文化による小さなわだかまり

 

こんにちは!

 

暖かさのあまりすでに半袖デビューしたベビやまのママです。

 

今日は37週の妊婦健診でした。今日からは正期産となるので、いつ生まれてきても大丈夫な期間に突入ということになります!

 

母子ともに健康でベビやまの頭もちゃんと下を向いていてよくしゃっくりをして息する練習をしているのがお腹の中でわかってなんとも愛おしいです😌

 

もうこの週数になると、エコーで見てもベビやまが大きくてほとんど映りきらなくなってしまっているので、出てくるまでのお楽しみって感じでワクワクです。

 

まだVol.1を読んでない方はこちらへ↓




 

夢の立会出産

 

妊娠初期から私はずっと、夢見ていたことがあります。

 

それは「立ち会い出産」です。

 

3ヶ月に入る頃以降の妊娠期間中、遠距離となってしまったため一緒にいることができず不安なことも多くあります。

 

なので立ち会い出産として一緒に頑張ることができたら、命の大切さや神秘を身をもって感じることができると思うし絆も深まり、お互い今まで以上に相手を思いやり大切にしていけるんじゃないかなと考えていました。

文化の違いを目の当たりにする

 

パートナーには

「出産の前に来日して、立ち会いしてほしいんだ」

と電話で伝えていたのですが、彼の反応はなんだかうすい…

 

というか何を言ってるんだ?って思ってそうな感じ。

そして、

「なんで生まれる前からいくの?

来て欲しいって言うなら全然いくけどさ、

男はその場に入るなんてできないよ!」

との回答。

 

説明してもなんだか伝わらないなぁ、私のこともベビやまのこともあんまり大切に思ってくれてないのかなぁと悲しい気持ちになっていました。

 

そこで友人の、最近日本人男性との間に子供を授かり出産したアフリカ人女の子のAちゃんに相談をしたところ、「私が説明してあげる!」ということになり電話で彼に話してくれました。

 

そこでわかったのが、彼の国では立ち会い出産の文化がなく、他の大陸の人たちの文化に立ち会い出産が存在することすら知らなかったということです。

 

彼の国にはなくても、せめて知っているだろうとは思っていたのですが、甘い考えでした😂

 

Aちゃんは彼に、日本では出産時に男性も立ち会えること、立ち会ってもらうことによって大切に思ってくれていると実感したり、命の誕生する瞬間を共有することの素晴らしさなど立ち会うことのメリットなどを丁寧に説明してくれました。

 

その日から彼の対応が変わり、自ら立ち会い出産をしたいという気持ちを持つようになってくれ、度々その気持ちを伝えてくれるようになりました。

 

それまでは不安を強く感じ、夜は眠れなかったり泣いてしまうこともあったのですが、彼が理解してくれて毎回その思いを伝えてくれたことで不安はほとんどなくなり、信頼感が大きくなり前よりも気楽に過ごせるようになりました。

 

Aちゃん様様!!!

 

ですがやっぱり一難去ってまた一難。

 

前回も書きましたが、パスポートの再発行に4.5ヶ月かかっており、夢だった立ち会い出産は叶いそうにありません…。泣

 

それでもなんとか諦めずに必死に手続きを進めてくれていることや、彼が「立ち会いたい」という気持ちをちゃんと伝えてくれるのでもう今はそれだけで十分だ!と思えるようになりました。不思議!

 

遠距離恋愛にはお互いの気持ちをうまく伝え合うことが大切なんだなぁと学びました。笑

 

それだけで不安の量が全然変わってくる!笑笑

 

お互いネイティブじゃない英語での会話だし、そりゃそうですよね!

 

そんなこんなで立ち会いは難しそうですが、彼の代わりに私の友達が数名立ち会ってくれることになったので、動画を撮って、来日できたときに一緒に見て感動を共有したいなと思います。




 

学生生活

 

明日から大学では履修登録が始まるようなのでしっかり登録して課題に励みたいと思います!ベビやまが生まれる前にできるだけ課題を進められるようにしなくちゃ~!

 

卒業までは残り20単位は最低でも取らなければいけないので、ハードライフになりそうですが、頑張っていきます。

 

 

アフリカとの連絡手段

 

昨日彼とちょこっと電話できたので、一週間分のチャージができました☺️笑

 

ちなみに彼との連絡手段はLINE。

 

私がメッセージを送ったら彼が電波の入るところへ行ったときにデータ通信をONにして受信&返信。

 

かつ、その時タイミングが合えばLINE電話ができる!といった感じで、ほんとタイミングです。

 

プリペイドカードをコンビニで買って、ネットワークを1G分購入して携帯を使っているのでいつもはデータ通信をOFFにしておかないとすぐにネットワーク残量が減ってしまうのです…。

 

ネットワーク残量がなくなってしまったら彼がまたチャージするまでは連絡がつかなくなります。

 

なのでうまくいくと数日間連続で連絡が取れたりひどいときには二週間全く連絡が取れなかったり…情緒不安定になりやすい妊娠期間をこの環境でよくここまで頑張ってこれた!笑

 

 

それでは次回は

「往復54時間、走行距離約2400km、

東アフリカ横断中のつわり」

について思い出しながら書いていきたいと思います。

お楽しみに~

 

 

ベビやま出産予定日まであと

16日

応援よろしくお願いします(^o^)

 

▼次のコラムはこちら▼