ケニア 大統領は門限中の警察の過剰を謝罪

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースはケニアから。

ケニア 大統領は門限中の警察の過剰を謝罪

ざっくり説明

ウフルケニヤッタ大統領は、東アフリカの国でCOVID-19の蔓延を食い止めるために強制された夜間外出禁止令を施行したことによる警察の残虐行為を国民に謝罪した。

 

地元の人々によると、警察は門限を強化するために鞭と催涙ガスを使った。彼らは少なくとも2人が警察によって殺されたと主張している。

 

ケニアでは、2020年4月3日の時点で、122人(うち死者4人)のCovid-19の症例が確認されている。

 

さらに詳しい内容はこちら↓

大統領として間違いを認められるのがすごい。きちんとした調査や誠意ある対応に期待します。
以上、ヒトミでした!