こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースは日本から。

アフリカ布でマスク製作 横浜の工房「OdiOdi」

ざっくり説明

新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの供給不足が続く中、横浜市中区相生町にある工房「OdiOdi(オディオディ)」が製作するアフリカ布のマスクが話題を呼んでいる。「odiodi」はマラウイの気軽なあいさつで、「マスクを入り口に、アフリカ布にも気軽に親しんでもらえたら」と呼び掛ける。

 

製作者の小池佐季子さん(33)と室賀ゆり子さん(28)は徳島県美波町を拠点に活動していたが、本格的にアフリカ布の魅力を広めたいと、アーティストやクリエーターが多く集まる同所に移転。廃材などを使って古民家風の店舗に自ら改築し、昨年11月にオープンした。

 

青年海外協力隊としてマラウイで活動した経験もある小池さんは「色柄が大胆なアフリカンファブリックは普段からなじみがないと扱いが難しい。きっかけは感染予防ですが、まずは小さなマスクを手始めにアフリカに興味を持ってもらえたら」と語る。

 

マスクの製作を始めたのは3月中旬で、これまでに100枚以上を販売した。

 

さらに詳しい内容はこちら↓

アフリカ布のマスク!アフリカラバーとして気分がめちゃくちゃ上がります。コンセプトが最高に素敵だなあ。
以上、ヒトミでした!