ハチドリTALKs Vol.03 〈NPO法人エイズ孤児支援NGO・PLAS〉 門田瑠衣子さんと考える#いま、私たちにできること

 

こんにちは!4/16にサービスを開始したハチドリ電力です。
ハチドリ電力はCO2ゼロの自然由来100%の電気を届け、月々の電気代の1%が社会をよくするために活動する人や団体の支援に、もう1%が再生可能エネルギー発電所の増設につながるという新しい仕組みを展開するエネルギー事業です。

 

4月30日から始まったハチドリTALKsでは、ハチドリ電力と提携しているNPO団体の代表者や社会活動家の方々をゲストにお迎えし、毎週平日19:00からの一時間、各団体の活動内容や設立のきっかけなどを人生談と共にお聞きしていきます。

認定NPO法人ロシナンテス代表の川原さんをお迎えしたハチドリTALKsVol.1では当初予定していた300名を超える方にご参加いただき大盛り上がりの感動的な会になりました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

 

ハチドリTALKs第3弾は、アフリカのケニア・ウガンダのエイズで親を失った子ども達への支援をされていNPO法人エイズ孤児支援NGO・PLAS代表の門田瑠衣子さんをゲストにお迎えし、株式会社ボーダレス・ジャパン社長、ハチドリ電力代表の田口一成が社会起業家としての独自の視点でお話をお伺いし、社会問題を解決するユニークな取り組みや門田さんの人生談、普段は語られない活動の裏トークなどに迫ります。

 

―NPO法人エイズ孤児支援NGO・PLAS代表の門田瑠衣子さんが皆さんのご質問にお答えします!―

イベントではQ&Aの時間を設けています。
Twitterで「#ハチドリ電力 #ハチドリTALKs」とつけて門田さんへの質問をツイートしていただくと、イベント内で質問を紹介し、門田さんに回答していただきます。
※時間の都合上すべての質問にお答えできない場合がありますので、予めご了承ください。

 

<こんな方におすすめ!>

・国際協力に興味・関心がある方
・社会貢献活動に参加したいけど自分に何ができるのかわからない方
・社会貢献活動に協力したいけど一歩踏み出せていない方
・社会のために頑張る人を応援したい方
・将来社会貢献活動を仕事にしたい方
・子供の貧困・教育問題に興味のある方
・途上国の健康問題に関心のある方
・NPO法人エイズ孤児支援NGO・PLASをもっと知りたい方
・環境問題に興味・関心がある方

 

<当日プログラム>
( 1 )オープニング
( 2 )活動紹介

( 3 )トークセッション「PLAS代表門田さんが語る活動のすべて」
( 4 )全体Q&A
( 5 )クロージング

 

<イベントについて>
【日時】5月5日(火) 19:00〜20:30
【方法】オンライン(Zoomアプリ使用)
【締切】5月5日(火) 18:50まで(先着300名)
【料金】無料 

*当イベントにご参加いただくには「Zoom」アプリのダウンロードが必要です。
PCまたはスマートフォンよりダウンロードした上でご参加ください。
ダウンロード:https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
*当日の様子を撮影し、ボーダレスグループおよびハチドリ電力のWebサイト・広報物等で使用させていただく可能性がありますので、予めご了承ください

 

 

▼お申込みはこちらから▼
https://hachidori-talks-03.peatix.com/

 

◆登壇者◆


NPO法人エイズ孤児支援NGO・PLAS代表
門田 瑠衣子

フィリピンの孤児院や国際協力NGOでのボランティアを経験し2005年、明治学院大学大学院在学中にケニア共和国で現地NGOでボランティア活動に参加。それをきっかけに、2005年にエイズ孤児支援NGO・PLASの立ち上げに携わり、同団体事務局長を経て、現在代表理事を務める。2015年より特定非営利活動法人国際協力NGOセンター(JANIC)理事。2016年、「青年版国民栄誉賞」と言われる人間力大賞にて準グランプリおよび外務大臣奨励賞を受賞。NPO運営においても注目を集め、「働き方改革」を組織内にて推進し、2016年NGO組織強化大賞受賞。3児の母でもある。

 

◆NPO法人エイズ孤児支援NGO・PLASとは◆

両親または片親をエイズで亡くした子ども達は、世界に1,220万人いると言われている。PLASは、ケニア・ウガンダのエイズ孤児をはじめ、貧困などで社会から取り残された子ども達を支援している。彼らが学校に通って将来のために学び、未来を切り拓いていけるよう、孤児を育てる家庭への生計向上支援や子どもたちへのライフプランニング事業などを通じたサポートを展開。

WEBサイト:https://hachidori-denryoku.jp/list/category2/

 

◆聞き手◆

株式会社ボーダレス・ジャパン代表取締役社長
ハチドリ電力代表
田口一成

1980年生まれ。福岡県出身。大学2年時に、発展途上国で栄養失調に苦しむ子どもの映像を見て「これぞ自分が人生をかける価値がある」と決意。株式会社ミスミに入社後、25歳で独立しソーシャルビジネスしかやらない会社ボーダレス・ジャパンを創業。2020年4月現在、社会課題を解決するための35の事業を世界13カ国で展開している。2019年2月、日経ビジネスが選ぶ「世界を動かす日本人50」に選出。

 

◆ハチドリ電力とは◆
4月16日にサービスを開始した、CO2ゼロの自然由来100%の電気を届ける新電力事業。
月々の電気代の1%が社会をよくするために活動する人や団体への支援に、もう1%が再生可能エネルギー発電所の増設につながるという新しい仕組みを展開するエネルギー事業。2020年4月26日時点で13のNPO団体や社会活動家がこのプラットフォームに登録している。
WEBサイト:https://hachidori-denryoku.jp/

 

◆ボーダレス・ジャパンとは◆
「ソーシャル・ビジネスで世界を変える」ことを目指し、社会起業家が集うプラットフォームカンパニーとして2007年3月設立。貧困・環境問題など社会問題の壁を超える35の事業を展開。偏見のない世界を作る多国籍コミュニティハウス「ボーダレスハウス」、オーガニックハーブで貧困農家の収入をアップする「AMOMA natural care」、バングラデシュに雇用を作るビジネス革製品「ビジネスレザーファクトリー」など多くの社会的事業を創出している。活動拠点を東京・大阪・福岡・韓国・中国・バングラデシュ・台湾・ミャンマー・ケニア・グアテマラ・インドへと拡大し、2019年度の売上高は54億円を超える。2019年には「大切にしたい会社大賞・審査員特別賞」、「グッドデザイン賞」を受賞。
WEBサイト:https://www.borderless-japan.com/