みなさん、こんにちはー!
ご無沙汰しておりますが、お元気ですか??😄

 

これまでの3つの記事は、ザンビア・ジンバブエ・エジプト観光について書きました!

▽これまでの記事はこちらから

 

今回は、ザンビアの休日に訪れたちょっとマニアックな観光地?と、私が国連でインターンをしていたお話を書こうと思います!

 

マニアックな観光地

ザンビアと一口に言ってもめちゃくちゃ広いです!面積は、なんと日本2つ分くらいです(゚ω゚)

 

そんなザンビアの、ビクトリアフォールズ以外の以下三つのマニアックな観光地をご紹介します!

❶ クロコダイルパーク

❷ ザンベジ川

❸ カリバーダム

 

 

❶ クロコダイルパーク

休日に行くところとしては、1つはクロコダイルパークです。

 

その名の通り、クロコダイルがいる公園風なところで、こんなクロコダイルの肉を食べながら、ビールを飲みます!

 

なんとここには、クロコダイル以外にも、ヘビと戯れることができます!^_^

 

毒は持ってなかったはずなんで、多分噛まれても大丈夫だと思います。

 

が、ケガには気をつけてくださいね笑笑

 

 

❷ ザンベジ川

もう一つは、ザンベジ川でBBQです!

ザンベジ川はとっっても広くて、

 

野生のカバもいます

見えにくくてすみません…笑

 

ザンベジ川を散策した後は、お肉を食べながらお話しして過ごすのですが、それが楽しすぎてあっという間に時間が過ぎてしまいます。

 

気付けばこんな綺麗な夕陽が見え、
自然の中で生きているんだという感覚を味わうことができます😚

 

次の日は、豆を煎るところから始め、完全手作りのコーヒーで目を覚まし、一日を迎えます!

 

 

❸ カリバーダム

そして、世界でも有数の保水量を誇るカリバーダムです!

 

このダムはジンバブエとザンビアの国境にあり、ダムによる人造湖の面積は5180㎢に及び、世界最大です。

こちらがダム内ですが、大きすぎて遠くが見えませんね笑

 

こちらはダム外で、かなり長いのがわかりますね

 

しかし、こんなに素晴らしいダムがあるザンビアでも、水不足で度々停電が起こります。

 

今は状況が変わってるかもしれませんが、僕が滞在してた頃(2015/9~2016/2)は、一日8~10時間ぐらい停電してました😭

 

国連インターンについて

僕は、2015年の9月末から約5ヶ月の間、UNYV(国連ユースボランティア)として、UNV Field Unitというところでインターンをしていました!

これは、UNDP(国連開発計画)という、国連の開発援助の先頭に立つ機関の傘下にある組織です。

事務所での仕事風景

 

 

主に広報官として活動しており、

  国連の活動を一般の人たちへ届ける

❷ GBV(性に基づく差別)のモニタリング調査

の2点に取り組んでいました。

 

 

❶ 国連の活動を一般の人たちへ届ける

現地の方にとって、国連って聞くと敷居が高いそうです。

 

確かに扱うテーマは広いのですが、特にザンビアでの深刻な問題にフォーカスしています。

 

僕が担当していたのは、エイズによりが原因で亡くなる子どもを減らすためのプロジェクトです。

UNFPA(国連人口基金)という、ジェンダーや性教育、保険医療を届ける役割を担っている機関と協働で行いました。

 

この時のPプロジェクト活動の目的は、コンドームの正しい使い方を伝えることで、「性行為を行う際に正しく避妊することを促す」というシンプルなものです。

 

現地のミュージシャンを呼び、深刻にならず、でも真剣に考えられるようなイベントを開催しました。

 

 

GBV(性に基づく差別)のモニタリング調査

ザンビアの田舎の地域では特に、女性だからという理由で、DVや性暴力を受けることが多々あります。

 

なぜなら、男性側に正しい知識と理解が足りていないからです。

 

もちろん、全ての男性がそうというわけではありませんが、この状況を少しでも良くするために、UNDPの人たちとチームに参加させてもらい、モニタリング調査に加わりました。

道なき道を進み

 

現地の村まで行きました!

 

しゃがんでいる男性は元加害者ですが、今は自分のような男性を減らすために日々奮闘しています。

 

僕は、主にUNDPと地方行政府の方々とお会いしました。

マクロな立場からモニタリング調査に携わりましたが、草の根で地方の住民たちが結束して日々問題解決に取り組み、ムーブメントを生む姿には、これからの国際協力について考えさせられるものがありました。

 

この他にも、Clean up campaign若手の社会的責任醸成のためのスピーチコンテストの広報にも取り組みました。

ザンビア以外にも様々な国が対象となっているので、興味ある方は以下のURLを参考にしてみてください!

国連ユースボランティア

 

今回の記事は以上となります!

ザンビアという遠く離れた国で、雄大な自然やアフリカの暖かい雰囲気に触れ、とても心がほっこりしました😚

 

職場の人もノリが良く、仕事でミスしてもクヨクヨすることなく、どうやったら状況をよくすることができるかを常に考えていました

様々な面で日本では得られない経験をさせてもらったことで、今の僕の考え方にとても大きな影響を及ぼしてます😎

 

これで僕のアフリカの記事は一旦終了となります。またいつかアフリカのどこかに行くと思うので、その時はまたALL ABOUT AFRICAの記事に戻って来れたらと思います!

それではまた会う日まで〜!😄