アル・シャバブ、ソマリア南部に新型コロナウイルスのケア施設を設立

こんにちは!!ヒトミです!

今日もざっくり1分でわかるアフリカニュースをお届けします。

今日のニュースはソマリアから。

アル・シャバブ、ソマリア南部に新型コロナウイルスのケア施設を設立

ざっくり説明

ソマリアのアルカイダに関連する過激派グループ、アル・シャバブは、新型コロナウイルスの隔離およびケア施設を発表した。これは、同グループがソマリアで広がり続けているパンデミックを真剣に受け止めていることを示している。

 

同施設は24時間ホットラインを備え、アル・シャバブの主要拠点である自リブに設立された。「私は病気の症状を持つ人々に医療施設に来て、他のイスラム教徒への感染を避けるように促しています」と同グループの臨時新型コロナウイルス対応委員会のメンバーであるシェイク・モハメド・バリはラジオで述べた。

 

詳しい内容はこちら↓

Africa news(https://www.africanews.com/2020/06/13/somalia-covid-19-hub/

過激派というと傍若無人なイメージですが、本質は世界をより良くしたいだけ。お互いが思いやりを忘れなければ和解も遠くないのかもしれません。
以上、ヒトミでした!