【超豪華】若手NGOリーダー3名が一堂に会するレアイベント今週末開催!

 

 

 

 

「それでも僕らはアフリカに挑戦する」

 

 

 

こんにちは管理人マサヤです(@masayainagawa)!

 

今週末に色んな意味で超豪華な国際協力系トークイベントが開催されます!

 

先月から告知したいと思ってたのですが、あまりの人気ぶりに満席、追加、キャンセル待ちなど空席状況が変わりまくっていてなかなか手出ししにくかったんです。汗

 

ですが本日さきほど、残り二名の分の空きがあるとの情報を得て今19時急いで現在記事にしてます!

 

本当にレアで豪華なトークイベントなので要チェックです!

 

豪華ポイント1「3名の若手NGOリーダー」

 

 

まずは何といっても登壇者。

今、国際協力分野を引っ張る若手NGOリーダー3名。

 

1.下里夢美(主催)

 

世界で一番命の短い国・シエラレオネ共和国にて就労支援を目指し活動する特定非営利活動法人Alazi Dream Projec代表理事・アフリカに挑戦するすべての女子たちの情報交換コミュニティ「アフリカ女子部」部長。桜美林大学LA/国際協力専攻を卒業後、NPOを起業。シエラレオネでは、テイラー(仕立て屋)の収入を支えるプロジェクト・災害孤児支援・小学校支援などに従事する。2018年5月より首都・フリータウンにゲストハウスをOPEN予定!ズームインサタデー!20代のはたらきスペースDODAなど多数のメディア出演をする傍ら小学校や大学での講演会も務める。

 

・特定非営利活動法人Alazi Dream Project
・アフリカ女子部
・輝く女性のための夢インタビューサイト「キアラ」

 

管理人マサヤ
何度か会ったこともあって日頃から応援してくださる先輩。AAAの人気連載ライターでもあるんです!

 

 

▼下里夢美の連載コラムも要チェック!▼
下里さんとテイラーさん
世界で一番貧しい国「シエラレオネ共和国」でアフリカ布を使って就労支援に取り組む、ただ一人の日本人・下里夢美さんの連載開始!活動のきっかけや現地での苦労話しとは?
2018.4.27
世界で一番命の短い国「シエラレオネ共和国」に挑戦するNPO法人アラジとは? 世界には、叶えたい夢を描いても、貧しさ故にチャンスに恵まれず、実現までのステップを平等に踏むことのできない子どもたちがたくさんいます。1日1$以下で生活する人たちは世界に10億人以上、そのうち6人に一人が極貧状態(Ultra...…
「大火事発生!シエラレオネ人の意外な価値観」-世界で一番貧しい国「シエラレオネ共和国」でアフリカ布を使って就労支援に取り組む、ただ一人の日本人女性起業家連載②
2018.4.27
「世界で一番命の短い国」シエラレオネ共和国で就労支援活動に取り組むNPO法人アラジ代表の下里夢美です。 前回の記事 前回の記事では、私たちの取り組んでる、アフリカ布を使って仕立て屋(テイラー)さんたちの収入を支えるプロジェクトについて紹介させていただきました。 今回は、現地で突然起こった大火事と「...…
「最終章:アフリカの人々とビジネスする上での最大の苦労とは?継続する上で本当に大切なこと」-世界で一番貧しい国「シエラレオネ共和国」でアフリカ布を使って就労支援に取り組む、ただ一人の日本人女性起業家連載③
2018.4.27
西アフリカの「世界で一番命の短い国」シエラレオネ共和国で就労支援活動に取り組むNPO法人アラジ代表の下里夢美です。 シエラレオネと日本人ハーフモデルのリサちゃんとの一枚 お子様ドレスの撮影会にて♪ 前回の記事 前回の記事では、テイラーさんが住むエリアで起こった火事と、人々の以外な価値観について連載...…

 

2. 原貫太

 

1994年生まれ。特定非営利活動法人コンフロントワールド代表理事。
大学1年時に参加したスタディーツアーで物乞いをする少女に出逢って以来、「世界の不条理に挑戦する」という信念を持って国際協力活動に取り組む。認定NPO法人テラ・ルネッサンスのインターン生として、ウガンダの元子ども兵社会復帰支援などに従事。また、月間利用者数1500万人以上のハフポスト日本版でブロガーを務める。
2017年5月にコンフロントワールドを創設し、在学中から南スーダン難民支援事業の立ち上げ、また『世界を無視しない大人になるために』の出版や講演を通じた啓発活動に取り組む。TBS、読売新聞、神奈川新聞などに出演

 

特定非営利活動法人コンフロントワールド公式HP
ブログ:原貫太オフィシャルブログ

 

管理人マサヤ
以前原さんの著書イベントでご挨拶していますが昔のことで覚えてらっしゃるか、、笑。今、最も発信力のある若手NGOリーダーの一人です。

 

3. 内藤獅友

 

NPO法人AYINA副代表、株式会社Africa Network副社長兼任
「アフリカと日本を繋ぐ」「アフリカ人によるアフリカ発展(Africa by African)」を理念に活動中。2013〜2015年まで青年海外協力隊としてルワンダで活動。2015年から現職。NPOでは国内アフリカイベントや、参加者にアフリカの家族と過ごして貰うアフリカホームステイプログラムを提供。2017年テレビ東京「世界ナゼそこに?日本人」出演。

 

NPO法人AYINA公式HP
ブログ:ナイケルジャクソン冒険記

 

管理人マサヤ
一度しかお会いしてないのに何かとお世話になり倒してるアフリカ系アニキ的存在。AAA立ち上げ時からの連載コラムが未だにヒット中。「突破力」要チェックです。

 

▼内藤獅友の連載コラムも要チェック▼

アフリカではTOEICも資格も役立たず!突破力を磨くべし!
2018.4.28
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ▼初めに読んでおきたいコラム▼ 将来アフリカで活動したいから、英語の勉強でTOEICと、あとは何の資格を取っておこうか。 と、お考えのアナタ!声を大にして言わせてください。 そんなもの全く役に立...…
内藤さんとアフリカ人
僕が東証上場企業勤務と結婚と大学院進学をやめ、アフリカで働く理由①
2018.4.27
自己紹介とこの連載について   初めまして、今回からALL ABOUT AFRICAにて寄稿させていただくことになりました、内藤獅友と申します。巷ではナイケルと呼んで頂いています。   簡単な自己紹介からさせていただきますと、僕は大学を卒業後、東証上場企業に勤務した後、当時結婚まで考えていた女性と別...…
内藤さんと学生さん
僕が東証上場企業勤務と結婚と大学院進学をやめ、アフリカで働く理由②
2018.4.27
日本は、アフリカの貧困を作っている一因である。 今でもアフリカに対する植民地支配は終わっていない。   これを聞いてどう思われましたかでしょうか?   そんな訳がない。どういうこと? など色々なご意見が聞こえてきそうですが、これらは事実なのです。 そしてこれらが、僕がアフリカで働く理由の一つでもあ...…
僕が東証上場企業勤務と結婚と大学院進学をやめ、アフリカで働く理由【最終章】
2018.4.27
▼連載①から読む▼ 援助じゃアフリカは発展しないなら何が必要なのか?   僕が青年海外協力隊で2013年から2015年までの間、悩み続けたことです。   2010年にはアフリカのザンビア出身の女性エコノミストから「援助じゃアフリカは発展しない」という本が出版され、アフリカ=援助という概念を覆しま...…

 

豪華ポイント2「日本で揃う奇跡」

 

下里夢美さん:シエラレオネ

原貫太さん:南スーダン

内藤獅友さん:ベナン

 

お三方ともそれぞれアフリカで活動しており、日本でこの三人を同時に見られるのはかなりレアなんです!

次、このメンバーが揃う日はいつになるやら、、。

これは見逃せないチャンスですね!

 

開催は今週、残り僅か!

 

開催は今週末5/13(日) 15時~

 

イベント後は懇親会も用意されており、このお三方はもちろん、集まった方々と繋がれること間違いなしです!

 

イベントの詳細、予約はFacebookイベントページまで!☟
https://www.facebook.com/events/2115918445307283/

 

 

 

未だ挑戦を続ける、若きリーダーたち。

新年度、なにかに挑戦したい。

興味ある分野の人と繋がりたい。

そんな方々、是非参加してみては。

 

 

 

管理人マサヤ(@masayainagawa)でした!

 

 

イベントの詳細、予約はFacebookイベントページまで!☟
https://www.facebook.com/events/2115918445307283/

 

▼合わせて読みたい注目コラム▼

アフリカではTOEICも資格も役立たず!突破力を磨くべし!
2018.4.28
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ▼初めに読んでおきたいコラム▼ 将来アフリカで活動したいから、英語の勉強でTOEICと、あとは何の資格を取っておこうか。 と、お考えのアナタ!声を大にして言わせてください。 そんなもの全く役に立...…
内藤さんとアフリカ人
僕が東証上場企業勤務と結婚と大学院進学をやめ、アフリカで働く理由①
2018.4.27
自己紹介とこの連載について   初めまして、今回からALL ABOUT AFRICAにて寄稿させていただくことになりました、内藤獅友と申します。巷ではナイケルと呼んで頂いています。   簡単な自己紹介からさせていただきますと、僕は大学を卒業後、東証上場企業に勤務した後、当時結婚まで考えていた女性と別...…
下里さんとテイラーさん
世界で一番貧しい国「シエラレオネ共和国」でアフリカ布を使って就労支援に取り組む、ただ一人の日本人・下里夢美さんの連載開始!活動のきっかけや現地での苦労話しとは?
2018.4.27
世界で一番命の短い国「シエラレオネ共和国」に挑戦するNPO法人アラジとは? 世界には、叶えたい夢を描いても、貧しさ故にチャンスに恵まれず、実現までのステップを平等に踏むことのできない子どもたちがたくさんいます。1日1$以下で生活する人たちは世界に10億人以上、そのうち6人に一人が極貧状態(Ultra...…

おすすめの記事