西アフリカの「世界で一番命の短い国」シエラレオネ共和国で就労支援活動に取り組むNPO法人アラジ代表の下里夢美です。

シエラレオネと日本人ハーフモデルのリサちゃんとの一枚

お子様ドレスの撮影会にて♪

前回の記事

前回の記事では、テイラーさんが住むエリアで起こった火事と、人々の以外な価値観について連載させていただきました。

今回はいよいよ最終章です。12名の収入を支えるプロジェクトにおいて、現地の人々と仕事をする苦労話しについて、つらつら文句を含めながら書いていきます。

アフリカ人と仕事するうえでの苦労と、本当に大切なこと。

シエラレオネの首都フリータウンで、テイラー(仕立て屋さん)の多いストリートで、火事で家を失ったテイラー12名の収入を支え、日本人の皆さんのオーダーメイドのお洋服を制作したり、アフリカの布を使って、シエラレオネの魅力を伝えるとともに、仕立てる、というアフリカならではの文化を保存する活動でもある、このプロジェクト。テイラーさんたちとの信頼関係も芽生え、商品ができるたびにワクワクし、とても大好きなプロジェクトであると同時に、やっぱり問題も山積みで、特にアフリカ人の仕事観とは、多々ぶつかることもあるわけで…。

名指しはしませんが、見習いテイラーの一人と揉めに揉めた話しを赤裸々に紹介。「アフリカあるある~!」と思うこと間違いなしです。




まぁ、時間は守らない。合言葉は「Tomorrow」

Yume「モハメドこれは3日でお願い、いつも夕方いるから、いなかったら鬼電するから」

Mohamed「OK!まかせて!」

ー3日後ー

Yume「これ、できてなくない?組合化したら、仕立て代天引きするよ?」

Mohamed「OK! ソーリーソーリ Tomorrow!」

―次の日ー

Yume「あなた昨日、Tomorrowって言ったよね?」

Mohamed「Oh Yume…(やっべーって顔で)Tomorrow!」

ーTomorrowー

Mohamed「ソーリーYume,(開きなおった割りとすがすがしい顔で)Tomorrow!」

おまえはトゥモローおじさんかあああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!

そんな感じで納期を守らないのは当たり前ですが、最近はそういうことも少なくなってきました。みんな私がショップで待っていたりすると、汗だくで走ってきてくれます。私がすごい剣幕で怒るので。ちなみに、アラジの現地マネージャーは、時給制で雇っているのですが、10分以上遅れてきたことがありません。ただ、シエラレオネの人とどこかに遊びに行こうよ!となった場合、待ち合わせの時間通りにくることはまずありません。それで、通算12時間はまったと思う。

俺のせいじゃない、全部布のせいだ!いいわけMaybe事件

見習いテイラーのほとんどは、「布を綺麗に仕立てる」とか、「お客様目線で商品を制作する」などを考えたこともありません。それでずっと許されてきたので。ましてや自分の商品が輸入され付加価値がついて、仕立ての倍以上の値段になって販売されるなんて(あ、倍以上の値段になっても送料もかかっているのでまだまだ赤字ですよ!w)考えたこともないわけです。日々ひたすらずれ込む、検品基準と、仕事観。

ある日、全然スカートの仕上がらない若手テイラーに、「注文の赤い布に、黄色のシミがついてるんだけど!」と指摘したところ、「俺は知らない、たぶん布のせいだ」と言って、そのまま現地のごはんを食べだしました。おそらく彼は、検品が厳しすぎて毎日若干イライラしていました。だけどどう考えても、赤い布に、黄色いシミが元からついてるわけないと思うんだ。てゆうかなんで今ごはん食べるの?と、こっちもイライラ。

 

テイラーたちは毎日マビンチという豆ごはんを食べてます。

とってもおいしい。

だからマビンチがついっちゃってるんじゃんんんんんんんんん!!!???

私が怒ってもらちがあかないので、ベテランテイラー2人を連れていって状況を説明すると、こっぴどく年上の2人から叱られていました。基本的に私の言うことは聞かないので、こういう処置をとると、次のオーダーからは一目置いてくれます。信頼のおけるベテランテイラーやその地域の権力者と手をとるのは、アフリカビジネスには不可欠です。

私が彼らを信じていないとき、彼らも私たちを信用できないーアフリカ人と仕事するうえで一番大事なことは?

以上2つを紹介してみると、現地の人びとと仕事をする上で、私たちにいつも足りないことは、「まずは相手を信じること」だというのが、最近の気づき。私たちが彼らは信用できないと感じるより先に、彼らのほうが、日本人を信用していません。このプロジェクトは、12名の仕立て屋の収入を支えることなのですが、次回2018年の渡航では、各テイラーショップのボスと契約し、就労組合をつくり、アラジの事業を現地で組合化しようと考えています。2020年までに30名のテイラーの収入を支え、彼らの子どもたち全員が安心して学校に通い続けるようになることが目標です。

今回活躍してくれた8名のテイラーたち

組合化することで、こちらの納品価格・検品基準に従ってもらい、納期を守らなければ、仕立て代の天引きも考えています。組合に登録しなければ、オーダーを受けることができません。それでもまず私たちは、最初にお金を先払いしています。私たちの布のストックは、すべてイブラヒムさんのショップに預けています。

私がまずは彼らを信頼したことで、彼らもなんとか継続してオーダーを受けるにはどうしたらいいか、と考えてくれるようになりました。私がショップに来るたびに、晩御飯をごちそうしてくれる人、おやつを買ってくれるベテランテイラー、自分たちも余裕がないのに、新しい商品を作って、プレゼントしてくれる若手テイラー、今度はパッチワークがやりたい!リサイクルにもなるし!と提案してくれるみんなが、本当に大好きです。

 

アクセサリー担当の女性たち

こちらはAdama、Patricia、Jessica、Fatuの4名の女性たちに簡単な小物(ヘアゴムやお守り)の制作をお願いしています。いつも夜ごはんを用意してくれて、一緒に食べます。フォートストリートの多くの住民が2016年の火事で家を失い、彼女たちは現在もユニセフのテントで暮らしています。

 

私がシエラレオネに挑戦する理由

最終章になる最後まで、大切なことを書くのを忘れていました。私がシエラレオネについて知ったのは、高校2年生の時にみたテレビ番組のドキュメンタリーでした。ダイヤモンドを巡る内戦で両親を目の前で殺された8歳の男の子「アラジ君」のストーリーをみて、衝撃を受けたことがきっかけです。

それから導かれるようにシエラレオネに関わっていくうちに、不思議なことに、シエラレオネまでの道のりを自然と後押ししてくれる、チャンスや温かい応援に何度も恵まれることができました。

活動を続けるうちにほんのささやかな出来事でも、とても「幸せ」と思えるようになりました。何より、顔の知らない誰かからご支援を頂く私たちは、活動を通して人の温かみを感じることのできる、とてもかけがえのない経験を毎日しています。この大切な経験は全部、シエラレオネのおかげだと思っています。

日本にはチャンスが溢れています。努力すれば、なんにでもエントリーできます。けれども、シエラレオネの就職率は、わずか40%。子どもを学校へ行かせるために、毎日必死で生きている人々がそこにはいます。NPO法人アラジの、「誰もが誰かの夢を応援しあえる社会の実現」=「シエラレオネで働ける人を一人でも増やす」という就労支援のミッションは、シエラレオネの根本を解決しうる活動になりえると考えています。

「シエラレオネの神様が夢を選んだ」

一番最初に渡航した時、英語もわからなくて、クリオ語も全然通じなくて、シエラレオネで何をすればいいかさえも分からなくて、アルバイトで生計を立ててた私に、シエラレオネですれ違った誰かが、言った言葉。まぁ、誰だか忘れっちゃったけど。笑 人口600万人のシエラレオネで、就職率を1%あげるのに、2,000人の就職が必要なんですって。ひとまずの来期の目標は、20名の収入を支えること。テイラーの家族ベースで換算すると、およそ200名の人々の生活に影響が及びます。さて、どこまで行けるかわからないけど、もう人生かけてしまっているので。笑 まだまだ挑戦していきますよー!

 

長らくお付き合いありがとうございました!

特定非営利活動法人Alazi Dream Project

代表理事

下里夢美

 

 

作った人の顔が見えるネットショップを運営中です

最後に、ネットショップで私たちの制作した商品をチェックできます。ぜひ覗いてみてください。作った人の顔がわかるアラジのネットショップ。テイラーさんたちは、商品がサイトに掲載されるたびに、大喜びです。これからもみんなで頑張っていこう!

ネットショップ「Alazi」

商品を置かせてもらえるお店や飲食店も募集しています!

まずは、お声かけいただけると嬉しいです。

shimosato@alazi.org

 

 

NPO法人アラジ公式HP

アラジ代表ブログ「シエラレオネの歩き方」

世界にただ一つのMede in Sieera Leoneのネットショップ

 

▼この連載を①から読む▼