下里さんとテイラーさん

世界で一番命の短い国「シエラレオネ共和国」に挑戦するNPO法人アラジとは?

世界には、叶えたい夢を描いても、貧しさ故にチャンスに恵まれず、実現までのステップを平等に踏むことのできない子どもたちがたくさんいます。

 

1日1$以下で生活する人たちは世界に10億人以上、そのうち6人に一人が極貧状態(Ultra Poor)であると言われています。

 

時に世界で一番命の短い国と揶揄される西アフリカのシエラレオネ共和国では、国民の70%以上がこの極貧状態に直面しており、6割の人たちが働きたくても指定職につくことができないという状態にあります。

下里さんとテイラーさん

はじめまして、NPO法人アラジ代表理事の下里夢美です。

 

私たちは、「誰もが自分の夢を実現するためのステップを踏むことのできる世界」をビジョンに、日本で、そしてシエラレオネでただ一つの民間ベースのNGOとして、2014年に日本における啓発活動を開始、2016年より現地の魅力を日本に発信するべく、アフリカの布を使って12名のテイラー(仕立て屋)の収入を支えるプロジェクトに取り組んでいます※2016年7月7日NPO法人化

 

 

今回の連載では全3話にわたって、シエラレオネに挑戦し続けることの難しさや、現地で体験したリアルな珍事件、シエラレオネの人々と仕事をする上での付き合い方など、面白話しも時に交えて、赤裸々に生の声を連載していきたいと思っています!

シエラレオネ共和国とは?

シエラレオネ共和国は、西アフリカの西部、大西洋岸に位置する共和制国家で、人口約730万人ほどの小さな共和制国家です。貧困の要因は様々ですが、1991年~2003年まで続いた内戦や、2016年に大流行したエボラ出血熱などの影響で、現在も平均寿命は約50歳(WHO世界保険機構発表)「世界で一番命の短い国」と言われています。

 

 

 

シエラレオネ共和国
首都:フリータウン
人口:739万人
面積:71,740km2
公用語:英語(クリオ後)
宗教:イスラム教・キリスト教
通過:レオン(Le)

 

 

国名は、ポルトガル語のSerra Leão(ライオンの山)をスペイン語に翻訳したSierra Leónに由来すると言われており、緑色は農業、山、ダイヤモンド等の天然資源を、青色は 天然の良港であるフリータウンを、そして白色は平和と正義を表しています。




 

 ※記事は次のページへ続きます。