一方通行な体罰に頼るな。参加型授業でベナンの「貧困サイクル」に挑む日本人教師

ALL ABOUT AFRICAをご覧の皆さん、こんにちは!

 

現在、東京都の教員(現職参加)として西アフリカのベナン共和国で青年海外協力隊として活動している高田裕行です。

 

「教科書を超えた教材になる」「教室から世界を変える」をモットーに、日々の教育活動に励んでおります。

 

前回の記事はこちらから👇

 

今回は、派遣先のベナンでどんな活動をしているかをお話ししようと思います。

 

1. 青年海外協力隊としての活動

私の学校での主な活動は「算数」を教えることです。

 

まず、はじめにみなさんにベナンにおける算数科の課題を知ってもらいたいと思います。

 

算数の課題

 

ベナンの算数の課題
  • 繰り下がりのある引き算ができない
  • そもそも引き算が何かわかってない。
  • 1の位や10の位を揃えずに計算してしまう
  • 教員が問題を解けない
  • 間違えると体罰を受けるので、生徒が積極的に学習に向き合わない
  • 教科書は全員が持っているわけではない
  • フランス語が理解できない
  • 数に対する理解が不十分である
  • 0って何?という生徒がいたりする

 

と思いつくものを書いてみました。

 

「考える算数」の授業実践

 

みなさんは授業中にボーっと時計をみて「まだ2分しか進んでないや」と思ったり、先生の言葉が耳を通らずに、頭の上を通過して「早く終わらないかなー」と授業を受けていた経験はありませんか?

 

私もたくさんあります。

 

ベナンでは、一方的に先生が生徒に説明する講義型のスタイルが主流です。

 

わけのわからないフランス語で約2時間、先生の話を聞かなければならないと思うと、生徒達に同情してしまうこともあります。

 

高田
ベナンは小学校からいきなりフランス語で授業をするので、フランス語がわからない子供は授業には全くついていけません。教師も子供のフランス語力をしっかり把握はしていない状態です。

 

そこで、私は算数の「楽しさ」を知り、「できる」ことの喜びを子供達に味わってほしいと思い、参加型・体験型の授業を作りました。

 

それが私の「考える算数」の授業実践です。

 

考える算数の問題(しっかり考えてね!)

 

それでは、実際に問題を解いてみましょう!!

 

(答えは一番最後にあるので、実際に問題にチャレンジしてみてください)

 

「居眠りカエル」

10Mの井戸の中にカエルがいます。カエルは1日に3M井戸を登りますが、午後になると居眠りをしてしまうため2M落ちてしまいます。さて、カエルは何日目に井戸を出られるでしょう?

 

やっぱり勉強って「わかる」「できる」「楽しい」って思うことが大事だと思います。

 

「教師は教材研究の深さしか教えられない」私が大事にしている言葉の一つです。

 

※算数に関する詳しい内容に関しましてはブログ「教えて!ピタゴラス」をご覧ください。(別ウインドウで開きます。)

 

2. パーニュがつなぐ国際協力

 

次に、日本の中学生と共同して実施したパーニュが繋ぐ国際協力—ザポタ小学校と荒川中学校の生徒が起業家教育の手法を通しSDGs「1.貧困」の解決を目指す国境を超えた共同プロジェクトについて紹介したいと思います。

 

高田
ちなみに、パーニュとは、西アフリカにある伝統的な生地のことで、ベナンでは主に民族衣装として活用されています。

 

 

プロジェクトの概要

 

ベナン共和国の小学校修了率は、一昨年までは77%でしたが、新政権の発足も影響して昨年は、40%まで落ち込んでいます。

 

また、小学校を中退する児童も多く、学年が上がるにつれて、生徒数は減少傾向にあります。その主な要因としては「貧困」が大きく影響しており、教育の機会が十分に保証されていないことが大きな課題になっています。

 

そして、教育の機会が保証されないことによる影響は、あらゆる場面で見受けられます。

 

子ども達は、外国人を見かけると、「ヨボ(白人という意味)お金ちょうだい」と金銭を要求し、金銭ばかりではなく、食べ物や道具など様々なものに対して日常的に物乞いをします。

 

教育が受けられないことで、読み書きができなくなり、仕事に就くことが困難になったり、もし仕事につけたとしても低収入の中での暮らしを強いられ、十分な食べ物も買うことができず、栄養もとれなくなります。

 

その結果、病気にかかったり、稼ぎを増やすために自分の子供を働かせるため、その子供も学校に通えないという「貧困のサイクル」を少しでも改善したいと考えています。

 

そのような「貧困」の現実から抜け出す一つの方法として、子供達に「お金を稼ぐ」という経験を通して、自立のヒントを与えたいと思い、新潟県村上市立荒川中学校の生徒と協同して「起業家教育」の手法を通した教育実践を行うことにしました。

 

 

起業家教育は、現在日本でも注目されている教育活動であり、会社設立の過程、モノの仕入れ、生産から流通、消費までの一連の流れを児童生徒に学ばせ、実際に「製品」を作り「利益」を獲得しその利益を自分たちでどのように使うかを考えさせるというものです。

 

「どのような製品が誰にだったら売れるのか」
「仕入れ代や輸送代はいくらかかるのか」

 

などを学習し、製品を作ります。

 

今回はパーニュを使ったサンダルを製作しました。作られた製品は、荒川中学校の生徒会が中心となって、地域バザーで販売します。

 

荒川中学校は、このバザーに向けて、

 

  • 全校生徒へのプレゼンテェーション
  • マーケット調査の方法を学ぶために「グローカルマーケティング」という企業から出前講座
  • さらに2019年7月に私が一時帰国したタイミングで「青年海外協力隊員によるベナン出前授業」を行いました。

 

 

日本の中学生がベナンの貧困に対して「社会参加」を通して、その解決を目指していく国境を超えたプロジェクトになっています。

 

サンダル製作の授業を大公開!

 

ベナンの子供達が授業を通して、学んだことが実社会の中で評価されたという成功体験を実感させ、彼らが成長し、大人になった時に「貧困」から抜け出す上でのヒントを一つでも多く与えたいと考えています。

 

まずは「生産」から「流通」、「消費」の流れを買ってきたサンダルで説明し、利益を生み出す流れを確認後、パーニュを使ったサンダル制作します!

 

製品が汚れないように、まず手を入念に洗わせ、丁寧に制作しました。

 

 

そして最後は値段設定の話し合い。

 

最終的に先生が決めるというベナンらしいアクシデントもありましたが、児童も納得し、日本円で200円に決定!

 

 

この200円という価格はベナンでは約1000CFAとなり、これだけあればザポタの小学生は1ヶ月分の昼ご飯が食べれるくらいの価格です。

 

高田
しっかりフランス語を準備して、先生と打ち合わせを重ねたことが大きかったです!

 

そして、何より子ども達の表情が今までで1番真剣でした。

 

「お金」を稼ぐという、外発的な動機付けではあるものの、「生きるために学ぶ」ということの意味を子ども達から教えてもらった気がします。

 

また同様に、このプロジェクトがこれからの時代をリードする日本の子供達に世界の問題を「当事者」として、その解決に向けて取り組んでいく態度を育成することができるものだと信じています。

 

※プロジェクトについては、facebookでも随時公開していきますので、興味のある方はぜひご覧ください。

 

10月20日に国際協力バザー開催!

2019年10月20日に新潟県荒川総合体育館にて、荒川商工業祭が開催されます。ベナンの子ども達が作ったパーニュのサンダルに加え、荒川中学校の生徒手作りのパーニュで作ったシュシュやティッシュカバーが販売されます。中学生による国際協力バザー、売上はベナンの子ども達の元に送られます。ぜひご来店ください!

※国際協力バザーが無事終了しました!

 

中学生が行った国際協力バザー。

  • ベナンの子どもたちが制作したパーニュサンダル27足
  • 中学生が制作したバンダナ17枚
  • シュシュ18個
  • ティッシュケース25個

何とオープンから2時間20分で完売しました!

 

その後も、掲示物を見て足を止め、募金してくださる方々が多く、とてもありがたかったです。

 

「ベナンてどんな国なの?」
「ベナンと中学生が繋がったきっかけは?」
「マーケティングを中学生が学ぶってすごいね!」
「自分が中学生ときにもこういう活動をやりたかったな。応援しています。」

などなど、たくさん声をかけていただき、1日を終えた中学生の表情は充実感に溢れていました。

 

売上金33,200円と、募金8,225円で学用品を購入し、ベナンの子どもたちに届けます。

 

ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました!

「居眠りカエル」回答

あ!算数のカエルの問題ですが、答えは8日です。

 

高田
まず10日と答えてしまったそこのアナタ!惜しかったですね〜 解説をしますので、次は答えられるように頑張りましょうね!

 

初めに確認ですが、カエルは1日に3メートル井戸を登り夕方になると2メートル落ちてしまうんでしたね?

式にすると「3 -2=1」で1日にカエルは1メートル井戸を登ることになりますね。

2日目は2メートル
3日目は3メートル
4日目は4メートル

カエルはどんどん井戸を登って行きます。

そしていよいよ8日目に到達しました。
8日目の朝の時点でカエルは8メートルの時点にいますね。

いつものように、カエルは3メートル井戸を登ります。
おやおや 朝3メートル井戸を登るんでしたね。

ということは「8 +3 = 11」となるので、 8日目でカエルは完全に井戸を脱出できるということになりますね!

したがって、カエルが井戸を脱出できる日は8日目ということになるわけです!

 

「できる」と算数って楽しいですよね!

 

それでは次回はいよいよ、「長友ドリーム」について書いていきます。お楽しみに!

 

SNSアカウント:協力隊での活動を公開していますのでぜひご覧ください】

Facebook : https://www.facebook.com/profile.php?id=100003016694462

ブログ:http:// hiroyuki913.hatenablog.com/

twitter:http://twitter.com/7hiroyuki9