海外経験ゼロ。協力隊の私が住んでみて感じた、南アフリカ6つの特徴

はじめまして!南アフリカで青年海外協力隊として活動している、福井崇博(ふくいたかひろ)です。

 

今回は海外経験がまったく無かった私が、南アに1年間住んで思った事感じた事を書きたいと思います。もし皆さんの中で

 

  • 海外経験は無いけど海外に興味がある
  • 英語話せないけど海外で生活できるの?
  • 南アフリカは日本と何が違うのか知りたい
  • 南アフリカって危ないの?

     

    という方がいらっしゃれば、その方の参考になれば幸いです!

     

    プロフィール

    大学卒業後、地元静岡でシステムエンジニアとして5年半働いていましたが、20179月に退職し、青年海外協力隊に参加しました。南アに赴任してちょうど1年経ち、あともう1年活動予定です。

     

    ちなみに南アフリカに赴任する前はまともな海外経験がなく、学生時代の苦手科目は英語で、仕事でも英語を使う事はありませんでした。

     

    それでもJICA訓練所での70日間のトレーニング、赴任後のJICAのバックアップ、現地の方々の助けのおかげで何とか1年間活動する事が出来ました。もし一人だったら活動はおろか、生活を送ることすら難しかっただろうと思います。

     

    福島県二本松市にあるJICA訓練所。この施設で70日間の派遣前訓練を受けました。

     

    1年間南アフリカに住んでみて感じたこと

    南アフリカにあるJICA事務所。いつもお世話になっています。

     

    日本とはまったく異なる文化、言語、歴史、多様な人々、広大な土地に発展が著しい都市部と、すべてが新鮮!

     

    感じた事は数えきれない程ですが、その中で特に印象に残った事は次の6つです。

     

    日本に対して好意的なイメージをもっている

    現地の人に日本出身と伝えると良い反応が返ってきます。これは日本人の私にとってはとても嬉しい事でした!「発展している」「トヨタ」なんてイメージがあるようです。たまにブルースリーのものまねをされる事もあります()

     

     ②家族・友達を大事にしている

    奥さんと5人の子どもをもつ同僚は、家族の記念日や誕生日にはプレゼントや家族サービスを怠りません。家族や友達同士での買い物も日常茶飯事、日本と変わらないですね。

    同僚の家族と。

     

    ③複数の言語を話せる人が多い

    南アフリカには様々な民族がいて、彼らの第一言語は各々の民族言語です。ただし英語も広く使われていて、現在多くの人が英語を話せます。

     

    南アの英語レベルは高く、英語が流暢に話せない私はタジタジです…

     

    【世界規模の英語能力ベンチマーク「EF EPI英語能力指数2018年版」によると、非英語圏の88か国・地域の中で、南アフリカの英語レベルは第6位、日本は第49位】

    こちらから引用 → https://www.ef.com/wwen/epi/

     

     ④土地が広大

     

     

    南アフリカのとある内陸部

     

    とにかく広い!内陸側は特に顕著で、ずっと先まで土地が開けています。南アの面積は日本の3倍。

     

    東のダーバンから西のケープタウンまで長距離バスで27時間かかります。これぞまさにThe・アフリカ!

     

    空から見た南アフリカの広大な大地

     

    ⑤治安は場所によってさまざま

    日本の家族や友人から「南アは治安が悪いんじゃないの?」とよく心配されるのですが、場所によって治安のレベルはさまざまです。

     

    確かに一人で歩くと危ない場所もありますが、全体がそうではありません。派手な格好はしない、夜は出歩かないなど、身なりや行動に気を付ければ普通に生活を送る事が出来ます。

     

    【例:ピーターマリッツバーグ】

    メイン通り

    ショッピングモール

     

    例えば私が住んでいるピーターマリッツバーグは、派手な格好を避けていれば、日中に街中のメイン通りを歩く事が可能です。

     

    ただし裏路地や人が少ない通り、また夜間に歩くのは避けた方が良いでしょう。ピーターマリッツバーグには大型のショッピングモールもあり、この中では安心してショッピングを楽しむ事が出来ます。

     

     ⑥経済的な格差が大きい

    様々な観光情報サイトで取り上げられているテーブルマウンテン・ケープタウン

    多くの利用者で賑わうネルソンマンデラ
    スクエア・ヨハネスブルグ

     

    前述した治安にも結びつく問題ですが、アフリカの中で最も経済が発展している南アも、未だ半数以上の人々が十分な収入を得られずに生活しています。ヨハネスブルグやケープタウンといった大都市はあくまで南アの一部に過ぎないのです。

     

    一方、街を離れた農村部では下の写真のような地域がたくさんあります。

     

    平地に多くの家屋が並んでいる地域

     

    まとめ

    多様な人種と文化、街並みや大自然、とにかく魅力的な国だということが1年間住んで感じた事でした。

     

    ただアパルトヘイト後も根強く残る差別意識、拡大する格差、悪化する治安など、まだまだ課題の多い国でもあります。残りの1年間で、もっともっとこの国の事を理解して、発信していきたいと思います。