あなたのお洋服、どこで誰が創っていますか?
身につけるものは素敵であってほしい、お洋服に愛着を持ってほしい。

 

Ayの商品は全て
Made in Congo
All Handmade

-可愛いに妥協せず、社会を良くする-

 

代表の村上自身がコンゴ民主共和国へ渡航し、ローカルマーケットを巡りリプタ(コンゴ民主共和国の伝統生地)を選び、日本で日常的に着られるデザインを考え、コンゴのマザーたち(創り手)と一緒にアイディアを詰め、マザーたちが一つ一つ愛を込めてお洋服にしています。

コンゴと日本の物価は違いますが、時給換算するとかなりの低賃金で働いています。

モチベーションを保ちクオリティの向上を目指しつつ、自分の人生を自分で開拓できるように、まずは私たちと関わってくださるマザーたちから賃金の増加に取り組みます。売り上げで小学校での洋裁教室の定期実施やミシンなどの設備を整えて行く予定です。

 

our vision

“Do not give the people fish,
But let’s think together how to fish”

“飢えているものに魚を与えず、魚の釣り方を一緒に考えよう”

 

単なる物理的・経済的な'支援'を一方的に与えるのではなく、彼ら彼女らとともに私たちも成長します。そのために、どうしたらいいか自分たちで考え行動に移せる力を身につけます。

 

story 1 Congo

コンゴ民主共和国はアフリカ大陸の中央に位置する大陸内第2位の面積を誇る国です。

世界最貧国と呼ばれ東部では紛争が未だ続いているコンゴ民ですが、人間味あふれる国民性と生きることへの素直さが感じられる国です。

 

story2 LIPUTA

コンゴ民主共和国の伝統生地であるリプタ。鮮やかな柄と色はあなたを魅了すること間違いなし。現地の活気さを取り入れるため代表自身がコンゴ民へ渡航しローカルマーケットを巡り、何千もの中から選りすぐりのリプタを見つけています。

story3 handmade

 

私たちの商品は全て、コンゴ民の家庭を支えるマザーたちがひとつひとつ手づくりしています。ただデザインを形にするだけではなく、彼女たちの斬新なアイディアも入れながら商品を創っており、彼女たちの柔軟性と強さが表れている商品です。

 

 

Mbote!

みなさん、初めまして。

世界一、愛が詰まったお洋服「Ay」の代表を務めております、村上采です。

少しでも多くの人が「Ay」を持ち、「Ay」に気づくことができたら、あなたの世界はもっと輝く願いを込めたネームになっております。

 

私はアフリカのコンゴ民主共和国で活動をしております。コンゴは紛争やエボラ出血熱で知られているかもしれませんね。そんな悪いイメージは取っ払ってほしいです。とても活気のある面白い国で、私が関わっているコンゴの方たちは何と言っても愛を持っています。

 

Ayを立ち上げた時、「アパレルブランドとして見てほしい。」という想いが一番にありました。コンゴの創り手たちは素晴らしいセンスを持っており、対等な関係でブランドを一緒にやっていこうと決めました。

 

だからこそ「可愛いに妥協せず、社会を変える」をモットーにしており、「可愛い」「オシャレ」からお客さんにAyを知ってほしい、手に取った時にmade in Congoということや背景にあるストーリーを知ってほしいと思っています。

 

少しでも多くの人が隣にいる人に愛を持ち、素敵な1日をAyと過ごせますように。

 

今後の予定

5/26-6/2
Summer collection popup store in Ginza

7月
オーダーメイドを注文可能なクラウドファンディング開始(その他特典あり)

9-10月
コンゴ渡航 fall/winter collection製作 in Congo

10月下旬
Popup store実施予定 in Japan, Tokyo

 

――――――

 

以下のwebsiteから購入可能

Website |https://www.aymadeincongo.com

Instagram |http://@ay_madeincongo

Twitter |http://@ay___jy

Contact | yourclotheschangetheworld@gmail.com

#ay
#世界一愛が詰まったお洋服

――――――