みなさんこんにちはーー!!!

前回、ザンビアヴィクトリアの滝について書いたんですが、、、、

 

今回はなんと!

 

ジンバブエの観光について書かせて頂きまーーす!!(ザンビアの続きかと思った方、すみません笑笑)

観光記事の前に、ジンバブエという国について少し見ていきましょう👀

 

●ジンバブエってどんな国??

イギリス絶頂期の19世紀後半アフリカのナポレオンと呼ばれたセシル=ローズという男がいました。

南アフリカを中心に鉱山開発を進めるため、ジンバブエ全土に進出したのです。

 

今でこそ、ジンバブエと呼ばれていますが、当時は南ローデシア(ローデシアとは、ローズの家という意味)と呼ばれており、前回の記事のザンビアが北ローデシアと呼ばれていたので、ちょっと繋がりがありますね!

 

独立宣言を出したのは1965年なんですが、実際にイギリスから独立したのは1980年なんです。
昨年の11月に、独立以後大統領を務めたムガベさんが退陣しました。

(93歳ですよ‼︎働きすぎっすよね∑(゚Д゚)でも働きすぎて93には見えないですね〜〜)

 

37年の独裁政権に幕が降り、後任としてエマーソン・ムナンガグワ氏が新大統領に就任しました!

ざっくりですがジンバブエという国についてイメージが湧いたかと思うので、そろそろ観光について書きますね〜〜!

 

●Wild is Lifeとは

2泊3日という短い旅だったので、僕が訪れたのは”Wild is Lifeというサファリパークです!

 

ハラレ空港から20分ほど車を走らせたところに、Wild is Lifeがあります。

ただのサファリパークではなくて、動物の聖地ともされているんです!
なぜかというと、、

恵まれない動物たちを保護し、元気になったら野生に返しているからです!

 

例えば身元が分からなかったり、病気だったり、怪我している動物などを受け入れています。

 

もしも野生で生活できないと判断されたとしても、心配はありません!その時は、この楽園で、安全で快適な生活を続けることができます!(人間にもこんな生活が用意されていたら最高ですね!笑)

 

●どんなことができるの??

動物を近くで撮影できるのはもちろん、エサをあげることもできます!

(写真の子は、国連インターンしてた後輩です)

 

あと、ほんとに沢山の動物がいます!
全てを見たわけじゃないですが、僕が撮った写真を見てみてください👀

 

クドゥとその群れ


 

ヌー

 

アンテロープ⁇

 

ゾウ

 

 

ライオンの食事シーン

 

こんな注意書もあるので気をつけてくださいね笑

 

普通のライオン

 

ハイエナ

 

アルマジロ

 

 

●サファリを周った後は??

サファリを周った後は、ツアー参加者とともに

この場所で、

 

綺麗な夕日を見ながら、

 

おつまみとシャンパンを嗜みます🍾

 

ところで....
人の気持ちが動く時、理屈で動きますか?
もしそうなら、理動という言葉があるはずですよね??

人の気持ちはそうじゃないんです。

 

心で感じるから動く、

だから感動という言葉があるんです!

 

百聞は一見にしかずなので、実際に自分の足でアフリカを訪れ、自分の目でサファリを見て楽しんで下さい!!!
写真で見るのとは比べのにならないくらい感動すること間違いなしです!

 

●番外編

観光地というわけではないですが、ジンバブエはイギリスの植民地だったので、若干イギリスっぽさがあるかな〜と、勝手に感じてます笑



どちらもジンバブエのショッピングモールです。

 

では、また次回お楽しみに〜!

(3年ぶりに再会した、ジンバブエ人の友達と)