最大7日続くガーナの伝統的な葬式  オンラインへ試み

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースはガーナから。

最大7日続くガーナの伝統的な葬式  オンラインへ試み

ざっくり説明

 ガーナでは葬式が重要視されており、儀式が最大7日間続くことも珍しくない。ガーナの葬式は非常に象徴的であり、赤と黒のローブと金の宝石で着飾られた何千もの人々が集まる。また儀式には先祖の霊に供物を捧げ、死者の旅に同行するため大声で伝統的な踊りや太鼓を演奏する。

 

しかし今、コロナウイルス対策で公共集会が禁止されているため西アフリカ諸国の埋葬は25人以下に制限されている。

 

そんな中、ガーナ最大の民間葬儀場トランジションズでは、チャペルからオンラインライブストリーミングで埋葬が行われた。これによって世界中の会葬者が儀式に参加できたという。

 

ガーナの女王ナーツォーソユ1世によるとコロナウイルスによる社会的影響は間違いなく大きいという。

 

さらに詳しい内容はこちら↓

CNN(https://edition.cnn.com/2020/04/08/world/africa/ghana-burial-traditions-intl/index.html

伝統も変わらざるを得ない。形は変わっても悼む気持ちは変わらないです。
以上、ヒトミでした!