ついにやってきました!!

 

日本で!

唯一の!!

 

スピーチコンテストが、122日に開催されます!!!

 

今週の日曜日です(^^)/

 

 

【大会日時・場所】

2018年12月2日(日)12:30~ @創価大学

 

【弁論テーマ】

アフリカ日本美しさ

 

 

今回は4人の弁士さんから、アフリカと日本の美しさについて弁論していただきます。

 

今年からスワヒリ語にチャレンジした学生さんを始め、スワヒリ語専攻の学生さん、スワヒリ語圏に住んでいた学生さんなど、全国から集まってきてくださいます!!

 

スワヒリ語が流暢に話せる日本人ってなかなかレアだと思いませんか?

 

そんなスワヒリ語スピーカーが、創価大学に一挙集まります!!!

 

さらに!

 

審査員は、スワヒリ語圏の国の大使館からお越下さる方々や、スワヒリ語の元アナウンサーさんなど、豪華スワヒリ語マスターが勢ぞろいです!

 

スワヒリ語やアフリカに興味のある方!

スワヒリ語圏に行ったことがある方!

ぜひぜひ、12/2は創価大学へ!!

 

 

時間:本大会 12:30~

交換流会15:30~

場所:創価大学学生ホール二階

住所:〒192-8577
東京都八王子市丹木町1-236
電話:042-691-2211(代表)

 

<おまけコラム>

パンアフのみんなも、ちょっとずつちょっとずつスワヒリ語に挑戦(^-^)

 

ということで、スピコン準備期間では、毎回スワヒリ語の基本挨拶や使えるフレーズを学びました!

 

Habari za leo?  (お元気ですか?)

Nzuri sana.(元気です)

Unafanya nini? (何しているんですか?)

Ninaendesha.(私は走っています。)

などなど、基本挨拶や会話を触れ合っています。

 

中にはこんな例文も紹介されました。↓

Ala! Simba anakuja huku. Hatari!

(あら!ライオンが一頭こちらにやってきますよ。危ないわ!)

ちなみに、このフレーズを引用したスワヒリ語の教科書では、ホテルでの会話文だそうです(笑)

 

アフリカではホテルにまでライオンが来てしまうのか、あるいはホテルがライオン生息地ぎりぎりラインに踏み込んでしまっているのか、、、

 

アフリカ未経験の部員は、一瞬色んな考えを巡らせたスワヒリ語講座でした!!