「アパルトヘイトは人道に対する罪」南アフリカのデクラーク前大統領が謝罪

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースは南アフリカから。

「アパルトヘイトは人道に対する罪」南アフリカのデクラーク前大統領が謝罪

ざっくり説明

南アフリカの最後のアパルトヘイト時代の大統領だった83歳のデ・クラークは、彼が2月2日に行ったアパルトヘイトは人道に対する罪ではないと言った論争の提出を撤回し国民に謝罪した。

 

1世代前にアパルトヘイトが終了したにもかかわらず、南アフリカの人種的緊張の高さと経済的不平等・貧困は深刻だ。

 

野党や反アパルトヘイトであるデズモンドツツ大司教の設立した財団などはデ・クラーク氏の発言を非難し、声明の撤回を求めていた。

 

さらに詳しい内容はこちら↓
前大統領として配慮と責任のある発言を心掛けてほしいな。(地位に関わらずすべての人がそうあれたらもっと素敵な世界になりそう、、!)
以上、ヒトミでした!