ハチドリTALKs Vol.04 〈長坂真護〉 社会活動家と考える#いま、私たちにできること

 

こんにちは!4/16にサービスを開始したハチドリ電力です。
ハチドリ電力はCO2ゼロの自然由来100%の電気を届け、月々の電気代の1%が社会をよくするために活動する人や団体の支援に、もう1%が再生可能エネルギー発電所の増設につながるという新しい仕組みを展開するエネルギー事業です。

 

4月30日から始まったハチドリTALKsでは、ハチドリ電力と提携しているNPO団体の代表者や社会活動家の方々をゲストにお迎えし、毎週平日19:00からの一時間、各団体の活動内容や設立のきっかけなどを人生談と共にお聞きしていきます。

 

認定NPO法人ロシナンテス代表の川原さんをお迎えしたハチドリTALKsVol.1では当初予定していた300名を超える方にご参加いただき大盛り上がりの感動的な会になりました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

 

ハチドリTALKs第4弾のゲストは、ガーナのスラム街でアートを通じて貧困問題と環境問題にとりくむ長坂真護さんです。長坂さんは、美術家としてガーナで現地の電子廃棄物を再利用した美術品を制作し、販売収益をガスマスク配布や、スラム街初の学校・美術館の設立などでスラムに還元しています。ゆくゆくはリサイクル工場を建てることを目指しています。

聞き手を務めるのは、株式会社ボーダレス・ジャパン社長・ハチドリ電力代表の田口一成。社会起業家としての独自の視点で長坂さんの活動や人生談について根掘り葉掘りお話をお伺いしていきます。

 

 

―美術家の長坂真護さんが皆さんのご質問にお答えします!―

イベントではQ&Aの時間を設けています。
Twitterで「#ハチドリ電力 #ハチドリTALKs」とつけて長坂さんへの質問をツイートしていただくと、イベント内で質問を紹介し、長坂さんご本人に回答していただきます。
※時間の都合上すべての質問にお答えできない場合がありますので、予めご了承ください。

 

<こんな方におすすめ!>

・国際協力に興味・関心がある方
・スラム支援の活動に関心がある方
・アートを通じて社会貢献したい方
・アフリカやガーナに関心がある方
・社会貢献活動に参加したいけど自分に何ができるのかわからない方
・社会貢献活動に協力したいけど一歩踏み出せていない方
・長坂真護さんについてもっと知りたい方
・社会のために頑張る人を応援したい方
・将来社会貢献活動を仕事にしたい方
・環境問題に興味・関心がある方

 

<当日プログラム>
( 1 )オープニング
( 2 )活動紹介

( 3 )トークセッション「長坂真護さんが語る活動のすべて」
( 4 )全体Q&A
( 5 )クロージング

 

<イベントについて>
【日時】5月7日(木) 19:00〜20:30
【方法】オンライン(Zoomアプリ使用)
【締切】5月7日(木) 18:50まで(先着300名)
【料金】無料 

*当イベントにご参加いただくには「Zoom」アプリのダウンロードが必要です。
PCまたはスマートフォンよりダウンロードした上でご参加ください。
ダウンロード:https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
*当日の様子を撮影し、ボーダレスグループおよびハチドリ電力のWebサイト・広報物等で使用させていただく可能性がありますので、予めご了承ください

 

 

▼お申込みはこちらから▼
https://hachidori-talks-04.peatix.com/

 

◆登壇者◆


美術家
長坂 真護

MAGO CREATION(株)代表取締役兼美術家。 MAGO Art & Study Institute 創設者。ファッションの名門・文化服装学院を卒業後、自らのアパレルブランドを立ち上げるも、1年で廃業。路上で絵を描きはじめる。2017年にガーナを訪れ、日本を含む先進国が捨てた電子機器を燃やし、有毒ガスを吸いながら、1日500円で生きるスラム街の若者たちの存在を知り衝撃を受ける。この不条理な現実をアートで変えることを決意。電子廃棄物を再利用し美術品の製作販売を始める。その利益でスラム街で新規雇用や完全無料の学校運営、2019年に同スラム街に電子廃棄物美術館を開館。

WEBサイト:https://hachidori-denryoku.jp/list/category2/1009/

 

 

◆聞き手◆

株式会社ボーダレス・ジャパン代表取締役社長
ハチドリ電力代表
田口一成

1980年生まれ。福岡県出身。大学2年時に、発展途上国で栄養失調に苦しむ子どもの映像を見て「これぞ自分が人生をかける価値がある」と決意。株式会社ミスミに入社後、25歳で独立しソーシャルビジネスしかやらない会社ボーダレス・ジャパンを創業。2020年4月現在、社会課題を解決するための35の事業を世界13カ国で展開している。2019年2月、日経ビジネスが選ぶ「世界を動かす日本人50」に選出。

 

◆ハチドリ電力とは◆
4月16日にサービスを開始した、CO2ゼロの自然由来100%の電気を届ける新電力事業。
月々の電気代の1%が社会をよくするために活動する人や団体への支援に、もう1%が再生可能エネルギー発電所の増設につながるという新しい仕組みを展開するエネルギー事業。2020年4月26日時点で13のNPO団体や社会活動家がこのプラットフォームに登録している。
WEBサイト:https://hachidori-denryoku.jp/

 

◆ボーダレス・ジャパンとは◆
「ソーシャル・ビジネスで世界を変える」ことを目指し、社会起業家が集うプラットフォームカンパニーとして2007年3月設立。貧困・環境問題など社会問題の壁を超える35の事業を展開。偏見のない世界を作る多国籍コミュニティハウス「ボーダレスハウス」、オーガニックハーブで貧困農家の収入をアップする「AMOMA natural care」、バングラデシュに雇用を作るビジネス革製品「ビジネスレザーファクトリー」など多くの社会的事業を創出している。活動拠点を東京・大阪・福岡・韓国・中国・バングラデシュ・台湾・ミャンマー・ケニア・グアテマラ・インドへと拡大し、2019年度の売上高は54億円を超える。2019年には「大切にしたい会社大賞・審査員特別賞」、「グッドデザイン賞」を受賞。
WEBサイト:https://www.borderless-japan.com/