新型コロナ検査施設「欲しくない」 近隣住民が破壊、コートジボワール

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースはコートジボワールから。

新型コロナ検査施設「欲しくない」 近隣住民が破壊、コートジボワール

ざっくり説明

西アフリカ・コートジボワールの最大都市アビジャンで5日、建設中の新型コロナウイルスの検査施設が地元住民によって破壊された。警察と保健・公衆衛生省が明らかにした。

 

この施設は、アビジャンでも労働者らが多く住む地区に建設が進んでいた。ソーシャルメディア上に投稿された動画には、数十人が建物を取り壊す様子が映っている。「われわれはこんなもの欲しくない!」と叫んでいる人もいる。

 

匿名で取材に答えた保健・公衆衛生省の当局者は、問題の施設が新型ウイルス感染患者の治療施設として検討されたことはなく、検査のみを行う施設として建設されていたと説明した。

 

コートジボワールではこれまでに261人が感染し、3人が死亡している。

 

さらに詳しい内容はこちら↓

原発事故の時を思い出した。抗議のためだとしても物を壊す行為って、悲しいなあ。
以上、ヒトミでした!