With/Afterコロナの世界をより良い世界にHack=書き換えよう 「Hack the World -もっと叫んでいい-」開会式を7/24にYouTube LIVEにて生配信

 

自ら社会にはたらきかけ、未来をつくりだす若い世代の挑戦を支える特定非営利活動法人ETIC.(以降ETIC.)は、途上国はじめすべての人々に健康的かつ豊かな生活を送るための支援を行うビル&メリンダ・ゲイツ財団(以降ゲイツ財団)より協賛を受け、オリンピックの開会式が行われる予定であった2020724日にWith/Afterコロナの世界を「Sustainable Development GoalsSDGs:持続可能な開発目標)」を軸により良い世界に書き換える「Hack the World -もっと叫んでいい-」開会式をYouTube LIVEにて生配信します。

 

誰もが明るい未来を想定していた2020年。次々と世界の風景が一つのウイルスによって書き換えられました。しかし、書き換えられている風景をただ眺めているだけでは希望を持てません。

 

私たちが書き換えていかなければなりません。

 

Hack the World」とは、With/Afterコロナの世界のありかたを誰も見いだせない今、2030年までの世界の風景を次々にHack=書き換えようという、思考実験型のプロジェクトです。

 

開会式では、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使を務めるMIYAVI氏をメインパーソナリティにお招きし、苦境にあっても自らの意思で世界を書き換えようと行動する“Vision Hacker”たちと熱いトークセッションを繰り広げます。

 

よりよき社会のビジョンを自分なりに描き、未来をポジティブに書き換えたり、コロナ禍でも貧困課題の解決やSDGsの達成に挑む人、それが本イベントが提唱する”Vision Hacker”です。今日最大の社会課題の一つであり、ゲイツ財団が注力するグローバルヘルスの“Vision Hacker”も登場します。

 

さらに、この724日をキックオフとして、“Vision Hacker”たちがリスナーとつながり、ともに実行していく参加型アクションも応援していきます。

 

2020年の夏を「希望の祭典」、新しい開会式がはじまります。

 

イベント概要
  • 日程: 2020年7月24日(金)
  • 時間:
    第1部「コロナの世界を書き換える Vision Hackerたち」 17:00~18:30
    第2部「わたしが今からできること」 19:30~21:30
  • 出演者:石井佑充氏、寺本将行氏、永井陽右氏、牧浦土雅氏、安田クリスチーナ氏
  • メインパーソナリティ:MIYAVI
    配信URL: https://youtu.be/0_avZ2-jwQo
  • 主催:特定非営利活動法人ETIC. (Hack the World実行委員会)
  • 制作協力:株式会社NHKエンタープライズ、Forbes JAPAN
  • 協賛:ビル&メリンダ・ゲイツ財団

【本件に関する問い合わせ】
特定非営利活動法人ETIC.(担当:赤尾、森本)
Mail:info@etic.or.jp

Vision Hacker”とは?

自らのビジョンで、現在や未来の世界の風景を書き換えようとする人を、私たちは “Vision Hacker”であると定義します。

 

特にビル&メリンダ・ゲイツ財団では、グローバルヘルスやSDGs1-6(貧困、飢餓、栄養不良、水、教育、ジェンダー)の分野で活躍するVision Hackerを今後発掘していきます。

開催期間

724日を本プロジェクトのキックオフ(開会式)とし、9月まで世界の風景をHackしようとする次世代リーダー等による様々な参加型アクションを応援していきます。

 

こうした取組を通じて、世界をHackしようとするVision Hackerを世の中に輩出していきます。

 

なお、参加型アクションについては724日以降、公式SNS上で展開していきます。

「もっと叫んでいい」に込めた想い

自分の主張を表現することは少し恥ずかしいことかもしれませんが、一人ひとりが声を上げることは、自分を変える事、そして社会を変える力になると我々は信じています。

 

こんな時代だからこそ、「もっと叫んでいい」というメッセージを世に打ち出し、平和の祭典が始まるはずだった2020724日、若者の「叫び」で希望の祭典を創ります。

 

 

~ 宣言 ~

2020年って、
明るい未来が始まるはずじゃなかったっけ?

 

ひとつのウイルスによって、
世界の風景が次々とかきかえられている

 

でも、それで、いいのか?

 

かきかえられていく世界を前に、
嵐が去るのをただ待つだけなのか?

 

そうじゃないだろう

 

わたしたちが、かきかえるんだ

 

いつ、いかなるときであっても、
イマジネーションが奪われることはない

 

描いた未来は、必ず、たぐりよせられる

 

希望を、未来を、でっかいエソラゴトを、

 

もっと描いていい、もっと叫んでいい

 

世界の風景をかきかえるのは、わたしたちだ。

 

 

メインパーソナリティのご紹介

MIYAVI アーティスト / ギタリスト
エレクトリックギターをピックを使わずに全て指で弾くという独自の“スラップ奏法”でギタリストとして世界中から注目を集め、これまでに約30カ国 350公演以上のライブと共に、8度のワールドツアーを成功させている。

2019年7月、3年ぶりのオリジナルアルバム『NO SLEEP TILL TOKYO』を全世界で発売。発売日にはドジャースタジアムで行われた大リーグ始球式での国歌演奏で観客を魅了し、日本、アメリカにて話題騒然となった。

 

アンジェリーナ・ジョリー監督映画「Unbroken」(2016年日本公開)では俳優としてハリウッドデビューも果たした他、国内では「BLEACH」「ギャングース」、国外では「キングコング:髑髏島の巨神」「マレフィセント2」(2019年10月18日、日米同時公開)への出演、モデルとして、Yohji Yamamoto、Y-3、最近では、Moncler Beyond ワールドワイドキャンペーンに抜擢されるなど、各方面でも注目を集めている。
映画『Mission: Impossible - Rogue Nation』日本版テーマソングのアレンジ制作、HONDAコマーシャル楽曲、SMAPへの楽曲提供をはじめ様々なアーティスト作品へ参加するなど、国内外のアーティスト/クリエイターから高い評価を受けている。

2017年には日本人として初めてUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の大使に就任。

 

2020年4月、LDH移籍後初となるアルバム「Holy Nights」を発売。

 

常に世界に向けて挑戦を続ける“サムライ・ギタリスト”であり、ワールドワイドに活躍する。今後、最も期待のおける日本人アーティストの一人である。

 

ETIC.代表理事 宮城治男からのメッセージ

新型コロナウィルスの流行により、誰しもが「この先、いったいどうなるのか?」と不安を覚えたことでしょう。今、世界中が、答えのない世界に踏み出し始めています。

 

だからと言って、不要に怖がったり、ネガティブになったり、諦める必要はありません。答えのない世界に踏み出している今だからこそ、一人一人がより良い社会を実現するためのビジョンを持ち、世界を書き換えていくことが必要です。

 

「世界を書き換えるなんて、そんなことは無理だ」と思うかもしれませんが、「自分には何かできるかもしれない」と思うきっかけがあれば、思いも行動も変わります。

 

724日に開催される開会式が、「自分には何かできるかもしれない」と思うきっかけになり、若者だけでなく様々な世代の人たちが世界をHackしていくといったムーブメントを実現できればと思います。

 

特定非営利活動法人ETIC.について
ETIC.は、社会の未来をつくる人を育むNPO法人です。1993年の創業以来、私たちの手がける実践型インターンシップや起業支援プログラムへの参加を通して、1000人以上が起業しました。これからも企業・行政・NPOといった多様なセクターを巻き込みながら、挑戦したい人を支える仕組みづくりを続けていきます。

 

ビル&メリンダ・ゲイツ財団日本常駐代表 柏倉美保子からのメッセージ

地球という私たちの世界は、深く広く繋がっていることを今回のパンデミックで改めて感じました。

 

また同時に、新型コロナウィルスや気候変動といった表面の課題は、私達一人一人の隠れた想いによって、解決に向かうのか、更なる困難に向かうのか、大きく左右されることを感じました。

 

想いやビジョンが、課題解決のスタート地点であり、新しい世界の始まりです。

 

その上で、日本の若者たちに期待を込めて、呼びかけます。

 

皆さんこそが、地球社会の宝物です。

 

皆さんの中に眠っている「こんな社会にしたい」、「この課題を解決したい」、「小さな一歩だけど初めてみよう」、そういった想いやビジョンが、既に20年後、30年後の社会を書き換え始めています。

 

世界を良くするというベクトルだけ同じ方向を向いていれば、想いやビジョンが小さくても大きくても構わない、皆さんは既に社会を書き換え始めています。

 

7月24日、多くの皆さんに繋がって、一人でも多くの声を聞けるのを楽しみにしています。

 

ビル&メリンダ・ゲイツ財団について
ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、すべての生命の価値は等しいという信念の下、途上国はじめすべての人々に健康的かつ豊かな生活を送るための支援をおこなっています。
発展途上国では、人々の健康を改善し、飢餓と極度の貧困から脱却する機会を与えることに重点を置いています。ビジネスで成功したビルとメリンダの考え方から、財団は「イノベーション」「科学的根拠」「コラボレーション」「楽観主義」を活動の軸に貧困撲滅を目指しています。
米ワシントン州シアトルを拠点とする当財団は、ビル・ゲイツ、メリンダ・ゲイツ両氏およびウォーレン・バフェット氏の指揮の下、最高経営責任者(CEO)のマーク・スズマン氏と共同議長のウィリアム・H・ゲイツ・シニア氏が率いています。