医療、大学もタダ!大嫌いから大好きに私を変えたエジプトの魅力5選

みなさま、こんにちは!『やっらやっらJAPAN&EGYPT』日本人妻のケイコです。

 

今回は、エジプト嫌いだった私がエジプト最高と思う5つのことを書きます。

 

実は、わたしは、元エジプト嫌いでした。35カ国旅をしてきましたが、エジプトは印象ワースト1位の国でした。(完全に私の主観です)

 

私のプロフィールについての記事はこちら

 

そんな私も、今ではエジプトが大好きに!日本よりも居心地がいいとさえ感じています。

 

その理由は、以下の5つ。

  1. 物価の安さ
  2. 食の充実
  3. 意外にも、過ごしやすい気候
  4. 子育てしやすい
  5. 人が優しい

 

それでは、順番に見ていきましょう。

 

物価の安さ

エジプトの路面店 飲み物やお菓子、ちょっとした雑貨などが買える。

 

エジプトは、とにかく物価が安いです。単純計算で、現在は日本の6分の1程度です。

 

わたしたちの拠点、南エジプトのルクソールは、カイロに比べるとさらに安い!

 

  • 500mlの水が約20円
  • トマトやキュウリは、1キロ約100円。(意外かもしれませんが、エジプトの野菜は太陽をたっぷりと浴びているせいか、本当に美味しいんです!)
  • エジプトのB級グルメ“コシャリ”は100円あれば食べられます。
  • 乗り合いバスは60円

 

とっても買い物しやすいです。ただし、観光地は観光客料金を要求されるので、普通に高いです。

エジプトのB級グルメ"コシャリ"
「コシャリ」とは「混ぜる」という意味。ご飯にパスタ、マカロニ、豆を加え、フライドオニオンとトマトソースをかけ、それをごちゃ混ぜにして食べる料理。 エジプトの国民食と評される、炭水化物パラダイスのエジプトごはんです。

食の充実

さばきたてチキンの炭火焼き

 

エジプトは、食もとっても充実しています。

 

わたしのお気に入りは、とれたて牛乳とさばきたてお肉&自家製卵

 

牛乳は、近所の牛飼い農家さんが朝、しぼりたてを届けてくれます。しかも、水牛のミルクも選べる!

 

この水牛のミルクが最高に美味なのです!

 

煮詰めれば、自家製モッツァレラチーズも簡単に出来ちゃう!日本のように殺菌処理などしていないので、下処理は必要ですが、無添加で安心・安全。

 

子どものおやつは、サトウキビ

 

そして、お肉も美味しい!近所のお肉屋さんに、さばきたてを届けてもらっています。

 

チキンは穀物だけを餌にしているもの。牛肉は今流行のグラスフェッドビーフです!卵も美味しい。こちらはエジプシャン旦那の実家で飼っている鶏が産んだもので、もちろん有機。

 

日本の卵に比べると小ぶりですが、濃厚で美味しいんです!

 

食の面だけを見ても、エジプトって本当に贅沢だなあと思います。

 

意外にも過ごしやすい気候

ナイル川に面したルクソールの小麦畑。

 

エジプトというと、暑い!というイメージをお持ちの方が多いかもしれませんね。私も最初は、そうでした。

 

特に、わたしたちの拠点、南エジプトは、エジプトの中でもアフリカに近く気温が高いです。

確かに暑い!ひなたは。

 

そう「ひなたはです。

 

乾燥気候の南エジプトでは、太陽さえ避ければ全然大丈夫。むしろ、カラッとしていて、日陰や屋内なら、日本の蒸し暑い夏よりも快適なんです!

 

これは、カイロに住む日本人の友人たちも同じことを言っていました。もちろん、真夏の昼過ぎに、アスファルトの上を歩こうものなら、熱中症は免れない熱さですが・・・。

 

子育てしやすい

世界遺産も子どもにとっては、立派な遊び場!

 

これは、正直全然期待していなかったのですが、実はエジプトは、特にルクソールは、とっても子育てに良い環境です。

 

まず、ワンオペから解放されます。なぜなら、みんなが子どもに寛容だからです。

 

例えば子連れで外食する場合、日本なら、周りに迷惑をかけないように、選択肢はファミレスになりがち。

 

エジプトなら、全く気にせずホテルの高級レストランでも入れちゃいます。

 

しかも、食事中、親がゆっくり食べられるように、なんとウェイターさんが子どもを抱っこしたり、あやしてくれます。いろんなお店に食べに行きましたが、どこに行っても同じ対応でした。これは、子連れには本当に嬉しいし、助かります。

 

そして、飲食店に限らず、バスでも座席を譲ってもらえたり、お菓子をくれたりと、エジプシャンは、本当に親切で子ども好きな人が多いなあと感じています。

 

また、日本はいま待機児童問題で大変ですが、エジプトでは保育園に簡単に入れます。親が働いていなくても入れるそうです。

 

さらに、公立の学校だったら大学まで無償です。

 

ちなみに、医療もタダ!

 

人が優しい

「運転したい!」という3歳息子に笑顔でこの対応!

 

これは先ほどご紹介した「子育てがしやすい」にも共通しますが、エジプシャンは本当に優しくあったかい人が多いです。

 

これは、実話なのですが、ちょっと風邪を引いただけで、「大丈夫か?」とお見舞いにフルーツや料理をどっさり持って、みんなが駆けつけてくれます。ちょっと大げさだなとも思いますが、弱っている時だからこそ、エジプシャンの温かみを感じました。

仕事中でもこの対応のエジプトの軍人さん

 

また、みんな家族をとても大切にします。特に、母親をものすごく大切にします。

 

イスラム教ではコーランの教えにもあるほど、母親を大切にしないといけないそうです。ちなみに、エジプト人はマザコンが多いと言われますが、こういった背景もあるのですね。

 

そして義理の母も、とても嫁を大事にしてくれます。わたしは外国人で言葉もろくに通じない、エジプト料理も下手、にもかかわらず、我が子のように大事にしてくれます。

 

エジプシャンは旦那の母親には絶対に逆らわないといいますが、わたしは外国人をいいことに、義理母とケンカもします。笑

 

それでも、実の母より仲がいいんじゃないかと思うほど、とても良い関係を築いています。

 

そんなこんなで私は、エジプシャンの人柄の良さに助けられていることがほとんどです。

 

以上、エジプト嫌いだった私がエジプト最高と思う5つのことでした。

 

『やっらやっらJAPAN&EGYPT』

 

わたしたちは、このたびエジプトで教育活動をスタートさせました!

その名も『やっらやっらJAPAN&EGYPT

「やっらやっら」とは、アラビア語で「さあ、行こう」「Let’s go」という意味です。「子どもたちが自由に好きな色を付け、自分たちの個性を創造していって欲しい」という願いを込めました。

 

わたしたち夫婦と、エジプトを愛する素敵な2人の日本人と共に、エジプトの試験傾斜の教育を変えたい!という思いで始めた活動です。

 

※まだまだ絵本の寄付を募集しています!

※学校にご興味のある方も、ぜひご連絡ください!

 

『やっらやっらJAPAN&EGYPT』の活動について夫婦で連載しています!

 

Twitterフォローもよろしくお願いします
@AbdelaalKeiko(日本人妻)
@AbdelaalHalim(エジプシャン夫)