きっとあなたも行きたくなる!世界遺産マラウイ湖の絶景&グルメ満喫旅
SONY DSC

Bho! YUMEKOです。

 

青年海外協力隊としてマラウイでの2年の任期を終了し、ちょうど1年が経つ今、ご縁がありAAAでアフリカの魅力について語る機会を頂きました。

 

これから沢山の人にマラウイやアフリカ諸国の魅力を少しでもお伝えしていければと思っています。

 

前回の記事はこちらから

 

さて、早速ですがマラウイにはいくつの世界遺産があるか知っていますか?

 

正解は2つ。

そしてそのうちの1つが、マラウイの誇るマラウイ湖!

 

バケーション行ってきたんだー!

とマラウイ人に言うと、

 

レイク行ってきたの?

っと必ず返される。

 

マラウイ人にとって、バケーションといえば「レイク」です。

 

マラウイ湖には800種以上の魚類が生存し、そのほとんどが固有種だと言われ海洋生物学者の間ではなかなかホットなスポットなんだとか。

 

湖沿いには素敵な街が多いので、今日はその湖畔の街々とマラウイ湖グルメを紹介したいと思います。

 

サンライズが素敵!ーカロンガー

 

タンザニアとの国境の街、カロンガ。

ここのオススメはサンライズ!

 

湖畔のビーチから登る朝日と頭に桶を乗せてとれたての新鮮なお魚を買いに行くお母さん達をゆったり眺める事ができます。

 

何と言ってもここの名物は特大チャンボ(マラウイ湖固有種)!だいたいどこの湖畔の街でも食べることができますが、このビッグサイズのチャンボが食べられるのはカロンガだけらしいです。

 

そして生ウシパ!

ウシパと呼ばれるこの小魚はマラウイの至る所で食べられているのですが、全て一度干されて干物状態になったもの。

 

生の新鮮なウシパを調理して食べさせてくれるのもカロンガだけなんだとか。

 

山頂からの絶景!ーリビングストーニアー

湖畔ではないのですが、山の上にあるリビングストーニアの街からマラウイ湖を見渡すことができます。

 

チョンベプラートという山へのハイキングを終えて見る景色は最高!大きく広がる青いマラウイ湖はとても美しいです。

 

天気が良ければ湖の向こう側にタンザニアとモザンビークが見えます!

 

ここでしか食べられない魚料理!ーカタベイー

マラウイ北部の湖岸の街、カタベイ。

 

カタベイ付近は水深が深く、ここでしか取れないと言われている魚バタフィッシュを食べることができます。

 

北部名物コンドーレ(メイズ粉とキャッサバ粉を混ぜて作ったモチモチの主食)とバタフィッシュの素揚げ。

バタフィッシュは脂がのっていて本当に美味しいです!

 

写真映えロッジで1泊!ーコタコター

灼熱、米どころのコタコタ。何よりも名前が可愛い!

 

湖畔にポタリー(陶器)のある可愛いロッジがあります。

 

ぜひそこに泊まって湖を眺めながら、ポタリーの絵付け体験をしてみてください。

 

絵付けの後はポタリーの可愛いお皿でまったりランチを。ちなみにこれが普通サイズのチャンボ。

 

チャンボはマラウイ湖でとれる代表的な魚でティラピアの一種です。現地の人々にとっては高級魚ですが、「世界で一番美味しい魚」と言う人もいるくらいマラウイ人が大好きな魚です。

 

首都からのアクセス抜群!ーサリマー

マラウイの首都リロングウェから一番近い湖畔の街。

 

フェスが開催されたりもしているのでタイミングが合えば参加するのも楽しいと思います!

 

私はSand Music Festivalというフェスに参加したのですが、アフリカの有名なアーティストも来ていてなかなか盛り上がっていました。

 

サンセットは絶対にここ!ーケープマクレアー

湖畔のリゾートといえばケープマクレア。レイク沿いで夕日を見るなら絶対にここ!

 

ロッジがやっているサンセットクルーズにのって船の上から夕日を見るのもオススメです。

 

世界遺産に指定されているマラウイ湖の国立公園にアクセスできるのもここからです。

 

めちゃくちゃ綺麗なクリアウォーターなのでボートの上からでもこんなにカラフルな魚達を見ることができます。

 

ビーチ沿いにロッジが沢山並んでいるから夜も比較的安全なのでぜひ夜空をゆっくり眺めてください。私はここで流れ星を数えるという贅沢をしました。

 

最後にもう1つ紹介したいマラウイ湖グルメはカンパンゴ。淡白な白身で癖がなく美味しいです。

 

どんな魚かというと・・・。

ナマズの仲間だそうです。
ちなみに左がカンパンゴ、右がナマズ。

 

湖にある離島!ーリコマ島ー

余談ですが、実はこの広いマラウイ湖の中には離島があります。

時間がある方は是非リコマ島へ足をのばしてみてください。ビーチはどこも本当に綺麗。

 

こんな素敵なリゾートもあります!

 

島の中に自生しているバオバブの木はなかなか見ごたえがあるし、

 

島へ渡る時に乗る船がなかなかアドベンチャラスです。

時間がなければ首都からセスナも飛んでいるそうなので、是非お試しあれ。

 

マラウイおいでよ!

マラウイって内陸国だし、隣国のタンザニアやザンビアに比べると見どころが少なくてスルーされがち…。

 

マラウイおいでよ!
マラウイって何があるの?何もないじゃーん
。。。。。。

 

そんなこと言わないで!

 

たっぷりご紹介してきたように、マラウイには世界遺産のマラウイ湖があります‼

 

マラウイ単体での旅はうーん…っていうそこのあなた!

 

タンザニア、ザンビア、モザンビークなどとの周遊で寄ることをオススメします!

 

主要な国境の街はこちら。

 

  • タンザニアからはカロンガ
  • モザンビークからはチポンデ
  • ザンビアからはムチンジ

 

3カ国から、3ヶ所の街を通ってマラウイに入国できます。

タンザニアから入って湖沿いを南下しながら湖畔の街を巡って西へ抜けてザンビア、または東へ抜けてモザンビークへ!なんていう旅はいかがでしょうか?

 

マラウイで便利な挨拶!

冒頭の挨拶はマラウイで親しい友人や子ども達と交わす簡単な挨拶。

「Bho?」と言われたら親指立ててグッドサインをつくって元気に「Bho bho!」と返してみてください。

とても簡単だし、子どもも大人も喜んでくれます。