こんにちは!
ASANTE 連載企画、今回担当する2年の川口綾乃です。

 

突然ですが、私、食べることが大好きなんです。そんな私がタンザニアを訪れて印象に残っていることの1つがやはり現地の食べ物です!

 

アフリカというと虫食べるの?とよく聞かれます。でもそれはただの偏見です。タンザニアで目の前に虫なんて出てきたことありません!

 

今回はタンザニアの食べ物関連のお話をしようと思います!!

 

①私の大好物、チップスマヤイ

スワヒリ語でチップスはフライドポテト、マヤイは卵の複数形です。つまり、チップスマヤイとはフライドポテトの卵とじ(焼き)という意味です。

 

これ、本当に美味しいんです。

 

フライドポテトがカリカリしていてそこに卵のフワッとした感じが混ざるという、絶妙なバランスが保たれています。

 

これだけ食べるとあまり味がないので、だいたいケチャップをかけて食べるのですが、じゃがいもにケチャップは、試したことがある方はお分かりかと思いますが、至極の一品!この2つは相性が良く、いくらでも食べれる気がします。

 

問題なのは手が油まみれになることですね。でもそんなことは気にならないほど美味しいです。

 

②チャパティ

チャパティとは小麦粉を練り、発酵させずに鉄板などで焼いたものです。

 

ナンみたいなものですが、ナンよりもさらに薄く平べったいです。

 

私はこれを最初に食べた時、うわ、美味しい!こんなものがタンザニアに、アフリカにあるのか!と感動しました!

 

でも実はこれ、アフリカの食べ物ではなかったんです…私は最近この事実を知りました。

 

チャパティはインドやパキスタンなど南アジアの方で食べられているもので、移民の影響で東アフリカに入ってきたそうです。

 

たしかにチャパティに似たナンも南アジアの食べ物ですし、当たり前かもしれないのですが、タンザニアで初めてチャパティに出会った私は勝手にアフリカの食べ物と勘違いしていました!

 

③スーパーってどんな感じ?

最後に話は少し変わって、タンザニアにあるスーパーについてご紹介します!

 

私たちは渡航中にホームステイ先から車でダルエスサラームの大きなショッピングモールに行きました。そのモールの中に入っていたスーパーマーケットの様子が上の写真です。

 

まず大きい!

 

日本だともっと小さめの規模のスーパーに人がわんさかいるワイワイとした賑やかな感じがありますが、ここは広さの割に本当に人が少なく、すれ違うのに気を使うなんてことは日本ほどありませんでした。

 

ここで私が驚いたのは1つずつの商品がとにかく大きいことでした!

 

なんでもサイズが巨大なんです。

 

遠くて買い物に行くのが大変だからまとめ買いをしとこうということなのかもしれませんが、それにしてもでかい。日本の商品よりも一回り大きい商品がずらりと並んでいて圧巻でした。

 

いかがでしたか?

 

アフリカには他にも沢山の食べ物があります。決して虫ばかり食べているわけではありません!

 

スーパーも大きくて沢山のものが売られています。

 

これを機会に皆さんも是非アフリカの料理に興味を持っていただければなと思います。

 

最後になりますが、チップスマヤイ、本当に美味しいしすぐに作れます。是非一度作って食べてみてください!!