コンゴ民主共和国元保健大臣 エボラ出血熱基金を盗んだ容疑

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースはコンゴ民主共和国からです。

コンゴ民主共和国元保健大臣 エボラ出血熱基金を盗んだ容疑

ざっくり説明

コンゴ民主共和国の元保健大臣Oly Illungaと彼の財務顧問は、エボラウイルスとの戦いのために資金を流用したことで5年間投獄された。法廷文書によると、と彼らはエボラファンドから40万ドルの額に金銭を盗んだ。

 

Illungaは、エボラ出血熱への対応の管理を引き継ぐというFelix Tshisekedi大統領の決定に抗議して、7月に辞任していた。

 

2018年に始まったエボラ出血熱の発生により、3000人以上が死亡した

さらに詳しい内容はこちら↓

世界中から集まった寄付金を横領するなんて、、。再発がないように願います。
以上、ヒトミでした!