【コンフロントワールド緊急クラファン!】ウガンダ農村部に石鹸と手洗いを届けたい!

こんにちは! NPO法人コンフロントワールド代表理事の荒井です。

 

以前、ALL ABOUT AFRICAに寄稿させていただきました。たくさんの反響や、この記事をきっかけにコンフロントワールドを知っていただいた方も少なくないかと思います。ご覧いただきありがとうございます。

 

そして、現在、コンフロントワールドがウガンダ農村部に石鹸と手洗いを届けるクラウドファンディングを実施中です。

 

クラウドファンディングの概要

 

私たちは、2年間にわたり現地パートナーNGOと協働し、ウガンダ共和国の農村部にて、

  • 人々に安全な水を届けるため小学校に貯水タンクと浄水フィルターを建設
  • HIV陽性者やその家族に対し清潔に利用できる家庭用トイレの設置
  • 手洗い教育の実施

を行ってきました。

 

ですがまだまだ支援は始まったばかりであり、その地域の75%の人が、石鹸と手洗い設備を持っていないことにより、未だに適切な手洗いを行えていない現状となっております。

 

このような状況の中で、新型コロナウイルス感染症が蔓延した場合、ここに暮らす人々は危機的な状況に陥ることが予想されます。

 

そこで、人々の命を守っていくため、まずは新型コロナウイルス感染症を予防していけるように、「石鹸」を使った「手洗い」環境を届ける緊急支援を行うことにしました。

 

日常的に手洗いをする環境が未整備なままになっているウガンダ農村部の一般家庭と診療所を中心に簡易手洗い装置と石鹸を提供し、石鹸を使った手洗いができる環境を早急に提供したいと考えております。

最後に

新型コロナウイルス感染症の影響で、このゴールデンウィークにアフリカに渡航する予定だったのに行けなくなった方もいると思います。

 

僕もその一人です。私の知り合いのアフリカに在住していた方々も、次々と日本に帰国しております。

 

アフリカは遠く離れた地ですが、同じ地球にあり、同じように新型コロナウイルス感染症の感染が確認されております。

 

「アフリカのために取り組みたい」とまで思わなくても、「アフリカに繋がりたい」と思っている方はぜひクラウドファンディングのページを見て、アフリカの現状や、アフリカで私たちが取り組もうとしているプロジェクトを知っていただけますと幸いです。(実際の石鹸配布などは現地パートナーNGOが実施いたします)

 

 

 

そして、少しでも共感いただける方は、私たちコンフロントワールドの活動地、ウガンダ共和国で、人々を救うためのプロジェクトに、クラウドファンディングに支援いただけますと幸いです。

 

クラウドファンディングのリターンは報告会などもご用意しております。

 

ぜひ、報告会でお会いしましょう!