牧野拓朗と申します

自己紹介


現在29歳・東洋大学生(夜間生)、2回目の大学生、離職経験2回。今後の目標は「途上国で教育の普及」。突然西アフリカのセネガルに移住して養鶏場を始めたアラサー。いずれ、セネガルでサッカーチームやダンスチームをつくり地域の活性化に繋げることを画策中。ポリシーとして、ものごとを楽しんでやることが最優先事項。


 

下記のものが前回の投稿記事になります。ご覧になられていない方は、先にお読みいただいた方が今回の記事を理解しやすいと思いますので、よければご覧になられて下さい

 

▼前回記事はこちらです▼

 

 

初めに皆さんの固定観念を払拭させて頂きたいのであえて言わせて頂きます!!

 

セネガル人「西アフリカ」(アフリカ人)は日本人と習慣や環境、思考、骨格の面で異なる面があるかもしれませんが、

当たり前のことなので言うまでもないですが、アフリカ大陸上で生きているセネガル人も私達と同じ様な感情を抱き、同じように食べて寝て、笑う同じ人間です!

 

上記の根拠は

日本の都市部ならまだしも、地方であればアフリカ人を見かけることは稀有に等しいかと思います。大半の日本人の方はテレビや雑誌、SNSなどのメディアからの情報を頼りにアフリカやアフリカ人に対して漠然としたイメージを抱いているのではないかと思います。

 

そのため、私達は頭のどこかで日本人とアフリカ人は全く異なった人種なのでは?といったことをふと思うことがあるかもしれません。

 

ですが皆さん聞いて下さい!

 

私はセネガルのごく一部の地域しか知りませんが、その方々も私達と似たような体型の方もいますし、より良い生活環境を求めて働きますし、困っている人がいれば助けますし、お洒落もしますし、恋愛結婚もしますし、お米も食べて毎日体も洗います、携帯も大半の方が持っています。

 

確かにアフリカを一括りにすることは出来ませんが、住んでいる大陸が異なるだけで、私達と思うことすることは似たり寄ったりです。

 

今回は、直近のセネガルでの鶏販売模様について書かせて頂きます。

 

西アフリカ・セネガルで今まで450羽の鶏(ブロイラー)を売らせて頂きました

普段の出荷前の様子

 

鶏の命に敬意をはらい書かせて頂きます。

 

現地語や公用語が5%ほどしか話せない私が鶏をどの様な方法で現地の方に販売を行ったかについて書いていきたいと思います。

 

私は今まで2回鶏を出荷しています。(私の鶏は飼育開始から30~40日程で出荷可能)今回は第2回目の出荷時の販売模様について。

 

第2回目の羽数は、第1回目の飼育羽数の2倍である300羽ということもあり、今回は300羽を売り切ることは凄く困難だと販売前は不安を抱いていました。

 

もし、鶏が販売できないと牧野養鶏場の経営難の可能性(汗)、または鶏の死という問題が発生してしまうので、、、ある日「どうにかして売り切ってみせる」と自分の中で勝手に誓いました。

 

第2回目の販売時期に誓はないといけなかった理由は、第1回目の販売の際は極僅かな現地の知り合いの方が牧野養鶏場オープン祝いとして鶏を購入して下さったり、相場より凄く低い価格で他の方に販売を行いました。だから第2回目からは純利益が出る価格設定で売り切りたかったからです。

そうです!!第1回目は大部赤字だったんです。(貯金が減っていく~)

 

ですが、この結果も予想の範囲内ではありました。といいますのも、私のアンテナによるとセネガルで養鶏場ビジネスはいけるとは思っていましたが、活動地での鶏の詳しい市場状況も知りませんでしたし、現地の方の知り合いも無に等し状況だったからです。

 

事前につかんでいた活動地の情報としては、「空港の近くでこれから経済発展していく地域」であるといったことだけでした。よくこんな情報しかないのにセネガルでの養鶏場ビジネスによく飛び込んだなと、、、今改めて思いにふけっている牧野です。(独り身だからこそ出来る賭けですかね)

 

なので、私は第1回目の販売を通して活動地の住民の方に対して「牧野養鶏場」を少しでも多くの方に認知してもらうことを最優先事項考え、私の鶏を買って頂ける方にはご愛敬の価格で販売しようと考えていました。(ことわざにある「損をして得をとれ」ですかね。得をとれたかは定かですが、、、)

 

第2回目の販売時期を迎えた時は、第1回目の販売や現地で1ヵ月程生活を送ったことで、養鶏場周辺の事情が少しずつ分かってきていました。

 

また、自分の力でどこまで出来るかやどんなことが出来るのかを知りたかったので牧野なりのやり方で、第2回目の鶏が出荷時期を迎えてからはがむしゃらに動きだしました。

 

第2回目の300羽を販売する為に私がとった行動

①ボードを持って家々に営業を行う。

ボードに「鶏(フランス語で)・鶏の重量・価格」を書き、そのボードを持ち家々を一軒一軒回って鶏販売の営業を行ったこと。

訪問営業時に実際に利用していた時のボード様子

理由
・お客さんがそのボードをみて一目で意味を理解できると思えたから。
・現地の言語が話せない私でも、この方法なら自分の目的を簡単に相手に伝えられると思ったから。
・お客さんを待つのではなく、自分からお客さんを掴みに行きたかったから。

 

②市場に行き営業を行う。

市場の様子

理由
・市場には毎朝たくさんの婦人達が来るので、一度に比較的容易に多くの方に対して営業を行え、かつ私の存在を認知してもらえると思えたから。
・比較的容易に多くの方とコネクションを持てると思えたから。

 

ボードを持ち家々を回って感じたこと

私はほとんど現地語やフランス語が話せないですが、このボードを持っていればなんとかなるでしょと思い、ほとんど不安もなく現地人宅の訪問をばんばん繰り返していました。(現地人宅への訪問営業めっちゃ面白いですよ)

 

私が家を訪問すると、皆キョトンというか誰?みたいな目で私のほうを見ます。

 

家に入った瞬間から営業の勝負が始まってると自分にいいきかせ、第一声はいつも現地語の挨拶用語である「サラマレコム」と言い、相手に私は不法侵入者ではないということを伝えていました。

 

この際に心掛けていたことは、必ず笑顔で挨拶をし、会話を行っていくこと。

 

笑顔は世界共通言語と言われますが??、やはりそうでした。こちらが笑顔でいると相手方も心を徐々に開いてくれました。地球上の人間はだいたい皆同じだろうなと考えてます。(異なる方もいるかもしれませんが)

 

現地語の挨拶や言葉を少しつかうだけで、現地の方の反応が大部違い、強張った表情が笑顔に変化していました。そして、さらに「私は日本人」ですと相手に伝えることも重要視していました。

 

理由は、日本人というだけで相手の警戒レベルがいっきに下がるように感じていたからです。他の国籍を試した事はありませんが。^^

また日本の事を知らない方もたくさんいましたが。(私は正直誰でも日本のことは知っているだろうと思っていました、、、これは大きな間違いでした。反省!)

 

今回の訪問では全員が話を聞いてくれ、即購入に繋がらなくても、「次回はお前のとこに購入しに行くわ」と言ってくれたり、「あんた私の娘と結婚しない」、「俺の知り合いがおそらく鶏を買うはずだよ」、「お前の鶏小さい」などとリアルな声と社会を感じれて最高でした。

 

隠さずに言うと、、、訪問営業をお行っていた際、「体力や精神面できついよ!!!」と思う時もありました。

 

ですが、自分の行動によって鶏の販売に繋がったり、お客さんの思考を知れたり、周辺地域の鶏事情(価格・販売店舗)を知るたびに「おもれーわ~」と天をみあげて一人叫んでいました。(俺はこの感覚を求めて途上国にきたんだ~!と)

 

今回おこなった家々への訪問営業と市場での営業を通して痛感したこと

途上国にはやり方次第で、まだまだやれるビジネスの可能性が眠っていると痛感させられている今日この頃です。個人的には、特に途上国で眠っているものを見つけ、起こすには、「足数・言語・人脈」が必要かなと。(牧野は器用なことは出来ないので、、、、私の武器であろう「足数」で、これからも歩きに歩き回っていきます。、、、万歩計買おうかな)

 

ここで言いたいこと!!(あえて極端な言い方をさせて頂きます。)

 

もの事を実際にやる前から、周りの声や自分の声に惑わされてトライしないのは凄く「愚かな」こと

 

だと今は思っています。

 

その理由は、ある人から「牧野はそのエリアで自分自身でお客さんを見つけることは出来ないよ」と言われてました。(このことを面とむかって言われた時は「こいつ~!!」と思いましたけどね。(笑))

 

 

ですが、私は本当につたない会話とがむしゃらに動いた結果、約30人のセネガル人に約300羽を販売出来ました。

 

あとそんな事よりもっと重要なこととがあります。

 

それは、、、

 

私達が挑戦しよとしていることは、後々失敗に終わるかもしれませんが、私達が挑戦しようとしている事は最終的に成し遂げられ可能性も十二分にあるということ。

 

日本社会はどちらかというと挑戦事や目新しい事に対して、前向きな声かけより「辞めときなよ、考え直したほうがいいよ」といった否定的な声かけのほうをが多いと私は感じています。

 

新たな可能性を秘めた新芽を刈り取ってることを分かってるんですかね?(すみません生意気な事を言って!!)

 

個人的には、立派な大人の助言であっても時代遅れの助言だということもありえると思っています。さらに、私達が挑戦しようとしている事に対してその方が挑戦した事がないのに助言して下さっている時は要注意ですよ!!(笑)

 

その方は、その瞬間に、そのもの事に対して挑戦したことないんですから。

 

確かに、周囲からの助言に耳を傾ける事は凄く重要です!!ですが、挑戦してみないと実際に見えないことも多々あると言うことをいいたいです。それが、途上国での事ならなおさらです。

 

人の助言だけを鵜呑みにせず、適度の、情報・人の体験談・自分の直観を踏まえてからの決断が最良ではと思います。

 

仮にあなたが何かの物事に挑戦しよと考えているのであれば、

 

かりにあなたの挑戦が失敗したとしても、のちに挑戦した事に対して後悔をしない生き方をできるかどうかを熟考してから行動を起こして下さいとも強く言いたいです!!

 

最後に、単純に失敗は避けたいですが、、、地球の誕生年数から人間の寿命を考えたら人間の寿命なんて一瞬です。どうしますかね、、、。

また、セネガルで他の有志達とGO SENEGALというサービスを立ち上げました!!

GO SENEGALでは、インターン・スタディツアープログラム、ゲストハウスなどのサービスを提供させて頂いています。

 

そのインターンプログラムの中で私が運営している養鶏場でインターン生の募集もさせてもらっていますので、良かったらチェックされてみて下さい。

リンク→牧野養鶏場インターンプログラム

 

 

質問やどんな些細なことでもよろしいので、何かありましたら下記Gmailまでご連絡下さると嬉しいです。

(例・セネガルのご飯は日本人の口に合いますか?など)

牧野拓朗(まきのたくろう)

Gmail:tm.taiyou0212@gmail.com

 

Instagram牧野・インスタグラム

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました!!