こんにちは管理人マサヤ@masayainagawaです!

 

前回に引き続きロケットニュース24の大人気連載「マサイ通信」の初書籍

「マサイのルカがスマホで井戸を掘る話」

の見どころを徹底解説していこうと思います!

 

 

▼前回の本書概要はこちらから▼

 

 

見どころ①圧倒的な読みやすさ。

そうなんです、前回もサラッと触れましたが本書には読みやすくする工夫がたくさん盛り込まれているんです!

小説が苦手な人や、忙しくてなかなか本を読めていないという人も気負いせず読み始めることが出来ると思います。

工夫(1)書き手はマサイ族ルカの日記超訳

まず読み始めて面白いと思ったのが、「ルカの日記調」に書かれていることです。
マサイ族ルカさんが日記のように語りながらテンションマックスで進んでいきますw

もちろん日本語では書けないのでそこは羽鳥さんによって直訳超訳されています。

なので本書では日本人向けに超訳されており、おもわずクスっと笑ってしまう内容になっているんです。
(ルカはそれ言わないだろ!みたいなw)

スパ!いきなりだけど、これ、マー語(マサイ語)で「こんにちは」って意味な。覚えておくといい。マサイ族に会った時、スワヒリ語で「ジャンボ~」って言うよりも絶対にウケるから。これ豆知識な。・・どうも初めまして。マサイ族の戦士、ルカだ。性別は男、趣味はFacebook。ライオンとの成績は1勝で、妻子ありの31歳だ。ヨロシクな。・・・おそらくオレは事実上、史上初のマサイ族ライターだろう。

本書抜粋

管理人マサヤ
ルカって喋り方こんなんなのか!w

 

工夫(2)写真がとにかく多い!

本書にはほんとにたっぷり写真が使われているんです。
1ページ×1枚?いやいやそんなもんじゃない。
常にページ当たり2枚~4枚くらいの写真が使われています。

それもそのはず、ロケットニュース24のマサイ通信は、ルカさんが大量に写真を送りそれを羽鳥さんが記事化する。

そのおかげでテキストだけじゃ伝わりにくいマサイの生活も視覚的に飛び込んできます。

笑える写真から、かっこいい写真、ルカさんでないと撮れないような写真まで。

こんなとこ撮って大丈夫なのか!?って写真までありましたw

 

管理人マサヤ
マサイ族写真集としても十分楽しめそう~!

 

見どころ②ぶっちゃけすぎ話。

本書は日本人でなく「現地人による現地取材」なのでかなりレアな情報で溢れています。それは面白い話もあれば、かなりセンシティブなものまで。はい、もちろん写真付きです。

その中でもアフリカマニアの僕が気になった話を少しだけ紹介します!

 

ケニアではポリ袋は7年間の禁固刑!?

ケニアでポリ袋の製造、販売、使用が法律で禁止されたのはアフリカ界隈では有名な話。でもその罰則の厳しさに驚きました。

ルカさんによると違反したら最大7年間の禁固刑もしくは200万シリング(約227万円)の罰金、とのこと。

ケニアは世界一ポリ袋に厳しい国。

ではなぜそこまで厳しく取り締まるのか。

そこにはマサイ族ならではの理由もあるようです。

続きは本書で!

管理人マサヤ
たしかルワンダでも同じような法律が制定されたとか、、。

 

マサイ族のトイレ事情を暴露!

少し恥ずかしい話だけど、もう僕は興味津々!w

ルカさんによると、マサイ族のトイレは、、

大地だ。

らしいwまあそうですよね。

おしりは石で拭くんですって!痛い~~。

もしかして女性も同じように大地で用を足すらしいんですが、なるべく村からは離れるとのこと。

だってマサイ族視力めちゃ良いから!!ww

 

管理人マサヤ
僕も小さい頃はよく近所で、、葉っぱで、、すみません。

 

まだまだ魅力的な話はたくさん本書に詰まっているのですが、今日のところはここまで!

是非手に取ってマサイの世界に飛び込んでみてください。

書店にて発売開始は3/30からで、アマゾンではすでに購入予約することも出来ます。

ではまた次回!クワヘリ~(スワヒリ語でさよなら)

管理人マサヤ@masayainagawa)でした。

 

アマゾンからは予約可能です。

・ロケットニュース24 マサイ通信
https://rocketnews24.com/tag/%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%82%A4%E9%80%9A%E4%BF%A1/