ひとりで4か国まわる旅!私がアフリカ大好きな理由。

Hujambo! (皆さんこんにちは!)

西田海です。

ちなみに、私の名前、スワヒリ語でいうとKai is problemって意味らしいです。

スワヒリ語圏ではフルネーム言うだけで爆笑されてました(笑)

私は昨年度大学を休学して、約半年間アフリカ大陸の4カ国、タンザニア・ルワンダ・ザンビア・ナミビアに滞在していました。

 

この連載を始める前に今回は、まずはどうして私がアフリカに行こうと思ったのか、私の感じたアフリカの魅力を簡単に書いていこうと思います。

 

①    どうしてアフリカへ?

私は小学校の頃から漠然と、将来は国際協力に携わることがしたいな〜という夢がありました。そのきっかけとなったのは、国連機関でアフリカの飢餓の現状のお話を聞いたことでした。それからずっと、自分の足でアフリカに行ってアフリカに住んでいる人たちの暮らしを見てみたい!という気持ちを持ち続け、大学2年生の春についに念願のアフリカ大陸上陸を果たすことができました。

当時はタンザニアという国へ2週間ほど行き幼稚園でお手伝いをさせて頂きました。

そこですっかりタンザニアに惚れてしまい、どうしてももう一度タンザニアに行きたいっ!でも次行くなら前より長期滞在したいし、他の国も行ってみたいな〜!という本当にふわふわした理由で休学を決意。こんなんでいいのかな〜と思うことも何度もありましたが、結果的に、本当に行ってよかった!今すぐにでも戻りたい!と言う心境です…。

 




タンザニアのダルエスサラームの街並み(タンザニア、ダルエスサラームの街並み)

 

   アフリカの魅力

先ほど、“タンザニアに惚れてしまい”もう一度アフリカに行くことを決意した、ということを書きましたが、じゃあタンザニアの、アフリカのどこがそんなに魅力なの?ってよく聞かれるので、私の感じるアフリカの魅力を少し書いてみます。

 

1)   アフリカの人!

一番はやっぱり“”です。アフリカの人たちは、“よそ者に優しくすること”が伝統文化としてあるところが多いみたいで、本当にみんな親切なんです。お金がなくても、家に招待して色々振舞ってくれたりプレゼントをしてくれたりバスで空席があったらすぐに教えてくれたり…たまに何か見返りを求めてるんじゃないのかなって思っちゃうほど親切にしてくれますが、彼らにとってそれが文化だから、当たり前のこととして振舞ってくれるんですよね。遠くから来てくれただけで本当にありがとうって言ってくれる、そんなアフリカの人たちの温かさが本当に大好きです。

 

(とてもお世話になったタンザニアの友達)

 

2)   青くて広———い空!

みなさんがイメージしてるアフリカって、動物がたくさんいるサバンナみたいなところなんじゃないかなって思うんですが、私が行ってたのはほとんど都市部でそんなところではありませんでした。けど、ルワンダは除く3カ国はどこも平地、高い建物が全然ないので都心部でも空が本当に広く見えるんです。もともと空をぼーっと眺めるのが好きなんですが、アフリカの空は本当に最高です!あの大きな空を見ていたら、小さなことはあまり気にせずのんびり暮らすアフリカの人たちの気持ちがわかる気がします。

 

ザンビアの川(撮影地:ザンビア)

 

 

3)   未知な大陸

アフリカに行ってる日本人って、アジアとかヨーロッパに比べてまだまだ少ないじゃないですか。だから情報とかが少なくて初めは少し不安でした。けど実際に行ってみて、日本では考えられないようなこととか、え、意外と日本と同じじゃんってこととか、行くまではアフリカって一括りで考えてましたが、今回4カ国まわったことで、隣国でも全然違うんだ!ってこととか…色々感じたことや知れたことはたくさんありますが、実際に行って色々知れたことで余計に、アフリカってまだまだ私にとって未知なとこがたくさんあるなって。もっと色んな面を見てみたいなって思いました。そんな未知な大陸にワクワクしちゃうところも大きな魅力ですよね。

ナミビアのナミブ砂漠(撮影地:ナミビア、ナミブ砂漠)

 

4)   可愛すぎる子どもたち

正直私がもう一度行きたいと思った理由の大半がこれかもしれません(笑)

アフリカの子どもたちって、目がクリクリでキラキラしてて、人懐っこいし、歌やダンスが大好きで、純粋で本当に可愛いんです!もちろん子どもの可愛さは全世界共通だと思いますが、あの子たちにもう一度会いたいって気持ちが抑えきれなくて、気づいたらもう一度会いに行っちゃってました。

 

タンザニアの幼稚園児(タンザニアの幼稚園児)

 

とりあえずこんな感じでパッと思いついた4つを書いてみましたが、まだまだアフリカの魅力はたくさんあります!それもこれからの連載で書いていけたらと思います。

これから何回かに分けて、各国の魅力や長期滞在で活動させて頂いたタンザニア、ザンビアでの活動内容を掲載していこうと思っています。私が行った場所や経験したことは、大きなアフリカ大陸の中でほんの一部なので、こんな国があるんだ〜!こんな人たちもいるんだ〜!って感じでお気軽に読んで下さると嬉しいです!

それでは!Asante sana !(ありがとうございました)

 

▼合わせて読みたい注目コラム▼

アフリカなのに人がいない!?観光大国ナミビア首都Windhoek編
2018.4.4
こんにちは。休学してアフリカ4ヵ国をまわった西田海です。 ▼前回のコラムはこちらから▼ 今回は、私がザンビア滞在中に一週間だけ訪れた隣国、ナミビアについて紹介したいと思います。 皆さん、ナミビアってご存知でしょうか? ご存知の方は、ナミブ砂漠のイメージが強いのかなって思います。 私もナミブ砂漠目...…
内陸国なのにビーチがあった!知られざる観光大国ブルンジ滞在記。
2018.4.4
こんにちは!いつもスワヒリ語学習コラムを書かせていただいているサキです! 今回は、ケニア滞在時に訪れたブルンジという国について書きたいと思います!ケニアの留学先の大学の授業で、フィールドスタディとして一日だけブルンジに滞在しました。 『ブルンジ』とは。 ここです!でーん!国境をタンザニア、ルワ...…

 

✅海外いくなら要チェック✅

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

【TripAdvisor】

おすすめの記事