作りたいと思っていました。

 

なぜかというと、ドイツから帰国した後、後悔したことが、ドイツに滞在中、日本人とばかりと固まってしまい、外国人とほとんど関わらなかったことだからです。

 

もっと外国人と仲良くなれば、自分の世界が広がり将来の選択肢が増えたのになあ…と思いました。

 

大学生の時、一番身近にいた外国人は、私の大学の留学生でした。

 

大学に入学してすぐ、私の大学の留学生(半年から一年間)のチューターの募集を見つけました。

 

これをやりたい!と思い、応募し、無事チューターになることができました。私の大学は留学生が少ないので、何人かの留学生のことを、何人かのチューターで接するという形をとっていました。

 

そこで、最初は自分が行ったことのある、スイスや、フランスからの留学生とよく話していました。

 

ベナン人の留学生もいましたが、知らないことだらけで、どうやって話しかけたらいいかわからず、一年生の時はほとんど話しかけられずに終わってしまいました。

 

しかし、二年生になってまた留学生のチューターをすることになったので、今度こそ話しかけてみたい!と思い、ベナン人留学生にも話しかけてみました。

 

そしたら、仲良くなれました!そのベナン人留学生は、アフリカ布で作った服を着ていて、大人っぽくて、とてもかっこいい女性でした。

 

それを見て、ベナン人女性ってかっこいい!と思ったのと同時に、アフリカ布っていいなあ!って思い、ベナンに興味を持ちました。これが私がベナンに興味を持った最初のきっかけです。

 

だから、私はアフリカに興味を持つ前に、ベナンという一つの国に興味を持ちました。

興味のある分野を見つけるために

この大学四年間の間に、様々な”初めてな”ことに挑戦しました。

 

【課外活動】
留学生のチューター、吹奏楽、マーチング、アルバイト、ヘアドネーション、大学の学部の雑誌のインタビュー、テレビ出演、ラオスの商品企画・販売を通してラオスの職業訓練校の人たちに教育支援、イベントのブース出展、就活、インターンシップ、公立小学校での算数のボランティア、給食、親なしでの海外旅行(オーストラリア)、日本語教師資格取得、中込孝規さんのダンススクール参加などなど。

 

大学三年生の時にまたまた転機が訪れます。

 

大学三年生の時に出店したイベントで、隣のブースにいたベナン人に話しかけたことがきっかけで、アフリカ布で私のブースで売っているカードケースを作って販売する機会をいただき、私が大好きなアフリカ布を使って雑貨を作るようになりました。

 

その後、アフリカのことを発信している人たちを見てみたいと思い、Twitterを始めました。

 

そこで、ALL ABOUT AFRICAの管理人のマサヤさんや、RAHA KENIYA代表の河野さん、ベナンに住んで活動している内藤さん、マサヤさんとアフリカ横断をしたKorinさん、ベナンでインターンシップをしたり、ドローンを飛ばしていたマサキさん、アフリカと日本をダンス×ネット中継で繋いでいる中込さん、シェリーココの川口さんなど、沢山の方々と出会うことができました。

 

そして、大学を卒業した後、アフリカ布を自分で購入し、手作りのアフリカ布アクセサリーを販売するようになりました。そして、自分でアフリカ布の雑貨・アクセサリーを買い、身に着けるようになりました。

 

私は、大好きなアフリカ布を身に着けていると、自然と気持ちが明るくなります。

 

友達と会うたびにアフリカ布の雑貨・アクセサリーを身に着けるようになりました。

 

そしたら、毎回のようにいろいろな人が興味を持ってくれました。

 

「このイヤリング可愛いね、自分で作ったの?」

「これ、アフリカ布なんだ!かわいい!」

 

といったように。

 

私は、これを通して、アフリカ布雑貨を身に着けることで、アフリカに興味を持つきっかけを与えられているのではないか。と思いました。

 

それから、このアフリカ布雑貨・アクセサリーを通して、アフリカと日本の架け橋になりたい。

 

アフリカの良いところを知って、興味を持つきっかけを作りたい。と思いました。

お知らせ

今月、初めての個人でのイベント出店が決まりました!!!!

 

JICA 映画祭 for AFRICAの2日目に出店します!

 

Twitterで好評だった、アフリカ布印鑑ケースも販売する予定です!

 


出店日時:8月11日(日)(10:30会場 11時~19時)

会場:JICA横浜 地下体育館

販売予定商品:アフリカ布アクセサリー(イヤリング、ピアス(樹脂、サージカルステンレス、チタンに交換可))・雑貨(がま口印鑑ケース)など。

商品例(イメージ)↓

 

詳細は、こちらの記事を御覧下さい!↓


 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!8月11日にお会いできるのを楽しみにしております!