こんにちは管理人マサヤ(@masayainagawa)です!

 

もっとアフリカ好きの方々にお会いしたい!

 

てことで始まりました、新企画アフリカリレー!

 

企画の経緯や内容はこちらをチェック☟

 

簡単に企画の概要をおさらい。

アフリカ好き100人バトンリレー
[概要]
僕がアフリカ好き、もしくはアフリカ活動家、もしくはアフリカに関心がある方々とバトンリレー形式でお会いしていき、記事にします。ただし100人達成するまで。

 

《ルール説明》
①マンツーマンで最低1時間会わせてください。
②アフリカに何かしら関わっている方(これから挑戦する方)のみ。
③お話させていただいた方は、次のアフリカ好きを紹介してください。
④バトンは一つじゃありません。
⑤100人達成するまで終わりません。※イベント、交流会は一切カウントしません。

 

 

前回のランナーは、ブロガーであり「ルワンダノオト」代表のタケダノリヒロさん!

 

ぶっちゃけトーク満載のとっても刺激的な対談になりました!

ランナー②は門田瑠衣子さん、、!

そしてアフリカリレー第2走者は、なんと特定非営利活動法人 エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事、門田瑠衣子さん!

 

タケダさんから門田さん、というアフリカ活動家として名実ともに大先輩の方が時間を割いて下さり、緊張しまくりでした。

 

今回も録音無しのプライベートトークを書き起こしてみましたので是非ご覧ください。

 

とってもためになるお話が満載です。

 

ランナー② 門田瑠衣子

 

門田瑠衣子
特定非営利活動法人 エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事 1981年熊本県生まれ。2006年、武蔵野女子大学人間関係学部卒。明治学院大学大学院国際学修士課程修了。フィリピンの孤児院や国際協力NGOでのボランティアを経験し2005年、大学院在学中にケニア共和国で現地NGOでボランティア活動に参加。それをきっかけに、2005年にエイズ孤児支援NGO・PLASの立ち上げに携わり、同団体事務局長を経て、現在代表理事を務める。特定非営利活動法人国際協力NGOセンター(JANIC)理事。3児の母でもある。

 

アフリカリレー② START!

 

管理人マサヤ
初めまして、マサヤと申します。この度はお会いさせていただきありがとうございます!

 

門田さん
いえ、こちらこそありがとうございます^^よろしくお願いいたします。

 

管理人マサヤ
ツイッターからいきなりご連絡して申し訳ありません、、!アフリカ活動家の様々な先輩から「門田さんに会ってみるといい」と伺っておりまして、、!今日は相談したいことがたくさんあります、、!(ホッ、優しい雰囲気の方だ、、)

 

門田さん

そうなんですか、、!是非何でも聞いてください^^

 

創設者の悩み① / 引継ぎ

管理人マサヤ
僕は最近ALL ABOUT AFRICAの人として認識していただいているんですが、もともとはボランティア団体を2年前に立ち上げていまして(ASANTE PROJECT)、今は後輩に全運営を託しているんですが、組織マネジメントは本当に難しいなと感じていまして、、

 

門田さん
そうなんですね、なるほど。特に学生団体だと代ごとに人が入れ替わっていくのでノウハウの蓄積やビジョンの引継ぎが難しいですよね。

 

管理人マサヤ
全くその通りなんです、、!まず僕は当時「任せる」ことがとても苦手でして。創設当時は部署など存在しないわけでほぼ全ての業務を自分が横断的に行っていたんですよ。でも徐々にメンバーが増え、活動の規模が大きくなるわけで、、。そこで自分はなかなか「任せる」ことが出来ずにいたんです。特に渉外系。協賛企業さんや支援者様など外との繋がりは「自分だから」協力してくれている方も多々いらっしゃいましたので、、。

 

門田さん
わかります、担当者が変わるということですね。そういう時は「なぜ」を先方にもお伝えするといいと思いますよ。例えば、当団体は~を今後とも目指していくために~の体制に代わります、というように。

 

管理人マサヤ
なるほど、、。その経緯もしっかりと説明する責任はありますね、勉強になります、、!今は団体も3年目に入り部署毎に運営しており、僕一人より何倍も力のある団体になりました^^

 

門田さん
良かったです^^そしてここからは徐々にマサヤくんを知らない人たちが増えてくると思うので、、

創設者の悩み② / 2タイプのリーダー

管理人マサヤ
まさに今その時期なんです、、!今の代表は2代目なので僕のことを知っていてビジョンもずっと共有してきたのですが、近いうちに3代目への引継ぎを控えていておそらくここから僕を知らない(一緒に運営していない)代になってきます。そこに若干不安を感じます。

 

門田さん
まさに学生団体の難しいところですね。でもそこで先代と「同じリーダー」になる必要はなくて。リーダーは大別して2タイプあると思っていて、一つは「カリスマ型」といいますか、組織が進むべき方向性を示し導いていくような、創設者は多いかもしれませんね。もう一つは「調整型」のようなリーダーで、皆の意見を広く受け入れて組織の方向性を定めていくような導き方。そしてこの二つのリーダーが連続することって稀で、交互に組織をリードしていくことが多いような気がします。

 

管理人マサヤ
そうかもしれません、完全に交互でなくとも先代の短所を補完しようとするとこの2タイプを波線のように代わる代わるリーダーが繋がっていくように感じます。

 

門田さん
そう考えると無理に先代のリーダーシップに合わせる必要はなくて、その代にあった組織運営をしていけばいいと思います。

 

管理人マサヤ
たしかに先代を意識して苦しくなる2代目、3代目は多いかもしれません、、。

 

門田さん
そうなったときに必要なのが「ビジョン」なんですよね。目指すべき理念が引き継がれていれば、リーダーシップの取り方は変わっていくのは当たり前ですし、問題ないと思いますよ^^

 

管理人マサヤ
本当に勉強になります。後輩の顔が浮かびます、、。ありがとうございます。

 

門田さん
いえ、とんえでもないです、、。

門田さんのイメージ / 国際協力×IT

 

管理人マサヤ
少し話が変わるのですが、門田さんは今まで僕が見てきた国際協力系の方とは違うイメージがありまして、、

 

門田さん
そうなんですか^^

 

管理人マサヤ
はい、門田さんのブログを見ていると、ValuとかPolca、仮想通貨に言及している記事がいくつかあり、IT関連にも関心が強い方なんだなあと感じました。

 

門田さん
そうですね、昔から新しいものは好きで、とりあえず試してみたりしてます。

 

管理人マサヤ
僕のイメージでは国際協力畑の方って、IT領域にあまり詳しくなかったり、戦略的でビジネスチックなお金の流れ(集め方)にアレルギーあるイメージあったのですが、、

 

門田さん
案外そうでもないんですよ。今じゃ支援系の団体でも、データから戦略的に判断して運営しているんですよ。たとえば広告一つでも、支援が集まりやすい広告とそうでない広告があって、どのような写真、文言を使うとより寄付を募れるかはデータから成果測定しアクションしていますよ。例えばユーザーの閲覧ページ(関心)に合わせて、ベストなタイミングと内容で自動でメールを送ることも可能です。NPO界隈ではこのような戦略的なアプローチは結構当たり前になってきてると思いますよ。

 

管理人マサヤ
そうなんですね!寄付型の組織の印象がガラッと変わりました。

 

門田さん
支援って結構持続的ですよ^^

就職は「ありえない」選択だった。

管理人マサヤ
PLASの立ち上げについてお聞きしたいのですが、門田さんは在学中にPLASを立ち上げてそれから今までずっと続けてらっしゃるんですよね。てっきり大手企業を渡り歩いてそのノウハウを生かしてPLASを立ち上げたのかと思っておりました、、!

 

門田さん
そんなイメージですか?(笑)就職はしてないんです。というより私には無理だなって思いました。

 

管理人マサヤ
ええええそうなんですか!(急な親近感)

 

門田さん
学生の時に一度説明会のようなものに参加したのですが、その時にみんな同じスーツ着て就活しているのを見て私には無理だな、って思ったんです。なんというか、今から私がオリンピック選手になるくらい無理。そんな感覚だったんです。

 

管理人マサヤ
ええええイメージと全然違う!では卒業後はどのような生活をしていたんですか?

 

門田さん
卒業してから2年間はPLASを運営しながらバイトをしていましたよ。もちろん去っていく仲間もいれば残ってくれる仲間もいて、大変な時期ではありましたが、人生を賭けてやりたいことでしたので。

 

管理人マサヤ
なんかイメージと全然違っていました。恐縮ですが今の自分と重なる点もありなんだか嬉しくなりました。門田さん中身はかなりぶっとんだ方なんですね(嬉)

 

門田さん
そうですか(苦笑)やりたいことはやりたいタイプですね!^^

学生へ / キャリアについて

管理人マサヤ
先ほど就活の話がありましたが、今ちょうど自分の周りがその時期で僕もよく後輩に相談されるんです。将来国際協力の分野に進みたいのだけど、大企業か、ベンチャーか、それとも協力隊かみたいな。僕はそのどれも選択してないのであまりいいアドバイスができないんですよね(苦笑)

 

門田さん
好きなことをしたらいいと思います(笑)

 

管理人マサヤ
PLAS立ち上げ時の話を聞いた後だと説得力が違いますね、、。

 

門田さん
どれも正解、不正解があるわけではなくて、「自分がやりたいこと」を軸に考えたらいいと思いますよ^^

 

管理人マサヤ
たしかに結局はそこですよね、、。僕はやりたいことを選択したつもりではあるのですが、その分やらなきゃいけないことが常に頭の中にあって追われていたので、門田さんとお話して自分もかなり楽になったといいますか、また勇気が出てきました。本当に目指すべき存在です。本日はありがとうございます!

 

門田さん
こちらこそわざわざありがとうございました。また今後ともよろしくお願いします^^

 

管理人マサヤのあとがき

 

 

昼間のカフェで気づけば2時間。あとひとつだけ、もうひとつだけ。次々とお聞きしたいことが溢れ出てくる、そんな雰囲気で接してくださるとっても穏やかな方でした。けれど門田さんの経験から生まれる言葉の端々には優しいけれど強かさがあり、相当な苦労を乗り越えている芯のある女性なのだ、と感じました。

 

ここに書ききれないほどの的確なアドバイスを多々頂くなかで印象的だったこと、それは「考えてくれること」でした。僕の質問に対し、毎回丁寧に聞き、真剣に考えて答えてくださる門田さんを見ていて、自然と僕の背筋も伸びる、そんな感覚を覚えました。

 

「門田さんに会うといい。」数々のアフリカ活動家が口を揃えて助言してくださった意味も分かった気がしました。長い時間真剣に僕と向き合ってくださった恩は、行動で示し、返していこう、そう決心しました。

 

門田さん、この度は本当にありがとうございました!!

 

管理人マサヤ(@masayainagawa)でした!

 

▼現在門田さんが代表を務める国際NGO・PLASがクラウドファンディングに挑戦しております!こちらもチェックしてみてください。→エイズと共に生きる、ウガンダの若者の未来をつくる職業訓練を!

 

 

 

・特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS
https://www.plas-aids.org/

 

・門田さんのブログ
http://mondaruiko.net/

 

・現在PLASで実施中のクラウドファンディングはこちら!↓

エイズと共に生きる、ウガンダの若者の未来をつくる職業訓練を!

 

それぞれ要チェックです!