アフリカのサッカー指導者80%がしている意外な副業○○とは?

▼このコラムを最初から読む▼

アフリカの"あの"サッカースクールから連載決定!
2018.4.9
【自己紹介】 皆さんはじめまして! ここALL ABOUT AFRICAにてコラムを書かせていただくことになりました坂本周造と申します! よろしくお願いいたします! 簡単な自己紹介をさせていただきます。 私は現在サッカー日本代表の本田圭佑選手がプロデュ―スするSOLTILO FAMILIA ...…

 

アフリカではサッカーの指導者、選手としてだけで生計を立てていくことは非常に難しい。

プロのチームであるならまだしも、街アカデミーでコーチをしている人にとってはどのように収入源を作るかはまさに死活問題であると言える。

今回は、未来のサッカー選手を育成するために尽力するアフリカのコーチがどのようにして収入を得ているのかを解説。

 

アフリカのアカデミーコーチはどのようにして収入を得ているの?

 

アフリカで子供たちにサッカーのコーチをしている大人たちの80%以上がしている副業。

それは、

「ボールのパンク修理」

パンクしたボールをコーチのところに持っていくと、一回(300円程度)で治してくれる。

その所要時間、なんとものの10分!!

なんという手さばき。

修理方法は自転車のパンク修理に似ている。

(パンク修理をするコーチ)

(修理に使う道具)

(著者も参戦)

(親子で)

 

具体的には、

修理の方法
1.ボールの縫い目を切り、中にあるゴムチューブを取り出す 。
2.ゴムチューブを水が入ったバケツにそのチューブを入れ、穴の場所を突き止める。
3. 穴をふさぐために当てゴムを接着剤で付ける 。
4.ボールを再び縫い合わせる。

というものだ。

 

著者がジンバブエにいた際には、このボール修理を数多くこなして週末の子供たちのアカデミー遠征費などをよく工面していたことが思い出される。

 

コーチたちはサッカー以外に本当に多くの仕事をこなしているが、このボール修理の仕事はそれなりに需要があり、貴重な収入源になっている。

 

日本ではパンクすれば、捨てられてしまうボールだが、こちらでは何度でも何度でも修理して使う。

 

そして、それが貴重な仕事になっていることが面白い。

 

PS.

エキスパートレベルになると子供たちの練習中にもボールの修理をして1か月に1万円程度稼ぎ出すコーチもいました。

 

アフリカサッカーのことなら・・・

AFRICA-SOCCER-JOURNAL

 http://africa-soccer-journal.site/

 

▼合わせて読みたい注目コラム▼

2度の手術、2年間のリハビリを乗り越えて勝ち取ったポーランドでのサッカー選手生活を辞めて、アフリカのタンザニアへ!?
2018.4.2
みなさん、 はじめまして!小河 研太(おがわ けんた)です。  自分は今、『World Peace~笑顔で世界をひとつに~』を理念に掲げ個人事業主としても活動をしています。 と言ってもほとんどの人がご存じないと思うので、まずは簡単に自己紹介をしたいと思います。 自己紹介  1994年5月12日...…
リーマントラベラー東松さんオススメ、初アフリカならズバリこの国!
2018.5.14
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 初めてのアフリカでおすすめの国は断然・ルワンダ 僕は平日は激務の広告代理店でサラリーマンをしながら、週末で世界中を旅するリーマントラベラーです。日本にいるときは「トランジット」と呼んでいます。20...…
担当コーチが徹底解説!本田圭佑選手がプロデュ―スする”AFRICA DREAM SOCCER TOUR”
2018.4.9
▼前回のコラムはこちら▼ 今回は、サッカー日本代表の本田圭佑選手がプロデュ―スしている”AFRICA DREAM SOCCER TOUR”について、担当コーチとしてアフリカに派遣されている著者が徹底解説していきます!   ”AFRICA DREAM SOCCER TOUR”って何? 正式名称「AF...…

おすすめの記事