「私はまだ何も知らない」飛び込んだ初アフリカ・ベナンで気づかされたこと‐越川綾乃

こんにちは!大学3年生の越川綾乃です。

 

私は20198月に2週間、ベナンでホームステイ&スタディーツアーに参加しました!

 

今回はそこで知ったことや感じたことをお伝えしようと思います!

 

なぜベナンでホームステイ?

私がベナンに行こうと思った理由はずばり…「とりあえずアフリカ(サブサハラ)に行ってみたかった!」からです。笑

 

何となくアフリカに行ってみたい気持ちがあり、大学生のうちに行かないと後悔しそう!と思ったので、ノリと勢いでナイケル(内藤獅友)さんのtwitterで見つけたAYINAのプログラムの説明会に参加しました!

 

ホームステイだけのプログラムでもなく、ボランティアをするプログラムでもなく、スタディーツアーのプログラムを選んだ理由は、せっかく行くのならベナンのことを学びたい、私はまだアフリカやベナンのことを何も知らないのでボランティアより学ぶ方が先だ、と思ったからです。

 

そこからは勢いで、いつの間にか黄熱病ワクチン接種まで終わっていました!笑

 

キリスト教が人気!

ベナンで1番驚いた事は、キリスト教徒がとても多い、ということでした。

 

本当にアフリカのこともベナンのことも何も知らなかったので、ベナンに行くまではアフリカやベナンにキリスト教のイメージがありませんでした。だから、日曜日に「教会に行くけど一緒に行く?」と言われたときは、(キリスト教徒なんだ!)と思ってチャペルのイメージをしていました。

実際に教会に行った時の様子がこちら

 

ステージ上ではバンドが演奏し、横にはマイクを持って歌う人たちがいます。その人たちに合わせて、会場中のみんなが立って思い思いに体を動かして大合唱をします。

 

私が持っていた「礼拝」のイメージが壊されました。むしろライブ?というほどの迫力でした。

 

また、ある日は「コンサート行くけど来る?」と言われ、好きなクラシックを聴ける!と思い着いていったら、まさかのキリスト教のイベントでした。笑

大きな会場で一体となって大合唱をし、ステージ上である人が熱く説教をし、皆で何かを唱え、最後にまた大合唱という流れでした。何かロックのライブに来ているような、スポーツ観戦をしているような、そのくらい盛り上がる大迫力のイベントでした。

 

ステイさせてくれた家族が敬虔なクリスチャンで、特にお父さんが熱心にキリスト教について語ってくれました。また帰国してからすぐ私の地元は台風15号の大きな被害を受けたのですが、その時もワッツアップで聖書の言葉を引用しながら「神が守ってくれるから大丈夫」と励ましてくれました。

 

蛇の神様!?

ベナンの民間信仰に「ブードゥー教」というものがあります。感覚的には日本の神道に近いのかな?と思います。田舎に行くほど、年齢が上がるほどその信仰心は強く、民間信仰であるため他の宗教と同時に信仰できるそうです。

 

そんなブードゥーの神様はなんと

蛇のお寺があって、その中には神様がうじゃうじゃいます。この写真はほんの一部です。

 

そして、神様と記念写真を撮れます。笑

 

特大サイズの神様を首に巻かせていただきました!

 

ベナンの名所の1つなので、ベナンにお越しの際はぜひ神様と記念撮影をしてみてください!

 

家族の絆

ホームステイしている中で、1つ気づいた事があります。それは、家族の絆が強いということです。

 

まず、お母さんだけに子育てや家事の負担がかかっていない、ということに気がつきました。私のステイ先では2人の子供がいます。

天使です。

 

この2人の子育てと家事をお母さんだけが行うのではなく、一緒に住んでいるお母さんとお父さんの姉妹と一緒に行っていました。女性陣皆が当たり前に料理をしたり子どもたちをお風呂に入れたりしていて、お母さんだけが負担を感じている様子は見受けられませんでした。

 

よく兄弟も泊まりに来ていて、夫婦の兄弟姉妹が一緒に暮らす文化も不思議だなと思いました。

 

次に、助産師として活動されていた青年海外協力隊の方にお聞きしたことですが、ベナンでは母子が入院したら家族みんなで母子の世話をするそうです。だから病院の裏に洗濯をする場所のような家族が利用できるスペースがありました。

 

その方によると、日本では家族みんなが妊婦さんのお世話をすることが少なく、妊婦さんやお母さんが孤立してしまうそうです。確かに、日本の社会はどこか孤独で家族と過ごす時間も少ないなと思いました。私みたいに大学進学と同時に一人暮らしを始めてそのまま都会に残る人は、人生の中で家族と暮らす時間は18年くらいしかないんだ、と考えると、ベナン人みたいに家族の絆を大切にしよう、支え合おう、という気持ちになりました。

 

はじめてのアフリカ~知らなかったことだらけのベナン~

以上が、私が2週間のベナン滞在で学んだことや驚いたことでした!

 

初めてのアフリカで、知らないことばかりで不安でしたが、温かい家族やAYINAのコーディネーターの方々に恵まれて、とっても楽しく充実した2週間を過ごすことができました。

 

アフリカの中でも日本人が少なくあまり知られていない国ですが、ホームステイに参加したら家族の温もりを感じることができます!蛇も待っています!

 

「アフリカに行ってみたいな~」と思ったら、ぜひベナンに行ってみてください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。