南アフリカのラグビーチームがLaureus World Sports Award 2020を受賞
BERLIN, GERMANY - FEBRUARY 17: Members of Laureus World Team of the Year the South Africa Mens Rugby Team Francois Louw, Schalk Brits, Siya Kolisi, Jacques Nienaber, Faf de Klerk and Cheslin Kolbe pose with their award during the 2020 Laureus World Sports Awards at Verti Music Hall on February 17, 2020 in Berlin, Germany. (Photo by Alexander Koerner/Getty Images for Laureus)

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースは南アフリカから。

南アフリカのラグビーチームがLaureus World Sports Award 2020を受賞

ざっくり説明

南アフリカのラグビーチームがベルリンでLaureus World Sports Award 2020を受賞した。

 

南アフリカ初の黒人キャプテンである̪シヤ・コリシ(28)はこれに対して、「我々はアパルトヘイト廃止から積み上げてきたこれまでの全ての部分を本当に楽しんでおり、コーチの言葉『南アフリカでラグビーができることは特権である。なぜならラグビーをプレイしない人々の生活にまでインパクトを与えることができるからだ。』を忘れることはない。」とコメントしている。

 

Laureus World Sports Awardは、オスカー賞に相当するスポーツ賞。

 

さらに詳しい内容はこちら↓
去年日本で開催されたワールドカップで熱狂的な盛り上がりを見たのが記憶に新しい。今後一層活躍して世界に希望を与え続けてほしいな。
以上、ヒトミでした!