ニジェール、「テロリスト」120人殺害 仏軍との合同作戦で 国防省発表

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースはニジェールから。

ニジェール、「テロリスト」120人殺害 仏軍との合同作戦で 国防省発表

ざっくり説明

ニジェール国防省は21日、南西部ティラベリ州で同国軍とフランス軍に世合同作戦でテロリスト120人を殺害し、爆弾製造設備や車両を押収したと発表した。

 

同州では昨年12月から今年1月にかけてイスラム過激派組織による攻撃で同国軍の兵士が174人死亡している。また、過去2年間にわたり非常事態宣言も発令されている。

 

ニジェールでは2015年以降マリ・ブルキナファソの国境付近でイスラム過激派による攻撃が続いており、78,000人が避難を余儀なくされるなど治安が悪化している。

 

フランスは混乱が続く西アフリカ地域で作戦任務にあたる総勢4500人の舞台を新たに600人増派し、駐留軍の増強を発表している。

 

 

さらに詳しい内容はこちら↓
絶えない紛争に胸が痛む。テロリストたちはたくさんの人を殺したかもしれないし多くの人を困難に陥れたかもしれない。それでも「殺害」という言葉を見ると悲しくなるな、、。
以上、ヒトミでした!