この夏、人とは違う体験がしたい人必見のツアーをご紹介!

 

  • アフリカに興味がある
  • アフリカで何か行動に移したい
  • 一味違うアフリカツアーを体験したい

 

夏休みが近づいてきている今、メラメラとこんな気持ちを高めているAAA読者に是非知って欲しいツアーがある。

 

それは、旅行会社として今年31年の実績を持つ、フレックスインターナショナルが2014年から開催している

「現場へ行こう。体感型アフリカツアー」

「体感型」アフリカツアーとは
✔ "アフリカの専門家"がツアー全行程に同行
✔ 現地取材の現場、TVロケの現場へ
✔ 真実を見て、触れあって、考え方が変わるツアー
✔ 学生・社会人、そして主婦の方も”現場”へ
✔ 国際教養編、ワイルドライフ編、拡がるテーマ
✔ 旅行会社主催の安心感

発案者は、1970年代に初めてアフリカへ渡り、

1990年からアフリカ紛争取材のフリージャーナリストとなった大津司郎氏

とにかく若者に外に出て欲しい、現場を知って、考えて貰える機会を

日本の外を知らない危機感を自覚して欲しい

アフリカの「現場」をみることで、得られる感情をダイレクトに受け取って欲しい

こうした信念のもと、徹底した、この現場体感型スタディーツアーが誕生した。

 

長きにわたって築き上げられてきた貴重な人脈やネットワーク、体験が惜しげもなく、活かされたプログラムが盛り込まれている。

 

大津司郎氏だけではない。

 

これからご紹介するカメルーンツアー同行のもう一人の"アフリカ専門家"

和崎春日氏も同様にその経験と人脈、ネットワークを生かしたプログラムを盛り込んでいる。

 

いずれの共通点も、「知ってほしい」という想いが詰まったツアーだ。

 

そしてこれらのツアーの参加者は多岐にわたる。

国際協力に興味のある学生や社会人はもちろん、過去の最年少参加者は高校生(17歳)そしてリタイアされた方々も。女性や主婦の方が数多く参加している。

 

本格的な学びの為の参加も、「理由は特にないけれどなんとなくアフリカに行ってみたかったから」という動機の参加者も多い。

 

この多岐にわたる参加者が集まる理由はこのツアーを催行している旅行代理店の実績と徹底した安全管理にある。

 

創業31年、フレックスインターナショナルは、その長い経歴の中で実に様々な顧客の海外渡航を、ニーズにあった航空券を出来るだけリーズナブルに提供してきた。

そしてこのツアーにおいてフレックスインターナショナルは、大津氏の「安全を超えるプライオリティーはない」の方針に賛同し、ツアーを実施する上で何よりも優先すべきは安全を徹底している。

 

2019年夏の開催は2ツアー

「現場へ行こう。体感型アフリカツアー」

そのすごさについて冒頭から少し熱く語りすぎてしまったけれど、気になるこの夏の開催は2ツアー

それでは大変お待たせいたしました!

スタディーツアー2019夏:和崎春日と訪れるカメルーン・バムン王国 学びの旅

その全貌を徹底解明していくよ。

 

もうひとつのスタディーツアー

2019夏:大津司郎同行ケニアの現場で一帯一路を知る×サファリで大自然を堪能

その全貌はこちらの記事から!

 

その前に…

カメルーンのことについて勉強しよう(実はAAAにもまだカメルーン滞在経験者がいない)

 

【明日から使える豆知識】カメルーンってどんな国?

国名の由来:エビ(ポルトガル語でカマロンイシュ)
※15 世紀に最初に渡来したポルトガル人が、この地方を近海でとれるエビで呼び習わしたから

面積:日本の約1.3倍

人口:2,405万人(東京近郊都市の人口合計と同じくらい)

首都:ヤウンデ(Yaoundé)

民族:250のグループ

言語:250の言語(公用語は英語と仏語)

宗教:イスラーム、プロテスタント、カトリック、民族宗教、自然崇拝

気候:熱帯雨林からサバンナ、乾燥、砂漠まで、地域によってあらゆる気候が体験できる

補足:2010年W杯にて日本代表がカメルーンと対戦 1-0で勝利

 

 

和崎春日と訪れるカメルーン・バムン王国学びの旅の概要

【アフリカの縮図】であるカメルーンにて多様な文化、複雑社会を知る。

アフリカのあらゆる気候、地勢がカメルーンにはある。

それが【アフリカの縮図】と呼ばれている理由だ。

基本的にはアフリカの人々は複数言語を話せる。

それは道端でパンを売っているおばちゃんにも当てはまる。

公用語であるフランス語、英語・自分の出身民族の言語・近郊の民族の言語、文字は書けなくとも、完璧でなくとも、マルチリンガルなのだ。

中学から約10年勉強する英語もままならない日本人と、どちらが国際感覚を身に付けているのか。

何故ここまで多言語を話すようになったのかの歴史的背景の複雑さと含め、国際性とは何かを直に学ぶ旅になる。

 

「現場で行こう」ツアーでしか出来ない5つのスペシャルな体験!

1、カメルーン渡航歴は25回!ツアー同行の和﨑春日氏の経歴がすごすぎる!

その正体は「前日本アフリカ学会副会長×大学教授×バムン王国の王子!?

和﨑春日(わざきはるか)氏
前日本アフリカ学会副会長。名古屋大学教授を経て、中部大学国際関係学部教授。社会学博士(慶応義塾大学)。幼少の一時期、父 和崎洋一氏(故人:京都大学名誉教授/著書「スワヒリの世界にて」「スワヒリ日本語辞典」)の下でタンザニアの村で過ごす。日本の民俗学にも精通。25回通算6年のカメルーンのフィールドワークでバムン王国の王から王子の称号を貰う。近年、とくに多くの民族が共存共生するアフリカの都市状況について研究。

 

2、Wikipediaが存在しない謎の「バムン王国」を訪問+金曜大礼拝に参加出来る!

ネットがここまで発展した今、欲しい情報はそのほとんどがGoogleに聞けばわかってしまう。

 

気になる場所を調べ、Wikipediaを読み、イメージ画像で実際に行った気分になり、それを「知識」として自分の中にインプットする。

 

それはそれで、現代社会の恩恵だ。

 

でも、実際の世界はそんなに単純じゃない。

未だなお、ネットの検索だけではわからないことは山のようにある。

実感はあまりわかないけれど。

 

今回訪れる「バムン王国」は実は、WikipediaやGoogleに情報がほとんど存在しない。

だからこそ、「足を運ぶ」「その目で見る」「空気を感じる」

 

飛行機でお尻が痛くなるくらい長い時間移動して、そこから更に車に揺られて、汗をかきながら、やっとの思いでたどり着く「現場」

 

それはその行程を含め、すべてが自分の経験と知識になる。五感そのすべてを伴って自分の中に刻み込まれる「情報」その尊さを、是非このツアーを通じて実感して欲しい。

 

イスラム文化が深く浸透しているバムン王国では、金曜日が大切な礼拝の日。

その礼拝になんと「横から」参加しちゃいます!

更に更に!もし運がよければバムン王国の王族の方々にも謁見できるかもしれないとの情報も⁉

日本ではまだまだ馴染みの少ないイスラム教、その礼拝に立ち会える機会は王子の称号を持つ和﨑氏の同行があってこそなのでは…

 

3、バムン王国の人々の暮らしぶりを知る、村民のお宅訪問!

スライドショーには JavaScript が必要です。

バムン村の至るところにヤシの木があり、人々の生活を支えている。

ヤシを使った工芸品や民家など、その使い道にも実は階層がある。

実際に村民の家を訪問し、王国の階層制および多様性を知る。

王国の特色を知る貴重な機会になることは間違いない

 

4、英仏植民地の歴史と現実を学ぶ、同民族分断の境界まで!

1901年から1972年までのカメルーンの領域の変遷
オレンジ:ドイツ領
赤:イギリス領
青:フランス領
(Wikipediaより)

 

同民族にも関わらず、英仏の植民地化によって2つに分断されたティカール民族。

西カメルーン(旧イギリス領)と東カメルーン(旧フランス領)に分かれていたが、今は統合されている。

しかし、少数派であるの英語圏は長年政府に対して不満を抱えており、分離独立運動の動きがある。

危険を避けて、英語圏、仏語圏の境界まで、実際に足を運ぶ。

植民地化の歴史を深く学ぶ、またとないチャンス

 

5、現在進行形で形成中!? カメルーンの中華街を訪れる

 

今この時代、旧領主のフランスやイギリスとの関係を超える勢いで、アジアとの交流が大きな勢いをもって促進されている。

カメルーンで、小学校の建設といえば、日本。

しかしビジネスとして大きな影響力を持っているのは中国なのだ。

最大都市ドアラでは、急激に中国人が増えていて、中華街が現在進行形で形成されている。

アフリカとアジアの今後を肌で感じることが出来る。

 

※ツアー内容として全てが確約されているわけではないが、道中に時間や状況が許せば、和﨑氏のアレンジでさまざまなここに挙げた以外の体験のチャンスがあるかもしれない、それがこのツアーの魅力でもある!

 

旅程


※現地の情勢、受入先の都合により、一部行程が変更となる場合があります。

旅行代金・条件

旅行代金


一般価格:558,000円

学生割引:538,000円 ★世界へ飛び出す学生を応援します!

※別途空港諸税、燃油サーチャージ等がかかります。

 

コース日数


8日間

 

利用予定航空会社、利用予定ホテル


エチオピア航空

ヤウンデ:MARINA HOTEL 又は同等ホテル

フンバン:PARADIS HOTEL 又は同等ホテル

ドゥアラ:PLANET HOTEL 又は同等ホテル

 

添乗員


なし ※ガイドとして和﨑春日氏が全旅程同行します

 

最少催行人員


5名

 

料金に含まれるもの


往復航空券、ホテル、現地移動の車、旅程に記載のある食事

 

料金に含まれないもの


ビザ代、黄熱病予防注射代、現地ガイドやドライバーへのチップ、飲み物代、クリーニング代

 

ビザ、イエローカード(黄熱病予防注射)に関して


入国に際し、ビザが必要です。フレックスインターナショナルで代行手配も可能です。

カメルーン渡航には、黄熱病の予防注射が必要です。指定病院での予約制ですので、お早めに準備ください。

 

ツアーで気になるところ、全部聞いてきた!

ここまでガッツリとご紹介してきた、このツアー

 

きっと興味はめちゃくちゃに湧いてきてると思うけど、実際に参加することを考えると、色々聞きたい事たくさんあるよね!そこで、代表して気になる質問を全部ぶつけてきたよ!

 

参加者ってどんな人が多いの?

過去のツアーでは7:3で女性の割合が多いです。なかでも高校生や大学生が多いですが、社会人、主婦、学校の先生など、多岐にわたります。

下記ページには過去にご参加頂いた方のアンケートを掲載させて頂いております。

過去のスタディーツアーはルワンダ、そしてタンザニアになりますが、宜しければご参照下さい。

https://africa-tour.flex-inter.co.jp/kakotour.html

他の参加者の情報って事前にわかるの?
催行が決定した段階で、男女比や年代等のご案内は可能です。
アフリカ(海外)に行ったことがないから不安(両親がとても心配している)

当社のツアーに参加されるかたのほとんどが初アフリカ(場合によっては初海外、初飛行機の方も!なので、そのあたりのケアはおまかせください!ご希望の方には個別に説明会にも対応します。

心配な点は不安が解消されるまでなんでもご質問ください。
また、安全を最優先しておりますので、基本的には危険な場所へは行きませんが、情勢の変化等によっては訪問場所を変える、または中止する等のケースもございます。

代金の支払い方法は?
銀行振込、カード決済、店頭でのお支払いも可能です。
部屋の割り当てってどうなるの?

こちらのツアーは1名1室のプランとなります。もしご友人やご家族で参加ご希望の場合で相部屋がご希望の場合は都度現地に確認致しますのでご相談ください。

 

ご飯はどんなものを食べるの?

現地のカメルーン料理もあれば、ホテルの食事などは欧米で提供されるものと変わりません。

アレルギーに関しては機内食等はご希望があればリクエスト可能ですが、現地での食事はご自身で都度確認いただく必要がございます。

現地でSIMなどは買える?ホテルにフリーWiFiはある?
SIMを現地で購入することは可能です。またホテルもWiFi完備ですが、フロントのみでお部屋で使えないケースや、アフリカのインフラ事情もあって常に安定した接続はお約束できませんのでご了承ください。
どこで両替すればいい?お金はいくら持っていけばいいの?

両替にはドルかユーロをお持ちいただき、空港やホテル、途中で両替所に立ち寄る機会があればそちらで現地通貨に変更ください。

都市部ではクレジットカードが使える場合もございます。現地で使うお金は飲み物やお土産など多くはないので、日本円で3万円相当の金額があれば十分です。

申し込んでから出発までの流れは?
お申込みいただいたお客様へは予約確認書・請求書をご案内致しますので、所定の期限までにご入金ください。出発1か月前までに催行可否の判断をし、皆様にご案内致します。
その後旅のしおりや必要書類等を郵送しますので、持ち物の注意点やビザ等の準備を進めていただきご出発となります。
ホテルや航空券はいつごろ自宅に届くの?
ホテルバウチャーはございませんが、Eチケットや旅のしおり等の資料は催行可否決定後となりますので出発3~4週間前にはお届け致します。

 

まとめ

改めて、このツアーで出来る凄い体験を一覧で!

和﨑春日と訪れるカメルーン・バムン王国 学びの旅の5つのスペシャルな体験!

1、カメルーン渡航歴は25回!ツアー同行の和﨑春日氏の経歴がすごすぎる!

2、Wikipediaが存在しない謎の「バムン王国」を訪問+金曜大礼拝に参加出来る!

3、バムン王国の人々の暮らしぶりを知る、村民のお宅訪問!

4、英仏植民地の歴史と現実を学ぶ、同民族分断の境界まで!

5、現在進行形で形成中!?カメルーンの中華街を訪れる

 

25回のカメルーンへの渡航経験、中部大学国際関係学部教授であり社会学博士の和﨑春日氏と訪れるこのスタディーツアー、現場に足を運ぶからこそ見える世界を何よりも大切にしている。

 

国際協力に興味がある人も、

アフリカという場所そのものび興味がある人も、

人とは違う特別な夏の思い出が欲しいと思っている人も、

どんな理由でもいい、どんな動機でもいい

 

このツアーへの参加をキッカケにアフリカの「今」を知り、日本を振り返り、そして自分の振り返りへとつながっていくまたとない機会になる。

 

そしてそれはきっともっと広い世界へ参加者を連れて行ってくれる。そう思って今回このツアーの特集を組んだ。

 

プロの目線で、アフリカを把握する。
ありとあらゆる価値がここには詰まっているように強く感じる。

この値段を「高い」と思うのか、

「これほどの貴重な体験がこの価格で得ることが出来る」と思うのか、

こればかりは簡単に決められることではない。バイト代や仕事の都合があるのも痛いくらいにわかる。

 

でも、敢えてその一歩を踏み出して、是非広くカメルーンの「今」をそしてアフリカという国の多様性と魅力にどっぷりハマってきて欲しいな!

 

そして是非、きっと想像をはるかに超える経験と感動を得て帰ってきて、このAAAの「カメルーン体験記」第一号執筆者になっていただければ、こんなにも嬉しいことはないです。

その経験、感動、たくさんの人にシェアして欲しい!よろしくお願いします!

 

もうひとつのスタディーツアー

2019夏:大津司郎同行ケニアの現場で一帯一路を知る×サファリで大自然を堪能

その全貌はこちらの記事から!

 

 

参加を決めたら!

合わせて読みたいお役立ち記事!