スワヒリ語で

曜日言ってみよう!

こんにちは。ALL ABOUT AFRICAスワヒリ語学習室です。

前回は時間編をご紹介しましたが、皆さん覚えていますでしょうか?

友達と待ち合わせするのに足りないもの、そう曜日です!!

友達に待ち合わせの曜日時間を伝えて、遊びに出かけましょう!

 

月曜日から日曜日、なんて言うの?

日本では一週間は月曜日から始まりますよね。でもスワヒリ地域では土曜日から数えるんです!

 

そのことを頭にいれて、曜日はどのように言うのかを見ていきましょう!!

 

1)  Jumamosi
発音:ジュマモスィ
意味:土曜日

2)  Jumapili 
発音:ジュマピリ
意味:日曜日

3) Jumatatu 
発音:ジュマタトゥ
意味:月曜日

4) Jumanne 
発音:ジュマンネ
意味:火曜日

5) Jumatano 
発音:ジュマタノ
意味:水曜日

6) Alhamisi 
発音:アルハミスィ
意味:木曜日

7) Ijumaa 
発音:イジュマー
意味:金曜日

 

ここで重要なのが土曜日から水曜日で登場する "Juma"。

Jumaはスワヒリ語で「週」という意味。

 

そして皆さんお気づきでしょうか。ここでも数字が重要になってきます。

 

例えば、土曜日のJumamosi。曜日Jumaに1番目のという意味をもつmosiがくっつき、週の一番目すなわち土曜日を意味しています。

 

日曜日はJumaに2番目のという意味をもつpiliをつけて日曜日を意味します。

 

月曜日、火曜日、水曜日は、tatu ( 3 ), nne ( 4 ), tano ( 5 )を用います!!

 

木曜日と金曜日はアラビア語からの借用語で、金曜日のIjumaaはイスラムの「礼拝の日」を意味します。

 

曜日以外の言葉を用いて予定を立てよう!!

予定を立てるのに曜日のことばだけでは不十分ですよね。

 

「来週にはいくよ!」といったような、曜日がはっきり決まっていないとき。そんな時に便利なことばもご紹介します!!

 

1) wiki ijayo

発音:ウィキ イジャヨ
意味:来週

2) kesho

発音:ケショ
意味:明日

3) kesho kutwa

発音:ケショ クトゥワ
意味:明後日

 

ついでに、過去を表す表現も覚えておきましょう!!

4) wiki iliyopita

発音:ウィキ イリヨピタ
意味:先週

5) jana

発音:ジャーナ
意味:昨日

6) juzi

発音:ジュズィ
意味:一昨日

 

これで、曜日、時間を表す表現はばっちりですね!!

 

では、会話例を見てみましょう!

会話例

A: Lini utakuja shuleni?
「あなたはいつ学校に来ますか?」

B: Nitakuja huko Jumatano.
「水曜日に来るつもりです。」

A: Utakuwa na darasa?
「授業があるんですか?」

B: Ndiyo, nitakuwa na darasa la Kiswahili!!
「はい、スワヒリ語の授業があります!」

第13回はこれで終わりです。みなさん、ここまで見てくれて、Asanteni sana! どうもありがとうございました!

 

第14回では買い物で使える表現をお届けします! それでは Kwa herini! さようなら!

Maneno muhimu = 重要単語
Jumamosi=土曜日 / jumapili=日曜日 / Jumatatu= 月曜日 / jumanne=火曜日 / Jumatano=水曜日 / Alhamisi=木曜日 / ijumaa=金曜日 / wiki=週 / kesho=明日 / kesho kutwa=明後日 / jana=昨日  / juzi=一昨日 / lini=いつ / kuwa na~=~がある
小森先生のアドバイスコラム
小森淳子 : 大阪大学外国語学部スワヒリ語専攻・准教授

スワヒリ語の曜日の名前、土曜日から始まるのは、ちょっとおもしろいですね。これは、金曜日がイスラム教の礼拝の日で、仕事もお休みの日。で、次の土曜日から、「また、一週間が始まるぞ!」って感じで、「1番目」となっているわけです。

  「金曜日」Ijumaa はアラビア語からの借用語ですが、これは「集る」という意味の語根から派生しています。だから、スワヒリ語でも、この語根から派生した単語は「集まり」を表しています。たとえば、jamaa「家族」とか、jamii「社会」とか、ね。タンザニアの初代大統領ニエレレが推進した社会主義路線の政策も「ウジャマー(Ujamaa)政策」と呼ばれました。

 アラビア語では、金曜日は同じく「礼拝の集まりの日」ですが、土曜日は「安息日」で、日曜日から「一週間が始まるぞ!」というわけで、日曜日が「1番目の日」となります。だから、アラビア語では、月曜日が2番目、火曜日が3番目、水曜日が4番目、木曜日が5番目の日になります。アラビア語で「5」は「ハミス」。そうです! スワヒリ語の「木曜日」Alhamisi ですね! スワヒリ語で「50」はhamsini ですが、これもアラビア語ですね。

 だから、スワヒリ語では、水曜日Jumatanoも、木曜日Alhamisiも、「5番目の日」という意味なわけです。「なんで木曜日まで、アラビア語にしたの!?」「まぼろしの Jumasitaはどこに行ったの!?」と疑問に思ったあなた! ぜひ、大阪大学外国語学部スワヒリ語専攻に、学びに来てくださいね! Karibu sana!