ケニアなど17の国・地域も渡航中止勧告 新型コロナ

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースはコロナ情報です。

ケニアなど17の国・地域も渡航中止勧告 新型コロナ

ざっくり説明

新型コロナウイルスの水際対策として、茂木外務大臣は、ケニアなど17の国と地域について、日本人に向けた感染症危険情報を「渡航中止勧告」に引き上げたことを明らかにした。

 

政府は、これまで129の国と地域について、日本人に向け渡航中止を勧告する「レベル3」に引き上げるとともに、外国人の入国を拒否する措置をとっている。

 

茂木外務大臣は記者会見で「新型コロナウイルスの感染は、アメリカでも再拡大の様相を呈し、南米やアフリカでも感染拡大が継続をしている」と指摘した。政府は今後、これらの国と地域からの外国人の入国を拒否する方針で、入国拒否の対象は146の国と地域に広がる。

詳しい内容はこちら↓

NHK(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200721/k10012526111000.html

人類の踏ん張りどころはこれかなのかもしれません。
以上、ヒトミでした!