数字を覚えて
スワヒリ語で買い物に!!

こんにちは。ALL ABOUT AFRICAスワヒリ語学習室です。
今回は買い物、時間など様々な場面で必要な数字です!
時間が言えないと、待ち合わせが出来ないですよね。買い物でも個数を言うのに数は必須。では、さっそくいってみましょう!!
Tuhesabu Namba!!

1~10まで数えよう!

1) moja  発音: モジャ

2) mbili  発音: ンビリ

3)    tatu  発音: タトゥ

4)    nne  発音:ンネ

5)    tano 発音:タノ

6)    sita   発音:シィタ

7)    saba 発音:サバ

8)    nane 発音:ナネ

9)    tisa   発音:ティサ

10)  kumi 発音:クミ

 

ここまでは基本となる1~10。
moja, mbili, tatu...
sabaって魚?!kumiって人の名前?!聞いたことのある音がたくさん!!
何回も口に出していると頭から離れないくらい覚えられますよ!

 

 

20~100まで数えよう!

20 )  ishirini    発音: イシリーニ

30 )  thelathini   発音: セラシィーニ

40 )  arobaini   発音:アロバイーニ

50 )  hamsini   発音:ハムシィーニ

60 )  sitini      発音:シィティーニ

70 )  sabini    発音:サビーニ

80 )  themanini   発音:セマニーニ

90 )  tisini     発音:ティシィーニ

100 )  mia     発音:ミア

1000 ) elfu    発音:エルフ

 

ここまで来たら、あとは組み合わせるだけ。

例えば、11kumi na moja ( 10+1 )になります。

100mia moja、200mia mbiliとmiaの後に数字を並べます!
ということは1000elfu moja、2000elfu mbiliとなります!!

 

これで、買い物はもう大丈夫です!!

 

買い物で使うフレーズはこちらに詳しく書いてありますよ!
▼▼

 

会話例

A:Una miaka mingapi?  「何歳なの?」

B:Ninamiaka ishirini na nne.   「24歳だよ。」

A:Kweri? Wewe ni mkubwa kuliko mimi?   「本当に?私より年上なの?」

B:Ndiyo. Nilizaliwa mwaka elfu moja, mia tisa, tisini na nne.   「そうだよ。1994年生まれだよ。」

A:Sikujua!   「知らなかった!」

第11回はこれで終わりです。みなさん、ここまで見てくれて、Asanteni sana!! どうもありがとうございました!
第12回では時間についてご紹介します。それではKwa herini! さようなら!

 

Maneno muhimu = 重要単語
mwaka=年、歳(単) / miaka=歳(複) / kweri=本当 / ーkuliko~=~よりもー / ndiyo=はい / zaliwa(受身形)=生まれる⇔zaa=産む / -ku-=過去時制(否定形) / jua=知る

 

小森先生のアドバイスコラム
小森淳子 : 大阪大学外国語学部スワヒリ語専攻・准教授

スワヒリ語は、だいたいそのままローマ字読みすればいいので、発音は比較的、簡単。そんな中で、少しだけ気をつけたいのが、mやnで始まる単語です。たとえば、今回みた数字の中では、mbili 「2」と nne 「4」の発音。いちおう、読み方として、「ンビリ」と「ンネ」って書いてあるけど、この2つの「ン」は、口の形が、全然ちがう。
mbili「2」の方の「ン」は、m と書いてあるように、しっかりと口を閉じて発音する。大阪に「なんば」って駅があるんだけど、この「ん」、ね!
nne「4」の方の「ン」は、n の通り、舌を、上の歯茎のうらにしっかりとつけて、口を閉じないで「ン」と発音する。「テント」っていう時の「ン」、ね。「なんば」の「ん」と違って、口を閉じないよね?
こうしてみると、日本語の「ん」っていう音は、m だったり、n だったりして、口の形が違うんだけど、日本人は、あんまり意識してないよね。

スワヒリ語にも、日本語の「ん」と同じ「ン」の音があるわけなんだけど、日本語との大きな違いは、この「ン」が、やたらと単語の初めにくること。日本語では、絶対に単語の初めにはこないから、この違いは大きい。
日本語の「しりとり」は、「ん」で始まる言葉がないことで成立するんだけど、スワヒリ語OKのしりとりなら、最強だねっ!
しりとり → りぼん → ンネ → ねだん → ンビリ → りんご ・・・
まぁ、正確に言えば、「ねだん」の「ん」と、「ンビリ」の「ン」は、発音が違うわけだけど、これが気になるあなた! 百人に一人の逸材! ぜひ大学で言語学を専攻してね!