【アフリバ邸】日本で一番アフリカンなシェアハウスの誕生秘話と来るべき理由

こんにちは、あべまさきです(@abemasaki98

 

  • 日本にいながらアフリカ生活
  • アフリカ好きのためのシェアハウス

 

この2つをコンセプトにはじめたアフリバ邸横浜

 

オープンから早3ヶ月が経ちましたので、ここまでのハイライトをお届けします!

 

「アフリバ邸」とは?

アフリバ邸横浜は、
アフリカを共通言語にしたリバ邸で
「アフリカを舞台に挑戦する若者のたち」が
共同生活を送っています。

きっかけは孤独感から。

 

高校や大学では、アフリカ好きという共通点や、将来アフリカで働きたいという仲間とはなかなか出会えないなぁ〜

 

というのが僕の悩みでした。

 

徐々にSNS上などで仲間が見つかっていき、いまではお互いを応援しあえる仲間たちや素敵なコミュニティもあります。

 

しかし、ここまでたどり着くのにとても長い時間がかかりました。

 

身近に現地の知識や経験のある人が決して多くはないことから、

 

  • アフリカに興味はあるけど、なかなか行くのは難しい。
  • 行きたいけど、なにから始めたら良いかわからない。

という悩みや障壁がまだまだ多いのではないでしょうか。

管理人厳選!アフリバ邸の魅力

1. 無限にアフリカの話ができる

初めましての人に、

なにされている方ですか?

と尋ねられ、

私、アフリカで・・・

と答えると

あっ・・・アフリカなんですね・・・

 

若干距離を置かれた経験はアフリカ系のみなさんだれもがお持ちなんじゃないでしょうか。

 

でも現メンバー全員アフリカ経験があるアフリバ邸なら大丈夫!

 

あなたの心ゆくまでアフリカの話をし続けることができます。

 

2. 感情が溢れそうなときはいつでもダンスできる

 

住人たちはお家で作業をしていることが多いのですが、疲れてきたらアフリカらしくダンス会がはじまります。

 

3. 小さなことでも爆笑できる

 

アフリカへ行ったことがある方は知っているであろう現地の人たちの爆笑のハードルの低さ

 

アフリバ邸ではアフリカ以上に小さなことでも住人たちが笑顔で迎えてくれます。

 

日本にいながらアフリカ生活

 

  • アフリカに興味があるけどこれからな人
  • アフリカを将来の活躍の舞台に据える若者同士

などなど、お互いを応援したくなるような、できることがあれば協力したくなる、つまりはコラボレーションが生まれる場がアフリバ邸です。

2019年11月現在は、ケニア人と日本人の愉快な仲間たちで暮らしています。まさに「日本にいながらアフリカ生活」ができる、アフリカの人々と一緒に暮らす国際交流シェアハウスに発展しつつあります。

全員がイベント主催者になれる

 

アフリバ邸はオープン以来、アフリカに挑戦するための拠点として、様々なイベント・交流会を開催してきました。

 

横浜近辺に住むアフリカ出身の方々や、アフリカから一時帰国中の日本人をお招きして月2ペースでアフリカ交流会を開催しています。

 

たとえば、アフリカ出身留学生たちを招いてBBQでも良いし、国際協力やビジネスのスペシャリストを招いて勉強会、など文化からビジネスまで幅広く考えています。

 

加えて、ハウスの住人だけでなく、

  • アフリバ邸には住めないけど応援してるよ!
  • イベント行ける時いくよ!
  • むしろこんなイベントやりたい!

こうした主催者であり、参加者でもあるサポーターさんも大募集中です。

そんなみなさんと共にハウスも、コミュニティも育てていければと思っています!

 

アフリバ邸住人募集中

僕らと一緒にアフリバ邸を盛り上げてくれる住人男女1名ずつ、合計2名募集中です。

 

アフリカに興味があって、なにかやってみたい!という方お待ちしております!