南アフリカ、戸別訪問で新型コロナ検査を強化

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースは南アフリカから。

南アフリカ、戸別訪問で新型コロナ検査を強化

ざっくり説明

 新型コロナウイルスの感染が拡大している南アフリカ当局は13日、戸別訪問によって検査の強化を図っていることを明らかにした。

 

南アでは3月5日に初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されて以降、8万3663人が検査を受けていたが、全国の自治体へ派遣している職員を1万人から2万8000人超へと約3倍に拡充し、戸別訪問による集団検診ではさらに40万人以上が検査を受けた。

 

同国保健相によると、これまでの感染者数はアフリカ大陸最多の2272人に上っている。死者数は比較的少なく、27人にとどまっている。

 

テレビ討論に出演した感染症対策を担う専門家サリム・アブドル・カリムは、3月27日にロックダウン(都市封鎖)を開始して以降、検査数は増えても感染者数は横ばい状態だと述べ、「われわれは集団感染の抑制に努めてきた」と効果を強調した。

さらに詳しい内容はこちら↓

AFPBB(https://www.afpbb.com/articles/-/3278488)

職員を18,000人も増員して検査を行うのはすごい!
以上、ヒトミでした!